2011年09月

「モノ」を売るな!「体験」を売れ!藤村正宏 & 結婚式場フェイスブック

<今日の表紙> 旗籠屋のPOP 感謝の気持ちで商い中
001
 

今日の表紙は、僕の会社のそばにある旗籠屋の商い中の表札です。002


僕は、時々このお店で、昼食を食べます。

いつも、昼食時はにぎわっています。

中に入ると、店内は、ちょっと薄暗いところがあり、一人のときは、その薄暗いカウンターで
食事をします。
お昼のメニューがテーブルに置いています。日替わりランチのところは、注文して10分以内に
出てこなければ500円返金しますと書かれています。004


メニューは、写真ではなく、イラスト風に作っています。005

そして、750円(税込780円)となっています。(750円の税込価格は、787、5円です。)

僕が気付いたことは、お店が、お客様に対して、他のお店と違った感じを提供しています。

コーヒーもセルフで飲めます。小さいカップと大きいカップがあります。

女性のスタッフも感じがいい対応をしています。

夜は、居酒屋としても繁盛しています。

女性に好まれるお店になることを意識した考えを強く感じました。

食事が終わり、コーヒーを大きいカップで飲みながら、「モノ」を売るな!「体験」を売れ!を読みました。006
007


ズバリ、タイトルの通り 物を売っていると安ければいいという発想になり、今の低成長時代では、
利益がでなくなり、会社は、消滅していきます。
いっぽう、体験を売ると、差別化がはかられ、生き残って発展できます。

しかし、高度成長時代の物を売る手法から脱却できないでいる会社がまだまだ多いと
著者の藤村正宏先生は言っています。008


先日、藤村先生のエクスマ(エクスペリエンス)・セミナーを受講して、感銘を受けました。

そして、「なぜ彼女はこの店で買ってしまうのか」(藤村正宏著)の感想を書きました。

そのもとになった本です。2001年に書かれた本ですが、今でもその考えは、十分通用します。

今日まで発展してきた会社は、この本の考えと共通点の事を実行してきたような気がします。

しかし、時代が進むと、成功体験がハードルとなり、無難な行動を組織で取るようになります。

その隙に、この時代にマッチした考えをもって、新しい勢力が台頭してきます。

まさに、ユニクロの柳井正著「1勝9敗」の考えとよく似ています。

この本のまとめの項目に、
「エクスペリエンス・マーケティング」はゲリラだ!
すぐにやる。失敗したら変える。失敗しても、精度が高まればそれは成功なのだ。
失敗することを恐れないようにしよう。
たくさん楽しいことをしよう。そして注意深くなろう。

と書いています。

とにかく、物を直接売る時代ではなくなっています。
体験を売って、その体験の中に物が入っているという発想でこの時代を楽しむことが
重要です。

この本を読むと、簡単に 短時間に理解できます。

伝わっていますか? (藤村先生のセミナーで よく先生が口にする言葉です。)

  今日の曲は、今朝カーラジオで聴いた曲です。
           幸せな結末-大滝詠一


PS・僕のブログ「フェイスブック風ブログスタイル」に検索エンジンの「フェイスブック結婚式場
   という言葉で3ページ目でのアクセスがありました。
   1ページ目のトップは、「結婚式場 名古屋BLANC BOIS FREECITY」のフェイスブックです。
   2番目は静岡市の結構有名な結婚式場、エスプリドナチュール-専門サービス-JapanShizuokaのフェイスブック です。
   フェイスブックも1000万人を突破したというニュースがありましたが、結婚式場が登録する
   時代に突入したようです。

   結婚式場の方々、この現実を知っていましたか?僕は、びっくりしました。

   1000万人の年齢分布はどうなっているのでしょう?





「単身赴任」を考えました。

<今日の表紙> 10月から東京に転勤する、東芝エルティーエンジニアリング(株)の鎌瀬昌二さん
001


今日の夕方、僕の会社に、今日の表紙の鎌瀬さんと後任の中部営業所所長の東原(ひがしはら)祐二さん003
と稲垣秀孝さん002

挨拶にやってきました。

鎌瀬さんと稲垣さんは、僕が30代の頃、早朝野球の「WIPES(ワイプス)」というチームを作って平安リーグという
リーグの中で、一緒に野球をした間柄です。

鎌瀬さんとは、時々顔を合わせる程度でこの20年間過ごしてきました。

彼の会社は、照明設備器具の製造販売がメインの仕事です。
最初は、龍電社という屋号でした。それから、RDSとなり、東芝グループの会社、東芝ライテックに吸収
され、東芝ライテックの1部門となりました。
そして、最近になって、東芝エルティーエンジニアリングになりました。

鎌瀬さんは、ずっと名古屋で仕事をしていました。東京で仕事をするのは初めてです。

単身赴任だそうです。

僕の会社は、名古屋の本店と豊橋の営業所があるだけですので、単身赴任はありません。

やはり、単身赴任という言葉は、なにか悲しい、そしてかわいそうなイメージがします。
客観的に見て、53歳での初めての単身赴任は、大変だなと思いました。

就職してから、ずーと名古屋で仕事をしていた鎌瀬さんにとって、後ろ髪をひかれる思いだと
推測します。

会社にとって、それでも彼が東京での仕事をすることがメリットがあると判断した結果でしょう。

単身赴任を思うと、僕は、家族、とくに妻との時間のことを考えます。

自分の人生のなかで、配偶者との時間は、無限ではありません。
結婚をして、共同生活を始めて、家庭を築いて子供を育てて、人生をできるだけ長く一緒に
生きていくことが、幸せにつながると思います。

単身赴任は、そのバランスを壊します。できるだけ、家族一緒で転勤することがいいと思いますが、
今の日本の社会の常識が高いハードルになっています。

僕の小学生、中学生時代は、4回引っ越しましたが、家族で引っ越しました。
その時、単身赴任を父がしていたら、今の僕はなかったと思います。

今でも、思い切って、家族で引っ越す人もありますが、かなり少数派です。

日本の会社と、そこに働く社員とのコミュニケーションが十分でない悲劇も
起こっていると聞いています。

社員の家庭の事情を会社が把握していなくて有能な社員が辞職することもあります。
たとえば、親や子供が病気で面倒を見なければいけないことなどを会社に報告していなくて
辞令が出たケースなどです。

僕は、妻が3年前になくなりましたが、結婚して 仕事で出張が多かったですが、亡くなるまで
一緒に生活できたことは幸せでした。

夫婦は、永遠に一緒には生きられません。だとしたら、できるだけ一緒にいられる社会にする必要が
あると思います。

そんなことを思っていても何も鎌瀬さんのためになりません。

彼へのアドバイスは、食事をきっちりとって、仕事のペース配分に注意して
乗り切ってくださいということです。

50代は、仕事の年齢では、もう老人です。自己改革をして、今までの自分から変わる努力
をしないと、若い人から尊敬されません。

これって、50代のビジネスマンにとってすごく大事です。

ちなみに、僕は、ジョギングを始めて10年を超えました。

東原さんも50歳になってから、ジョギングを始めて今も続けています。

稲垣さんは、まだ野球を続けていて、最近ジョギングを始めました。

ちょっとした事の積み重ねが大事です。そうすることから、自己改革がなされます。

鎌瀬さんも、東京という環境のなかで、自己改革をして、今よりもっと
若い人に尊敬される人物になってほしいです。

今日は、懐かしい人と会えたのでよかったです。
やっぱり、同じ時間を仕事以外で、とくにスポーツで過ごした仲間だと思うと、親近感が湧きます。

鎌ちゃん お互い 元気で また会おうぜ

  明日は、彼の会社の送別会だということで、
  今日の曲は、人生に乾杯を!~ 別れの曲 です。

久しぶりの福井です。

<今日の表紙> 全互連中部ブロック会議懇親会でのコンパニオンの京香さん
004


昨日、久しぶりに福井市に行きました。

全互連中部ブロック会議が福井のバードグリーンホテル・レジーナでありました。007

懇親会に出席するためです。

今日の表紙の京香さんは、僕のテーブルの担当でした。
てきぱきとした感じのいい女性でした。
ブログなどの話をしていると、彼女は、高校時代 バドミントンでインターハイに出たことがある
ということでした。

懇親会の開宴の挨拶は、地元の(株)アスピカの渡辺社長です。002

地産地消の海の幸、山の幸をふんだんに取り入れた料理をお楽しみくださいと挨拶されました。

和気あいあいの中、コミュニケーションがはかられました。005


僕は、iPadを片手に、お客様に僕のブログとビジネスをPRしました。

そんな中、(株)サンレーの佐久間室長から僕のブログのことを聞きました。

佐久間社長、ペンネーム 一条真也さんが、僕のブログ 「なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか」
を社員の皆さんに紹介したとのことです。
僕のブログもお客様にかなり読んでいただいています。大変うれしいです。

懇親会の締めの挨拶は、(株)117の山下社長が、12月には、姫路で皆さんをお待ちしていますと
にこやかなスピーチでした。006


今日は、素晴らしい天気にめぐまれました。絶好のゴルフ日和です。

ということで、ゴールド福井カントリークラブでゴルフコンペです。

バードグリーンホテルを出発して福井市を流れる足羽川(あすわがわ)にかかる
九十九橋(つくもばし)からの風景です。008
009


そして、美しいゴルフ場の風景です。014
僕です。013


素晴らしい天気のようなスコアは、残念ながらでませんでした。(95)

お客様も、若い人が中心になってきています。
しかし、僕のような、還暦ブロガーの言うアドバイスも聞いていただいています。

今後も、お客様と楽しくビジネスや趣味のお付き合いができるように勉強をしなくてはいけません。

  今日の曲は、福井の歌で検索しました。 福井舞「アイの歌」

なぜ彼女はこの店で買ってしまうのか  藤村正宏

<今日の表紙> 「なでしこムース」のポスターです。
002


今日は、福井で仕事ですので、車で出かけました。

途中、名神高速道路の下り線の養老SCのレストランで食事をとりました。005


席に着くと、オーダーを取りに来ました。そしてすぐ、どうぞ召し上がってくださいと
干し梅がでました。001


にこにこして感じがいいウエイトレスさんでした。

席の奥を見ますと、今日の表紙の「なでしこムース」のポスターが小さく飾られていました。

食事は、あまり混んでいなかったせいか5分ぐらいで来ました。

ちなみに、奥美濃古地鶏のゆず味噌焼き膳でした。(美味しかったです。)003


レジで精算すると、テーブルの上に、かわいいケースに入った爪楊枝(3本入り)を おひとつどうぞ と
置いていました。004


そのほか、子供用にキッズエプロンもありました。

男性がレジで、女性4名がお客様係でした。

皆さん、笑顔が絶えない感じのいいレストランでした。

今日の、本の著者の藤村正宏先生がいう楽しく、しかも お客様に食事を売るのではなく
食事を楽しんでいただくことをテーマとしたレストランだと感じました。


先日、名古屋で、藤村先生のエクスマ(エクスペリエンス・マーケティング)セミナーを受講しました。

そのときに買った本が「なぜ 彼女は この店で 買ってしまうのか(女に愛されて儲ける5つの法則)
です。006
007


読み終えましたので、感想を書きます。

本のはじめに、いきなりこう書いています。

「最近お客様の数がへってきたような気がする。」
「客数を増やすにはどうしたらいい?」
「なんとなく売り上げが落ちている。」

けっこう、当てはまっているお店が多いのではないでしょうか。

集客しなくては、売り上げは上がらないのです。

ということから始まります。

マーケティングとは、恋愛である。
女性にもてるお店が繁盛する。

サブタイトルの「女に愛されて儲ける5つの法則」のミニタイトルはこの5つです。

法則1、「論理で売るな!直感で売れ!」(男性は論理、女性は直感)

法則2、「攻撃で売るな!防御で売れ!」(男性は攻撃、女性は防御)

法則3、「結果で売るな!過程で売れ!」(男性は結果、女性は過程)

法則4、「明確で売るな!曖昧で売れ!」(男性は明確、女性は曖昧)

法則5、「中心で売るな!周辺で売れ!」(男性は中心、女性は周辺)

法則3の例を出しましょう。

日帰り温浴施設の脱衣室は、男性は服を脱ぐか服を着て髪を整える場所です。
女性の脱衣室は女性同士の語らいの場になっています。
女性の語らいの場にふさわしい施設造りを心掛けるべきでしょう。

法則4の例では、女性は、付き合っている男性のことを、友達以上、恋人未満と
いうことがよくあります。
曖昧な状態を結構楽しんでいます。明確に決まっているイメージより、曖昧さを好むのです。

ウインドショッピングなどは、そのいい例かもしれません。

とにかく、この本を読むと物を売ることは、ストーリーを作り、お客様にそのストーリー
を体験していただいて、楽しんでいただいて、納得していただいてお買い求めいただくということです。

おわりに、こう書いています。

そして、世のなかは「女性脳社会」になってきている。

養老SCのレストランも「女性脳」が生かされていると思います。

今、日本は、「 なでしこ JAPAN 」です。

  今日の曲は、なでしこJAPAN 澤&永里 出演PV



人間ドック イン 春日井市健康管理センター

<今日の表紙> 台風15号の爪あと 僕の家のそばを流れる八田川の堤防です。
011


決壊寸前までいった八田川の濁流の爪あとの跡に咲いた彼岸花 ちょっと見にくいですが
赤い部分です。012


今日は、1年ぶりの人間ドックの日です。

昨夜9時から何も食ったり飲んだりしていません。
009


8時半前に春日井市健康管理センターに着きましたが、すでに25名先客がいました。

40歳から毎年受けてきましたので今回で21回目です。(ベテランです。)

毎年、朝受付前の先客が多くなっているような気がします。
高齢化の波が着実に来ているなと思います。
年配の夫婦も結構いました。(うらやましいです。)

待合エリアのテレビが相変わらずブラウン管です。001

年間に何千人も待合で過ごすのであれば、5万円も出せば、結構いいTVが買えるのに信じられません。

人間ドックで17500円払っているのに、30分以上待合で過ごすのに、
10年以上前のTVを見せています。

お客様目線の考えが足りないと思います。

毎年1回の事ですので、測定器が変わっていたり、システムが変更していたり、何より、
職員の人たちが変わっていたりします。
しかし、1年前と同じ人がいると何か安心します。

人間ドックを受ける人が多くて、皆さん忙しく仕事をしています。
1つ1つの作業は、そう複雑ではない気がします。

身長、体重、体脂肪の測定、メタボの測定、視力、心電図、肺活量、眼底検査、採血、
内臓の超音波測定、血圧、胸部レントゲン、バリュウムでの胃の検査、検尿、聴力など(順不同です。)
分業で行っています。

単調な作業ですが、正確にミスなく行うことは結構大変な仕事だと思いました。

どんな仕事でも、工夫してマンネリに陥らないようにしなくてはいけません。
お客様とコミュニケーションを楽しくとりながら検査をしてくれる人はありがたいです。

検尿は、超音波で膀胱の検査の精度を上げるために超音波検査のあとにします。
この説明も、あらかじめしてほしいです。

待合エリアや通路に貼られているポスターや説明記事に目が行きました。

女性用に、子宮がんや、乳がんの検診を勧めるポスターです。003

成人病に注意を促すポスターです。005
004

バランスのいい食事を促すポスターです。002


無事、人間ドックが終わってエレベーターで降りようとすると隣の階段前のドアに貼っている
ポスターが目に入りました。006

階段で降りました。

出口の近くで目に入ったポスターです。007
008

日本の国民の生活を守るために、つらいこともいとわず頑張っている人がいるというポスターです。

人間ドックに行って、色々なことを感じたり発見したりすることができました。

健康管理センターならではのポスターで大変面白かったです。

  今日の曲は、NHKドラマ 元気をあげる~救命救急医物語の主題歌 
涙はいらない 石嶺聡子


  

駒ケ根の少し寒い朝のジョギング

<今日の表紙> フェニックスの松原登子さん(左)・佐藤理沙さんと名北クラブの川原雅治君
034


今日の表紙の松原・佐藤組はとても強く、僕と川原君のペアを振り回しました。
熱戦でしたので、記念に撮りました。

松原登子さんは、すみこ と読みます。お父さんが名前を届けに役所に行ったときに
あわてて、澄子と届けるところを さんずい を書き忘れたとのことです。

世の中、珍しい名前が多くなっています。

今朝は駒ケ根で迎えました。肌寒い朝でしたが、天気は良くジョギング日和でした。

駒ケ根は坂が多くジョギングしにくい街です。
しかし、風景が自然に囲まれて美しい街です。017
018


安楽寺という立派なお寺を発見しました。004

本堂です。005
納骨堂かな?007
そして、彼岸花が咲いていました。(彼岸花と僕の影)011


道路脇のコスモスです。016


しばらく走ると立派な神社を発見しました。019

大宮五十鈴神社です。
自然の中にたたずんでいます。022
024

お参りしてきました。025


今回のジョギングは、走ることより、見学する時間のほうが多かった気がしました。
楽しいジョギングができました。

車の中からですが、稲刈りの体験をしているところに出くわしました。036

秋ですねー。

  今日の夜の曲は、フェニックスで検索しました。  山口百恵 不死鳥伝説


 PS・羽田野さん コメントありがとうございます。駒ケ根はいい街ですね

名北クラブ&フェニックス合同練習会

<今日の表紙> 37年前からの友人 名北クラブの佐々木淳君
023


昨日は、長野県駒ケ根市で、僕の所属するバドミントンの名北クラブと駒ケ根市のフェニックス
との合同練習会がありました。

今日の表紙の佐々木君が若い時、この地域で仕事をしていたことがあり、その関係でフェニックスの
皆さんと一緒の楽しい一日になりました。

佐々木君とは、彼が大学生のころからの知り合いでした。僕が社会人1年目でした。
スマッシュがすごく速くて当時対戦したらよく負けていました。

その佐々木君が、山梨から 名古屋に就職して、僕たちの名北クラブに入った時から
僕たちのクラブは、全盛期を迎えました。
愛知県の社会人リーグで1部の2位まで行きました。

僕は、彼と組んでダブルスをすると、当時の僕たちの周りでは、ほとんど負けませんでした。

彼は、今も 以前紹介しました川原雅治君004
と一緒にまだ名北クラブAチームで頑張っています。

僕は名北のCで適当に頑張っています。

駒ケ根市の農業者トレーニングセンターという体育館が練習会場です。018
021


周りは、大自然が近い広々とした田舎です。016
019


午後1時から5時まで、フェニックスの皆さんと気持ちのいい汗をかきました。025
024


やはり、ちがう地域の人たちとの触れ合うことは、新鮮で楽しい時間です。

バドミントン(スポーツ)は、人それぞれにプレースタイルが違いますので、全く知らない人と
対戦したり、観たりすることは、すごくおもしろく、ためになります。

それと、同じスポーツをしているとすぐ友達になれます。

そういえば、佐々木君のことですが、彼が若い時 会社の仕事で アメリカに販路開拓に
行きました。
彼はバドミントンのラケットも一緒に持って行って ボストンでいろいろな人と知り合いになり
ボストンオープン選手権で優勝をしてボストンの人たちから慕われました。
そういうことが間接的に彼のビジネスにも大変役に立ったみたいです。

今年から彼は彼が入社したときは、わずか7人で現在は約300人の会社
(株)医学生物研究所の社長です。

練習会が終わり 地元の居酒屋で 飲み会をしました。

やはり、僕たちは年寄りですので、昔話が話の大半でした。
しかし、バドミントンの現役で昔話ができることは大変ハッピーだと思います。

  今日の曲は、ゆず 友達の唄(PV)



株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール