2012年04月

キッチン如意申(にょいさる) GWの特別メニュー ゴーヤ星人料理

<今日の表紙> NHKニュースの途中に突然でた、緊急地震速報
031


今日の表紙は、昨夜7時のNHKニュースの途中、突然でた緊急地震速報です。

初めて、リアルタイムで観ました。やはり、何かなと一瞬緊張しました。

震度5弱ということで、関東地方だったので、僕たちは揺れを感じませんでした。

でも、すごくいいシステムだと感じました。


キッチン如意申は、GWに入って親子連れでにぎわっています。

なんでかというと、GWが終わると、小学校に入った元気な子たちが、何にも
やる気が起こらなくなるという原因不明の、いわゆる大人の5月病に似た病気
が最近はやっています。

ところが、キッチン如意申のシェフ(僕)はいち早く原因をつかんだのです。

この病気の原因は、ゴーヤ星人のチャンプル菌というばい菌が原因で、
キッチン如意申では、この病気にかかった子供たちを元気にする、ゴーヤ星人料理を
開発しました。

さあ、今から作るゴーヤ星人料理をたべて元気になろう!
ただし、ちょっと苦いかもしれない。我慢しようね。

これが、ゴーヤ星人だ。033
不気味な宇宙人だろ。

ゴーヤ星人は、この美しい地球をゴーヤゴーヤさせて汚そうとしているんだ。

ゴーヤ星人は、地球に来るとき、分裂してくるんだ。004


彼らは、地球に来ると、必ず塩を全身に着けるんだ。

なぜかというと、彼らは、ものすごく苦いということがばれると、チャンプル菌を出すとき、
ばれてしまうので、塩をつけて、モミモミすると苦くなくなるんだ。

ゴーヤ星人は、彼らの仲間のトーフ星人とトントン星人を引き連れているんだ。

トントン星人に基地を作らせたんだ。009


さあ、ゴーヤ星人が基地に降りてきたよ。(今日の表紙の地震の原因?です。)010


安全を確認したところで、トーフ星人を呼びました。011


トーフ星人は、チャンプル菌を作るのに大活躍しているんだ。

最近の宇宙人は、連合軍を組んで、地球にやってくることが多いんだ。

そして、チャンプル菌の栄養になっている、ゴーヤチャンプルの素をばらまいている。012


これで、チャンプル菌を地球にばらまく体制が整ったんだ。

もし、この地球にチャンプル菌がばらまかれたら、地球の子供たちは、サンデー毎日状態
になってだれも勉強しなくなるんだ。

反撃開始として、卵マンがゴーヤ星人の基地へ突入しました。014


続いて、キッチン如意申入学する子供たちへの特別メニューで登場したグリーンピース星人
が突入しました。017
グリーンピース星人は、地球の味方になりました。

さあ、子供たち、今だよ。卵マンとグリーンピース星人と一緒に、ゴーヤ星人と闘うんだ。024


子供たちは、キッチン如意申特製サラダとともに、ゴーヤ星人とチャンプル菌の入った
ゴーヤチャンプルを美味しくいただきました。025


子供たちが、シェフに言いました。「シェフ、とっても美味しかったよ。GWが終わったら
学校でいっぱい勉強するよ!」032


君たちのおかげで、この美しい地球が救われたよ。

君たちは、もうすでにヒーローだ。

新しい生活をして一ヶ月食事美味しく食べていますか

今日の曲は、ソナーポッケット「月火水木金土日。~君に贈る歌~」(ショートver)








名城公園 つれづれ

<今日の表紙>名城公園の名物藤棚の広場で名古屋城をバックに2ショット
010


昨日は、初夏みたいな陽気でしたので、名城公園をちょっとうろつきました。

今の時期、藤が咲いています。003


名古屋城が観える広場で、藤棚の回廊がきれいでした。004


紫色と白色の藤がきれいに咲いていました。

今日の表紙は、その時、偶然に出くわした、結婚式の前撮り(ロケーションフォト)の風景です。

カメラマンは、大変ですね。一生懸命に幸せ作りをしています。014


そこで、僕の名古屋城と藤棚というテーマの写真はどうでしょう?012


そして、僕の定点ポイントの去年から蓮が咲いていない蓮池での僕です。017


ジョギングを楽しんでいましたら、素晴らしくきれいな牡丹が目にとまりました。
白牡丹です。019

ピンク牡丹です。023


今の時期の名城公園は、散歩やジョギングに最高ですよ。

最後に、今朝の僕の家のテッセンです。034

きれいな花とすこし開きかけのつぼみです。

きれいな花をみると、なぜか幸せになります。

      藤棚の下を歩けば木漏れ日が優しく届く幸せのせて

今日の曲は、藤の歌で検索しました。
      坂本冬美・藤あや子(恋のフーガ、ふりむかないで)

       



ゴールデンウィークが始まりました。

<今日の表紙> 我が家のテッセンです。
006


いつの間にか、我が家の庭には、雑草が生い茂っていました。

春は、色々な花が次々と咲きますが、一方では、雑草たちも一斉に生い茂ります。

雨が降って、翌日さわやかな晴天に恵まれると、雑草たちも一斉に背伸びをします。

そんな中、気が付くと、テッセンがもう咲いていました。

これから、少しの間、テッセンが可憐な花を見せてくれます。

冬の間は、どこに消えたかなと思うほど、細い茎がさらに細くなっていたのに、
毎年、春になるとちゃんと存在感を示します。

さて、今日からゴールデンウィークが始まりました。

ゴールデンウィークという名称は、映画業界がつけたそうです。

いまから思えば、素敵な名称です。

例えば、シルバーウィークですと、お年寄りのためのウィークのイメージです。

ゴールデンという言葉には、なにかきらびやかなイメージがあります。

季節的にも、春の何か湧き立つような時期にぴったりです。

昨日、電車で日本昭和村の広告が目にとまりました。001


明日は、昭和の日ということで、いろいろイベントを用意しています。

昭和の車を展示しているようで、スカイライン2000GTも観れるようです。

昭和の日は、最初天皇誕生日でした。そして、みどりの日、そして、昭和の日
となりました。

未来を想像すると、12月23日もいずれ平成の日ということになると思います。

僕たちが若い時からくらべて、ずいぶん休日が増えました。

20年ぐらい前までは、ゴールデンウィークといえば、結婚式ウィークというほど
この期間に結婚する人が多かったです。

それが、それ以後は、この大型連休に結婚式に予定を取ってもらうことが、
悪いような気がする人が増えたような気がします。

結婚式は、季節にとらわれず、いつでもできるという環境ができてしまいました。

ゴールデンウィークという言葉を生み出した映画業界のように、
結婚式業界がストーリー性のある言葉を生み出して、結婚式をするように
導ければ面白いなと感じます。

例えば、6月の花嫁のジュンブライドです。

僕の会社は、映像演出など、結婚式のお手伝いをしていますので、
結婚式業界の発展が欠かせません。

 今日からはGWですどう過ごす日本人のみんなの仕事

         今日の曲は、昭和歌謡メロディー

プリズム 百田尚樹著 と 本屋大賞

<今日の表紙>台湾の結婚披露宴で使用されていた名刺大の2ショット
001



今日の表紙は、先日、バドミントンの大会で台北に行ったときに、ホテルで
たまたま出会った結婚披露宴の会場で使用されていた名刺大の、2人の2ショットです。

日本でも、アレンジして広まれば素敵なことだと思います。

さて、今日は、仙台への行き帰りで読みました プリズム 百田尚樹著 です。002


百田尚樹は、何と言っても 永遠のゼロ です。004


なぜ、買ったかというと、以前永遠のゼロを読んで感動したことと、2012年の本屋大賞
ノミネートされていたことです。

本の帯にそのことが出ていました。

本屋大賞というのは2004年からできた賞で、全国の書店員が、いま一番売りたい本という
先行の趣旨で始まった賞です。

この賞の1位になれば、結構売上が上がる実績と、映画やドラマ化されています。

ノミネート作品の映画化、やドラマ化も非常に多いです。

ということで、百田尚樹ということと、本屋大賞にノミネートされたということと、
本の帯に泣ける小説だと書いていたからです。

実際は、僕の好きな傾向と少し違う小説でした。

まず、涙は出ませんでした。(若い人が読む恋愛小説かな?)

解離性同一性障害という病気がテーマになっていて少しストーリーが難しい。

プリズムという題はぴったりだと思います。

心理学や精神科など、専門的なことに興味のある人におすすめの小説です。

人間の心理を描くことは、さすがに百田尚樹は素晴らしくうまい。

僕が、ブログを書いていておもうことは、最初に描いていたストーリーと出来上がった
ストーリーは必ず違うということです。

この、小説は、作者がずいぶん途中で考えを変えて結構苦労して出来上がったような
気がします。

でも、僕は、百田尚樹の以前書いていた言葉がすきです。

僕の小説は、世の中の人に元気になってもらいたいので、必ずハッピーエンドに
します。世の中の人の役に立たなければ意味がない。

こんなことを書いていたような気がします。

クリスマスイブの短編集 輝く夜 も素敵な小説です。

本屋さん売りたい本をノミネート映画化多い本屋大賞

            今日の曲は、tiko☆「本屋の君」


お墓参り イン 仙台

<今日の表紙> 仙台の桜は、今が散り始めです。
014



今日は、僕が大変お世話になった人のお墓参りに仙台にやってきました。

朝、名古屋を出発して、1時前に仙台に着きました。

名古屋は雨模様でしたが、仙台はまだ曇りでした。

仙台駅にフジウェブネット(有)の村上社長に迎えに来てもらい、まず、昼ご飯を食べました。

仙台では、何と言っても牛タンが有名ですので、牛タンを考案したお店、太助の分店に
お昼を食べに行きました。012


牛タンは、麦飯と相性がいいようです。008
009


牛タンの生みの親の佐野啓四郎です。005


今日の表紙は、太助分店の前の公園に咲いていました。

今日の牛タンと同じぐらい見事な咲き具合でした。

そして、僕が若い時から、大変お世話になっていまして、今年の2月にお亡くなりになりました
(株)あいあーる 菊地徳前社長 のお墓にお参りに行きました。019


菊地前社長は、名古屋冠婚葬祭互助会の創業者 山本信嗣氏の指導の下に、仙台で
いち早く冠婚葬祭互助会を創業しました。

それが、今の(株)あいあーる です。

4月の始めにありました葬儀に参列することができませんでしたので、
今日のお墓参りとなりました。

菊地前社長は、豪傑タイプで、周りの人に対する気遣いもすごく手厚かったです。

また、昭和の名物男が亡くなったのかと僕の心に隙間風が吹き抜けました。

でもなぜかお墓参りをした後、僕の心がスーとしました。

葬儀もお墓も生きている人のためにあると思います。

前社長の後を継いだ菊地隼社長にご挨拶をして仙台を後にしました。

名古屋の雨がそのころには仙台にやってきたようです。

       大切な人を偲んだ墓参り桜舞い散る季節の中で

         今日の曲は、佐藤宗幸 萌ゆる思い





再びシェールガス革命について

<今日の表紙> 再び、タイガーテンプル(タイ)での虎との2ショット
008
010


今月の初めにタイに旅行した時の写真が友人から送られてきました。

タイガーテンプルでの衝撃的な写真を2枚アップしました。

さて、昨年の11月16日の僕のブログで、アメリカのシェールガス革命を紹介しました。

昨日のTVの報道ステーションで特集されていましたので、TV画面を撮りました。001


日本のエネルギー事情が、福島の原発事故以来、一変しました。

もうすぐ、国内の原発は、すべて停止状態が訪れるようです。

そこで注目されているのが、LNG(液化天然ガス)です。

LNGは、日本が世界で1番の輸入国です。世界のLNG取引量の50%に当たります。

アメリカは、以前は天然ガスの輸入国でしたが、ここ数年で、ロシアを抜いて世界最大の
産ガス国となりました。

これは、シェール層という、従来の天然ガスよりも、地中深くにある貢岩層に含まれる
メタンガスを、水圧破水法という技術によって取り出すことができるようになったためです。002
003


アメリカの天然ガス相場は、2008年7月13.69ドルをピークに2009年9月に
2.4ドルに急落しました。
これが、革命と言われるわけです。

番組では、シェールガスのおかげで、億万長者が多く出現したことを取材しています。007


そして、日本の商社が、開発プロジェクトに参加していることも出てきました。006


まだ、商業生産をしているのは、アメリカだけですので、これからのエネルギーとして
世界で開発競争が始まっています。

半年前に、雑誌の記事として取り上げられていたことが、もっと僕たちの身近に
感じることができました。

番組では取り上げられなかった、メタンガスの環境汚染の問題も同時に発生しています。

技術革新が、エネルギー事情を変える典型的な例です。

アメリカのシェールガス革命が、日本のエネルギー事情にリンクしてアメリカからの
LNG輸入を増やしていくプロジェクトも進んでいるようです。

よく考えると、エネルギー生産は、生産技術の向上がカギだということは、
今までの歴史が証明しています。

原発のエネルギー効率は、電力にかわるのは、30%ぐらいです。

エネルギー効率の面から考えても、あまり優秀ではありません。

昔のままの石油、石炭、天然ガスの採掘技術でしたら、エネルギーは枯渇していたでしょう。

しかし、技術革新により、海底から、地中深くから、また、バイオ燃料などを生産することが
可能となりました。

しかし、そこには、環境汚染との闘いも続いています。

僕たちが、快適な暮らしをし続けるということは、エネルギーの安定供給という
ベースがつねに存在するということです。

世界は、つながっています。

      世の中が快適になる表裏技術革新環境汚染

      今日の曲は、奇跡の地球(ほし)コブクロ

今日のお笑いゴルフ つれづれ

<今日の表紙> スタート前の枝垂桜と僕(半袖)
001


今日の表紙は、今日プレーした、関ヶ原カントリークラブでの1ショットです。

昨夜は、僕が最近よく行っています、千種駅近くの 焼き鳥のびゃっこ でお客様と一緒に
楽しく飲みました。

そして、今日は、朝から関ヶ原カントリークラブで、4月8日以来のゴルフです。002


もっとも、日本でのゴルフは、1ヶ月ぶりです。

1ヶ月前も、関ヶ原CCでした。(100)

ちょっと風が強いですが、素晴らしい晴天です。黄砂がきているのか、少し霞んでいました。004


いつものことですが、スタート前は、80台を出すぞと心に刻んでいます。

僕たちのメンバーの村上さん、松嶌さん、僕、藤井さん(左から)です。003


皆、心に思っていることは、自分の目標スコアだと思います。

だから、スタート前は、だれでもにこやかにワクワクします。

特に、天気がいい日は格別です。

1番ホールはダボ、2番ホールはボギーです。

3番ロングホールは得意なホールです。
セカンドまでは、完璧。サードショットがグリーン左のバンカーへ。
4打目はバンカー内でシャンク、5打はザックリ、6打は、グリーンオーバー。
結局7オン、2パットの9です。

もう、80台はあきらめました。

次の目標は、ハーフ40台。といっても50を切ることです。

残念ながら流れは僕の想い通りにならず、その後もパー無しゴルフで53でした。(涙)

後半のスタートホールの10番にきれいに咲いている姫リンゴ(?)の花です。010
011
姫リンゴの花は白いはず?(コメント求む)

きれいな花とは対照的なゴルフで、ダボの嵐が襲ってきました。

4ボギー、5ダボの50で後半が終わりました。

途中に観た、スタイルのいいメタセコイアです。012


今日のゴルフは、トータル103でした。(涙)

せめてもの救いは、僕たちの中で1番スコアが良かったことです。

今日は、難しいセッティングだったのでしょう。(笑)

こんなゴルフをしてふと思うことは、プロゴルファーは、やはり神様に選ばれた人たちです。

アマチュアのうまい人とはちょっと違います。

拡大解釈すれば、すべての人は、自分の職業に対して、プロフェショナルであれば、
それは、神様に選ばれたと思い誇りをもつことが大事です。

1日笑って、笑われて、楽しくゴルフができました。

   その昔天下分け目の関ヶ原今は平和なお笑いゴルフ

今日の曲は、中島みゆきー黄砂に吹かれて[PV]
株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール

株式会社中日映像出版
会長