10年後に孫を連れて観に行きたい家族映画です。「ワンダー 君は太陽」

<今日の表紙>今朝の日の出の光る雲(4時49分)
DSC02523

今朝は晴れていましたが日の出の位置に雲があり日の出は見れませんでしたが光る雲がきれいでした。

昨日は、久しぶりに映画を観に伏見ミリオン座に行ってきました。

6月は珍しくまだ5本目の映画です。

先日ブログにアップした「万引き家族」と一緒で「家族」がテーマの映画です。

ただし、大変分かりやすい家族の映画です。なにせ、ヤフー映画のレビューの総合評価5点満点で4.44という高評価です。

遺伝子の疾患で人とは違う顔で生まれた10歳の男の子オギーの成長と温かい家族の物語の映画「ワンダー 君は太陽」です。DSC02502


10歳になり、自宅学習から学校へ通うようになったオギーにいじめが襲い掛かります。DSC02504
オギー役のジェイコブ・トレンブレイです。

オギーはいじめに苦しみますが温かい家族の支えでその環境から逃げません。DSC02507


母親役には、ジュリア・ロバーツです。DSC02503
そして、父親役にはオーエン・ウィルソンです。DSC02506


友だちが出来だして、周りを味方にしていきます。DSC02509


僕たちが普通の日常で忘れがちな人間としてのあるべき姿を示してくれる映画です。

大人も子供もこの映画を観るといろいろなことに気づきます。そして感動の涙が自然と出て来ます。

今回は1人で観て3回泣きましたが、10年後に孫と一緒に観に行って一緒に泣きたい映画です。(笑)

今夜、ワールドカップの日本とコロンビアの試合がありますが、NHKのタイトルCGでの懐かしい僕が子供の頃(6歳)の最初の人工衛星ソ連のスプートニク1号でお別れします。DSC02512
DSC02510
日本頑張れ!

今日の曲は、一青窈 さよならありがと

ゆるガット(13ポンド)での「ゆるゆる大作戦」でシングルスを頑張りました。(第85回 愛知県社会人クラブチーム対抗バドミントン選手権大会前期リーグ戦2日目)

<今日の表紙>今回の成績1勝3敗に終わった名北クラブ(C)の元気なメンバー(平均年齢56歳)
DSC02496


昨日は、名古屋市守山区の志段味スポーツランド体育館での愛知県バドミントン社会人クラブチームの前期リーグ戦、僕が監督兼選手の名北クラブ(C)が属する10部Dゾーンの残り2試合が行われました。

開会式です。DSC02470
試合が始まりました。DSC02483


僕たちの初日は0勝2敗でした。昨日は1勝を目指して試合を始めました。

最初の相手はポリマーズです。

第1ダブルスは、最高齢(73歳)の冨田さんと三階君(53歳)の平均年齢63歳ペアが出ましたが相手の若手ペアに完敗。

第2ダブルスは、川原君と中国から来て名古屋で働いている鄒君のペアで逆に完勝。DSC02471


第1シングルスに、久しぶりに僕(67歳)が出場しました。DSC02472
相手は26歳の若手でポリマーズのエースの山本君です。

内心、簡単にやられるぞと思って試合開始。もちろんゆるガット(13ポンド)のラケットです。

1ゲーム目は15点取って終わりました。結構試合になっているなと感じて終わりました。ゆるガットでのカットとクリアが効果的だなと感じました。

2ゲーム目は、もう少し粘り強くコートを広く使う作戦で戦いました。すると、山本君がミスをし出して逆に15点ほどでこのゲームをゲット。

3ゲーム目は、10-11でチェンジコート。残念ながら善戦はここまでです。スタミナが尽きて15点で完敗です。

第2シングルスは川原君がスムーズに動いて完勝。第3スシングルスは鄒君が、新婚間もない奥様の応援もあり完勝です。

ということで、3-2で待望の1勝をゲットしました。

最終戦は、新人の岡野君と組んでダブルスに出場しましたが、シングルスの疲れからか僕の動きが悪く完敗です。DSC02487


しかし、川原・鄒組の頑張りと、鄒君のシングルスの大活躍で、2-3で惜敗です。DSC02494


名北クラブ(C)の前期リーグ戦は1勝3敗で終わりました。それぞれに楽しい試合が出来ました。

12月から始まる後期リーグ戦まで僕はゆるガットでのバドミントンを楽しみます。

今回のリーグ戦では、初日のダブルスや今回のシングルスでもゆるガットの効果を確かめることが出来ました。

若い人達同士の早いシャトル回しでは、あまり効果がないと思いましたが、僕たちの年齢同士や比較的ゆっくりとしたシャトル回しの女性の試合では十分にメリットを発揮できる感じです。

自分が比較的ゆっくり目の試合をする人にはゆるガットを確かめてみることをお勧めします。また、ダブルスでは今までのテンションのラケット、シングルスはゆるガットと使い分けて使用するとプレーの幅が広がる人も多く出てくる気がします。

それと、手首、肘、肩をよく故障する人にもゆるガットは優しいようです。ガットが切れにくい、ラケットにヒビがはいりにくいなど直接的なメリットも感じられますよ。

以前も、ブログで書きましたが、惜しい試合をよくする人は特に「ゆるゆる大作戦」を実行してみることをお勧めします。(笑)

「ゆるゆる大作戦」でバドミントンのシングルスを楽しませてくれたポリマーズの山本君(26歳)との2ショットでお別れします。DSC02481
年の差は41歳です。

ゆるガットメリットいっぱい惜しいバド故障する人試してみては?

今日の曲は、松任谷由実 真夏の夜の夢




花の名前をすぐに答えてくれた和田君に感謝します。(ミニ同窓会番外編)

<今日の表紙>摩崖仏の国宝 臼杵石仏
DSC02373

和田君が、臼杵石仏を読んだ句 種田山頭火の歌碑を発見したとのこと、早速車の中で教えてくれました。
  しぐるるや石を刻んで仏となす

山頭火も臼杵石仏を拝観したようです。

実は、今の和田君は、松山の山林を楽しむ会の世話役をしているので、木や花や昆虫、小動物に詳しいのです。

僕のブログで花の名前をチェックしてまちがいを教えてくれています。

最近のまちがいチェック例としては、ネモフィラと思っていたのですが和田君からネメシアでしょうと連絡がありました。DSC02234


ということで、今回のミニ同窓会でもいろいろな花の名前をすぐに答えてくれました。DSC02348
右端が和田君です。お酒は飲めません。

臼杵石仏を拝観しているときにブログにアップしたマムシグサも彼から教えてもらいました。DSC02379
そして、カナヘビもです。DSC02393
この可愛いムラサキカタバミもです。DSC02402


その他にも白い花がきれいなカラーも教えてくれました。DSC02414


佐伯の錦寿司の花壇に咲いていたきれいなデュランタです。DSC02418
これも和田君が教えてくれました。

大学時代は、花の名前などは話題には上がりませんでしたので今のお付き合いをし出してからの事です。

昨年の松山でのミニ同窓会の「ヒマラヤの青いケシ」も和田君のプランでした。DSC00728
この花の正式名は「メコノプシス」というそうです。

この世の中では、きれいな動植物をよく目にしますが、名前が分からないと何かモヤモヤします。

年寄りの僕としては、和田君の価値が年々高まってきています。

  花の名をすぐに答えてくれる友歳を取るほど嬉しい出会い

来年のミニ同窓会が楽しみです。

昨日の松山からセントレアへの飛行機から見た離陸直後のパノラマでお別れします。DSC02454
中央右は最近よく見る太陽光パネル群です。

今日の曲は、藤井フミヤ TRUE LOVE


国宝の臼杵石仏を拝観して、四国に渡り伊方原発を見ました。(ミニ同窓会2日目)

<今日の表紙>四国で唯一の原発 愛媛県伊方町の運転停止中の伊方原発1、2、3号機
DSC02449


昨日は、大分のホテルを出発して国宝の臼杵石仏を拝観しました。

ほぼ50年ぶりの臼杵石仏です。

入場料を払い石仏までの道を登ります。DSC02359


50年前は、石仏の首から上が地面に落ちていた光景を見たような気がしましたが、今では屋根付きのスペースで石仏は修復されてきれいになっていました。DSC02361
DSC02369
修復前の写真が展示されています。DSC02387
今はすごくきれいな環境になっています。DSC02385


石仏の前でのショットです。DSC02390
杖を借りて登りました。

近くには、どくだみの花が咲いていました。DSC02377
珍しいマムシグサです。DSC02379
岩の間にはトカゲの仲間のカナヘビがせわしく動いていました。DSC02399


石仏を拝観して佐伯の有名な錦寿司で昼食です。DSC02421
名物のトレンディー玉子Aです。卵を12個使用しています。DSC02424
3人では食べきれませんでした。佐伯出身の嘉風が来店したときの写真が目に留まりました。DSC02427


おなか一杯になって四国に渡るために佐賀関へ向かいました。

途中の鱗雲がきれいでした。DSC02432
佐賀関のフェリー乗り場に咲いていたアガパンサスです。DSC02434
佐賀関と言えば製錬所の高さ200mの大煙突です。DSC02433


四国側の三崎と佐賀関を70分で結んでいるフェリーに乗り込みます。DSC02435

昨日は波も静かで、関アジの釣り船を見ることが出来ました。DSC02440


三崎港に着いて和田君の車で松山に向かいました。途中の伊方原発が見える展望台に立ち寄りました。

伊方原発が出来てから道路がすごく良くなっています。

原発の危険は日本国民はよくわかっていますが、雰囲気はやさしいカラーでとても恐ろしい雰囲気ではありません。

  恐ろしいリスクを隠し佇むは明るいカラー伊方原発

伊方原発の1号機、2号機のアップでお別れします。DSC02448


今日の曲は、斉藤和義 ずっと嘘だった

1時間遅れて大分に到着しました。何で?(第5回ミニ同窓会イン大分2018)

<今日の表紙>1年ぶりに大分で再会した3人(左は佐野君、右は和田君)
DSC02348


昨日はお昼過ぎの名古屋発新幹線のひかりに乗り、新神戸乗り換えで小倉へ、小倉から日豊本線の特急で大分へ向かいました。ジパング倶楽部を利用していますので、のぞみには乗れません。ひかりから新神戸でさくらに乗り換えます。

予定では17時着です。

雄大な伊吹山もばっちりです。DSC02315


昨夜、美味しいお酒を飲み過ぎたせいで、新幹線の中では読書より睡眠でした。新神戸までぐっすりでしたがさくらへスムーズに乗り換えしました。快調に小倉へ向かえると思っていましたが約1時間後に事件が起こりました。さくらでもすぐに眠ってしまい14時35分に目を覚ますと大きな駅に停まっていました。僕は15時35分に到着する小倉と勘違いして慌ててさくらから駅に降りました。

あ~、間に合った。良かったなと思っていたら、何か変です。小倉とは違う感じです。DSC02318
広島です。(汗&汗)

こだまが来たので乗り込んで小倉まで行って、1時間遅れて日豊本線の特急に乗り込んで17時到着予定だった大分へ18時に到着です。

こだまの車窓から見えた徳山のコンビナートの高い煙突です。DSC02324


日豊本線の特急の車窓からの別府湾の奥に見える別府の市街です。DSC02341


大学時代3人で16年勉強してゆっくり卒業した僕たちのミニ同窓会は今年は大分に住む佐野君の当番です。(汗)

  大学もゆっくり出たし少々の遅れ全然ノープロブレス

今年で5回目のミニ同窓会です。昨年は松山に住む和田君の当番で「ヒマラヤの青いケシ」を観ました。DSC00728


美味しい海鮮料理を頂きながら近況報告などを中心に話の華が咲きました。DSC02351
DSC02353


3人とも元気で何よりです。

今日は臼杵の石仏を観て四国へ渡る予定です。

来年は僕の当番です。したがって新幹線勘違い事件は起こりません。(笑)

苦労してたどり着いた大分駅でお別れします。DSC02347


今日の曲は、吉田拓郎&かまやつひろし 我がよき友よ



今年も美味しい寒ざらしそばを食べました。その前にゆるガット(13ポンド)がまた1本切れました。(汗)

<今日の表紙>6月1日解禁の寒ざらしそば
DSC02268

見かけは普通のそばですが、独特の甘みがあります。

昨日は午前中はバドミントンの練習、お昼過ぎから、いいお天気の中1年に1度6月1日~20日ごろでしか味わえない蕎麦「寒ざらしそば」を食べに高山市荘川町の「蕎麦正」へ行ってきました。DSC00552


寒ざらしそばは、厳冬期(1月~2月)に庄川にそばの実をつけて、その後寒風にさらして、そばの実の中から甘味成分を出させて、普通のそばよりも甘味が多い珍しいそばです。DSC00554


  そばの実を荘川村の庄川で冬に浸した寒ざらしそば

蕎麦正です。DSC02260
店内から見える庄川です。DSC02261
涼しくて名古屋を出発する時の気温が28℃でしたが、2時間後の荘川は22℃です。

寒ざらしそばのほかに、美味しい岩魚の甘露煮と、DSC02265
山菜の天ぷらをいただきました。DSC02269
ちなみに荘川インター出口近くのドライブインの水槽で見た生きている岩魚です。DSC02275
迫力がありますね。

蕎麦正の僕の友人で店主の三島正さんとの恒例の2ショットです。DSC02271
カタログの写真より身体が引き締まっていました。DSC02264
外では、こんな写真スポットもあります。(笑)DSC02272


美味しい寒ざらしそばを食べて、ひるがのPAに寄ってコーヒータイムです。ダイナランドスキー場です。DSC02282
その奥には雪を戴いた白山です。DSC02277


コーヒータイムでは、何故かトトロと2ショットです。(笑)DSC02286


突然バドミントンのお話しになりますが、1月に張ったゆるガット(13ポンド)のラケット4本の中の1本が昨日の午前中の練習中(今年91回目)に切れました。DSC02298
これで2本目です。1本目が切れて約1週間後ですので6月中にあとの2本も切れそうです。(汗)

6時30頃勝川のマンションに帰りつくと、御嶽山の山腹から噴煙が出ていました。DSC02258
昨日の朝の御嶽山です。DSC02289


昨日もよく晴れていましたが、今朝もさわやかなお天気に恵まれました。

今朝のパノラマと、DSC02312
日の出の太陽でお別れします。DSC02311


今日の曲は、ケツメイシ さらば涙






水無月の地蔵川への家に咲くノウゼンカズラ暑きオレンジ(つれづれウォーキング地蔵川6月2018(2))

<今日の表紙>昨日のつれづれウォーキングを終わって見た珍しい煙突の上の雲
DSC02240

その雲の後ろには夏らしい雲がかかっていました。DSC02239
すっかり夏のパノラマです。DSC02242


昨日は、予定が入ってなくゆっくりとした1日を過ごしました。テレビでは、史上初の米朝首脳会談を伝えていました。DSC02205

そんな中、いいお天気でしたのでお昼過ぎからつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC02209
途中で見たこれからが旬のノウゼンカズラです。DSC02207
路肩に咲くヒャクニチソウです。DSC02208


  水無月の地蔵川への家に咲くノウゼンカズラ暑きオレンジ

一昨日の雨で少し増水しているせいか、鳥も亀も見れません。いや、亀さんはいつものところではなく1匹が壊れた土管の上で日向ぼっこをしていました。DSC02213
そして、その近くに錦鯉さんもやって来ました。DSC02214

ナワシロイチゴが赤い実をつけています。DSC02219
これからよく見るタチアオイです。DSC02226
アルストロメリアです。DSC02230
木漏れ日が涼し気な桜並木です。DSC02222
ランタナの花にはツマグロヒョウモンのオスがとまっています。DSC02232
ヒメジョオンの白い花が元気よく咲いています。DSC02233
帰り道で民家の前で見かけたきれいなネメシアです。DSC02234
まだ元気に咲いている帰り道のオオキンケイギクです。DSC02235


久しぶりに見れたさわやかな今朝の空気の中の御嶽山のシルエットでお別れします。DSC02243


今日の曲は、松田聖子 夏の扉


株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール