2011年08月

シャンハイ

<今日の表紙> 今日のジョギングのタイム 30分59秒99
002


今日の表紙は、今朝のジョギング(5.2キロ)のタイムです。31分を100分の1秒切っています。
思わず感激して撮りました。こういうことは、めったにありません。

以前、僕のブログで「何になる? 気になる」で、車の距離メーターが150150キロに
なった時に、撮りました。

僕は、数字に敏感な方だと思います。

今日は、「シャンハイ」を観ました。007

渡辺謙が出演しているのと、新聞で期待裏切らぬスパイ活劇という見出しの寸評が
目に停まったからです。

そして、観終わって感じたことは、新聞の寸評どうりでした。

1941年の日米開戦前の上海でのスパイ合戦と恋愛模様を複雑に、ミステリアスに描いています。

主役の米国スパイ ポール・ソームズにジョン・キューザック008

日本軍のタナカ大佐に渡辺謙011

秘密組織・上海三合会のボスアンソニー・ランティンにチョウ・ユンファ016

アンソニーの妻アンナ・ランティンにコン・リー009

ポールの友人の殺されたコナーの愛人で麻薬中毒のスミコに菊池凜子012


とにかく、安定感のある豪華キャストです。

この映画は、ハリウッド映画ですが、舞台がアジアですので、ジョン・キューザックがアジア人の中に
入ってきた珍しさがありました。(言葉は、英語が中心でしたが)013


渡辺謙とチョウ・ユンファの存在感とコン・リーの山口百恵ちゃんに似た感じの中国美人の美しさが
僕を楽しませてくれました。017


激動の時代背景と男女の恋愛がアクションを交えてクライマックスへと展開します。

監督のミカエル・ハフストロームは、ロンドン、タイでの撮影で
1940年代の「古さ」をうまく出しています。

最後まで楽しめますよ。

  「シャンハイ」のイメージソング  BEAST FICTION

キッチン如意申 大繁盛

<今日の表紙> 僕の行きつけの喫茶店「茶房八田がわ」のママ
008


今日の表紙のママの喫茶店「茶房八田がわ」は、モーニングサービスでよく行きます。009

特に、サンドウィッチが美味しいです。もちろんコーヒーも美味しいです。モーニングサービスの量も
十分です。
マスターが、昔、結構有名な歌手だったとのことで、カラオケも教えています。

21日の夜にバドミントンのママさんパパさんたちを、僕の家(キッチン如意申)に招待して、
ゴーヤチャンプルパーティーをしました。

もちろん、コックは僕です。

僕の得意な料理は、ゴーヤチャンプル、オムレツ、特製サラダなどです。

6人分は日ごろ作らないので、材料の買い出しから大変です。

運動をして、おなかをすかしてきますので、十分な量を用意する必要があります。

スーパーへ行って十分な量のゴーヤ、お肉、野菜などを買ってきました。023


料理は、段取りが重要です。

玉ねぎを結構使いますので(オムレツ、最後の牛丼用)玉ねぎをむきます。004


玉ねぎで泣きました。(自画像でなくて、自写像です。)002


ゴーヤは、わたをとって、細かく切って、塩もみをします。しばらくするとにがみが薄くなります。

悪戦苦闘して、6人分の料理を作りました。
015


なにか、地球に向かう、宇宙人の連合艦隊みたいに思うのは僕だけでしょうか?

そして、ビールで乾杯して、料理を美味しく食べてくれました。017


田村さんのパパとママです。019


熊さんのパパとママです。020


バドミントンは、どちらもママのほうがかなり上手です。アルコールは、いい勝負です。

田村さんの家で、田村ママと僕の合わせて116歳の合同誕生パーティーを今年の3月23日にしました。

やはり、普通2人分しか作っていませんので、効率はあまり考えませんでしたが、6人分となると、

ちょっとやり方を間違えると時間がすごくかかります。

料理も仕事に通じるところがあります。

なんといっても、集中しないとケガをしたり料理がまずくなります。あわててもいけません。

いったん調理をはじめると、後戻りできません。料理は不可逆性の化学反応の連続です。

楽しく、真剣に、効率よくするということは、仕事や趣味に通じます。

最後に、キッチン如意申とは、僕の家が如意申町にあることから、僕が勝手につけました。

結構、僕の会社の女性群にブログ上では、評判がいいお店です。

  今日の曲は、パルス5の湊支配人(ミナティ)の8月22日のブログから
           NICO Touches the Waiis / 手をたたけ



ツリー・オブ・ライフ

<今日の表紙> 僕の家のそばの畑のフェンスを越えて実をつけた かぼちゃ
011


第64回カンヌ国際映画祭パルムドール(最高賞)受賞作品「ツリー・オブ・ライフ」を観ました。
043


新聞の映画紹介欄で、監督のテレンス・マリックの久々の作品ですと書いていました。

テレンス・マリックは、1943年にイリノイ州オタワに生まれました。

ハーバード大学で哲学を学んでいます。

今回のツリー・オブ・ライフで5作目の映画ですが、5作とも高い評価を受けています。

彼のことを、「伝説の映画監督」と呼んでいます。

主演のオブライエンには、ブラッド・ピッドです。002
演技は、円熟の域に来ていると思います。

オブライエンの大人になった長男役には、ショーン・ペンです001
。なにかかげりを感じさせます。

オブライエン夫人には、ジェシカ・チャステインです。007
とても清潔感と子供たちに対する優しさを感じます。

そして、オブライエン夫妻の子供たちは、2年以上の時間を要して、テキサスで、一万人以上の
子供たちと面会してスカウトチームが探してきました。009

都会育ちでは、出ない雰囲気を求めています。

映画を観るとよくわかりますが、大人とともに子供の役割がとても大事な映画です。006


テレンス・マリックは、哲学的な映画が得意です。人間の生き方を観客に問いかけています。

しかも、誰にもまねのできない映画の作り方をしています。

アメリカの普通の家庭の二男が19歳の時に突然なくなったことからストーリーが始まります。

宇宙の神秘と人間の誕生、神の存在の大きさ、親と子の関係(特に男の子)、長男と父親、

永遠と思われるときの流れの中で、小さいけれど、親の影響を大人になっても引きずって生きている

長男。

最初に語られるナレーション「生き方には2つある。世俗に生きるか、神に委ねるか、
どちらかを選ばなくては」が最後まで生きています。

世俗的な父親、敬虔なキリスト教徒の母親、息子たちは、そういう環境で育ちます。005
008


世の中にはどちらとも必要で、特に若い夫婦におすすめの映画です。

一回観ただけでは、わかりにくい映画ですので、パンフレットを買うことをお勧めします。

「作品の持つ圧倒的な力強さ、重要なテーマ性など、あらゆる要素が独創性に溢れ、
パルムドールにふさわしい」 審査委員長 ロバート・デニーロ
004


表彰式の3人は、さすがに かっこいい!

  今日の曲は、SEAMOーマタアイマショウ


ポジティブ交流会 イン 勝川

<今日の表紙> ポジティブ交流会主催者の梅木建治さん
041


今日の夕方、僕の住む春日井市の勝川駅前のルネックで、世界初 第2回 ポジティブ交流会という
催しに参加しました。004

これは、今、話題のフェイスブックの会員の集まりです。

僕の、3月30日のブログでも書いていますが、フェイスブックの本を読んで、ブログに<今日の表紙>を
付けることにしました。

僕も、一六社の代理店の岡橋さんから、フェイスブックの会員に入れてもらいました。

あまり、活発に利用はしていませんでしたが、岡橋さんは、自分のブログを多くの人に見てもらえますよ
と言っていました。

そして、岡橋さんの友達として、梅木建治さんが毎日、今日のポジティブという題のコメントを発信している
のを、よく見るようになりました。

なかなかいいことを書いているので、彼の主催のポジティブ交流会に参加しました。

30人ぐらいの参加者でした。008


意外なことに、すごく若い人はいませんでした。むしろ僕の歳でも平均よりもちょっと高いぐらいでした。

ミクシィなどと違って、実名と顔写真の登録が必要だということが原因のひとつだと思いました。

ビジネスチャンスを増やしたい人や、僕のように、コミュニケーションを増やしたい人などいろいろ
でした。

いずれにしても、梅木さんの情熱が僕たちをこの交流会に参加させたのだと思います。

僕も、ブログから始まって、いろいろな人との出会いに感謝します。

梅木さんは、生まれも育ちも春日井市です。(有)名阪ビル管理という会社を経営しています。

春日井に恩返ししたいということで、いろいろな活動をしています。

彼の、今日のポジティブをみて、一日を始める人も多いと思います。007


梅木さんのお話のあと、伊藤公一さんの顔写真のお話がありました。013


名刺などでも、写真ののせ方やとり方で相手に与える印象がだいぶ違いますよといっていました。

できるなら、実物よりちょっと劣るぐらいの写真がいいよなどと言っていました。

10分の休憩時間で名刺交換をしました。035


そして、参加者全員の自己紹介を1人30秒でしました。
難しかったです。まあ、ブログやっていますは伝えました。

今日は、ポジティブ交流会ですので、ポジティブになるには、どうすればいいかを、5,6人のグループ
に別れて話し合って、まとまった意見を発表しました。036


笑って生きる努力をしようとか、いろいろなことに感謝して生きようとかいろいろ意見が出ました。

結構なことです。いいと思ったことをやることがポジティブに生きることだと思います。

僕のブログで紹介しました、ユニクロのCEO 柳井正の生き方も参考になりますよ。

いいと思ったことをどれだけやれるかということは、人生を生きるとき、結構重要なことだと思います。

そして、全員での記念写真です。040


月並みですが、僕たちの人生は、泣くこともあれば、笑うこともあります。

基本的に、人生を楽しむ心が大事です。いろいろなことや、いろいろなものに感動しましょう。

悲しむときは、大いに悲しめばいいと思います。そのかわり、嬉しい時、楽しい時大いに楽しみましょう。

最近の、僕のおすすめの本を2冊紹介します。
久石譲「感動をつくれますか?」 柳井正「1勝9敗」 です。

今日、集まった方には、特におすすめです。

  今日の曲は、ポジティブな歌 元気です 吉田拓郎2






千代田儀礼会定期総会、懇親会

<今日の表紙> 千代田グループ大石会長のバースデイケーキ
039


今日の表紙は、昨日79歳の誕生日を迎えた、ますますお元気な千代田グループ大石会長のバースデイケーキです。046

ハッピーバースデイ ミスタープレジデントと書いていますが、僕的には、ミスタープロフェショナル
と書きたいです。

ゴルフコンペが終わり、夕方から ホテル春日居で千代田儀礼会の定期総会が始まりました。031


順調に議案の説明と承認が行われました。

大石会長の講演が始まりました。029


今回は、これからの葬儀は、どのようになるのかということを、過去のデータと、これからの
ライフスタイルなどをベースにわかりやすく解説されました。

最後に、どんな葬儀でも、例えば、予算をかけない葬儀でも、故人が好きだった花など、故人らしさ
のある心のこもった葬儀を施行することを、千代田グループは忘れてはいけない。とおっしゃりました。

約30分の講演でしたが、僕たちは、いつも楽しみにしています。
まさに、THE プロフェッショナルのお話です。

休憩をはさんで、懇親会が始まりました。033


広瀬会長の挨拶で幕を開けました。
034

千代田セレモニーの細谷社長の乾杯のご挨拶ですが、セレモニーの幹部も一緒に乾杯をしました。035


そして、今日の表紙の大石会長の79歳のバースデイケーキの登場です。

大石会長の代理で、細谷社長がろうそくの火を消しました。042


そして、美味しい料理を食べて、飲んで、楽しい懇談タイムが始まりました。

僕のテーブル担当のコンパニオンのセナちゃんです。043


そして、最後に、昨日のブログの表紙に登場した、千代田セレモニーの高野常務が中締めの
ご挨拶をしました。045

そして、締めは、千代田セレモニーの若手のホープ 大八木課長が行いました。047


僕も、名古屋の平安閣協力会の副会長をしていますが、広瀬会長や幹事の人たちのご尽力に
敬意を表します。

2次会は、最上階のワインバーです。

僕は、ワインバーといえば素敵な女性 僕の7月22日のブログの表紙に登場した
小田桐杏子ちゃんが気になりました。

いました。その前に、大石会長とは、30年以上のお付き合いをしている
お酒のオーソリティ 小柳津さんです。001


そして、小田桐杏子ちゃんと2ショットです。004


僕の長い1日が楽しく終わりました。

  杏子で検索しました。 杏子 シンガプーラ





千代田儀礼会ゴルフコンペ

<今日の表紙> 奥さんが僕のブログのファンの(株)千代田セレモニーの高野常務
004


今日は、朝から山梨県の境川カントリークラブで、千代田儀礼会ゴルフコンペが開催されました。

スタート前の、(株)千代田セレモニーの高野常務との2ショットです。
高野常務の奥さんが、僕のブログのファンだということです。
先日、サイパンに行ったことも知っていました。

スタート前は、いろいろなことが気になります。

僕のブログの結構なファンの府中の花智さん(花屋さん)の片山さん夫婦です。005

片山さん夫婦は、旦那さんが5回、奥さんが2回、ホールインワンをしているとのことです。

僕と約10年前、沖縄で嵐の中、2人でゴルフをして、その時のスコアが、晴れた日のスコアより
良かったという思い出がある、まだ独身の成田君です。007


そして、僕の一緒のメンバーです。(左から持山さん、僕、片山さんの奥さん、金津さん)008


パターの調子が悪く、3パットが多かったです。(93)

先回の境川CCでも書きましたが、杉ぼっくりがまだ成っていました。012


ヒマラヤスギは、やはり、寒いところが似合うような気がします。016


ゴルフが終わって、ホテル春日居に帰りました。

途中、かすがい農産物直売所に寄って、親戚関係に今が一番美味しいブドウのピオーネを
贈る手続きをしました。022
021


2人、送り先の住所がわからなかったので、ホテルに帰って、ネットで調べて、ジョギングで
ホテルから農産物直売所に行きました。

僕の接客をしてくれました、とても親切で感じのいい、山本ユカリさんです。023


そして、いつもの、笛吹川の河川敷を走ってホテルに帰りました。

明日は、夜の千代田儀礼会総会と懇親会の模様をアップします。

    ワインレッドの心  玉置浩二






コクリコ坂から

<今日の表紙> きれいに剪定している、きれいな凌霄花(ノウゼンカズラ)
002


今日、車を運転中にみつけました。なかなか、こんなにきれいに剪定している凌霄花はみません。

先日、今話題の宮崎駿企画・脚本と息子の宮崎吾朗監督をした「コクリコ坂から」を観ました。003


スタジオジプリ作品の映画は、映画館で初めて観ました。

新聞で、宮崎吾朗の特集記事が載っていて、「コクリコ坂から」のことをPRしていました。025


面白そうでしたので、映画を観ることにしました。

監督としては、2作目で、生まれて初めて必死になったと言っています。

父親があまりにも有名すぎるので、育ちも一般的ではなかったようです。

建設コンサルタントとして活躍して、ジプリ美術館の総合デザインを手がけ、約5年間、美術館の
館長を務めました。
2006年に「ゲド戦記」でアニメーション映画監督としてデビューしました。

宮崎駿が企画・脚本を手がけました。027


映画を観終わった感想は、なにかきれいすぎるなと思いました。

ストーリーがきれいすぎるのか、宮崎吾朗の人間性なのかわかりませんが。

宮崎駿は、子供たちに夢を与えることが非凡なクリエーターだと思います。
青春映画は、1963年を舞台にしたとしても、ちょっときれいすぎるかな。018


宮崎吾朗は、監督だけの仕事では、アニメーション映画としては、ちょっと中途半端かなと思いました。

親子で作品をつくるより、1人で作るか、赤の他人の企画・脚本の監督のほうが親と子の力みがなくて
よかったかな?

ストーリーは、約90分ですので、スピーディーに展開します。

主役の松崎海には、長澤まさみ 013
014
風間俊には、岡田准一015
016
が声で出演しています。

2人とも、大変上手でした。

60年代の時代が再現されています。

僕の年代よりちょっと古い時代ですが、きれいすぎるような気がします。

どの年齢層に照準を合わせているのかわかりません。

宮崎駿が、吾朗を監督として試したような感じがします。(この映画は宮崎駿のイメージではない。)

アニメーションの特異性、優位性などが、あまりなく、むしろ実写と比較してもそん色ないでしょう
ということを訴えているような気がします。

僕は、そんなことにあまり意味を感じません。
シンプルにいうと、アニメは、実写では、味わえない面白さを追求するべきだと思います。

しかしながら、宮崎吾朗が映画の世界でどのように成長していくのか楽しみです。(壁をこえて、こえて)

  コクリコ坂から 手嶌葵 さよならの夏








株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール