人生は小説やドラマの世界のように狭い気がします。(今年一番嬉しかったこと)

<今日の表紙>地下鉄で見たポスターの一部
DSC06069

全体を見ると何だ、そうだったのということになります。DSC06068

2017年もあと残り5日です。

1日1日歩んできたら、気が付くとすぐそこに2018年が来ています。

今年を振り返ると、いろいろなことが浮かんできますが、一番嬉しかった出来事は、特に仕事をほとんどしていない僕ですが、約42年の不思議な縁でいただいたお仕事です。

そのお仕事とは、来年3月のタイム技研(株)40周年記念パーティーで放映するビデオの製作です。

僕に連絡をくれた人は、タイム技研(株)創業者の丹羽会長です。079
タイム技研(株)本社玄関前

丹羽会長は、僕が大学を卒業して入った会社で2年目に配属された部署の僕の上司でした。

僕が26歳の時に起業されて、目覚ましい発展をされて今日に来ています。

僕は27歳の時に今の会社に入って、今日まで来ています。

丹羽会長は、僕の結婚式にもご出席してくれましたが、しばらくはお互い連絡を取りませんでした。

時がずいぶん経って、一昨年の3月24日に、僕の娘と一緒に娘の人形供養のために犬山市の大縣神社にお参りに行った時に、再び時計の針が動き出しました。

その時に、大縣神社のしだれ梅の梅園をウォッチングしているときのことでした。003
梅園の玉垣にタイム技研(株)の文字を見つけました。004
そして、梅園を歩くと、しだれ梅の下にそれぞれタイム技研(株)創立35周年記念のプレートと、犬山市丹羽公男のプレートが並んでありました。014
013


このしだれ梅の写真と手紙を丹羽会長に送ると懐かしい文字での返信がありました。

    ビジネスの恩師とつなぐしだれ梅大縣神社人形供養

これをきっかけに36年ぶりの再会をタイム技研(株)の本社で4月にしました。069
勝川から高速道路を使うとわずか30分の距離でした。タイム技研(株)の企業理念です。089


  三十分で三十六年飛び越えて楽しいタイム神の悪戯

2003年からタイム技研(株)の社会貢献活動として利用している7万5千坪の21世紀創造の森です。。018
丹羽会長とタイム広場前で2ショットです。065


その後、年1回のペースでゴルフをご一緒させていただくというお付き合いをさせていただていました。DSC02270
昨年4月のお花見をしながらのゴルフ

今年の7月、僕が釧路へ旅行中に丹羽会長から連絡があり、来年3月の創立40周年記念パーティーで放映するビデオを僕の会社で作って欲しいとのことでした。

来年1月完成の予定ですが、タイム技研のスタッフの方々の温かいサポートもあり、かなりいい出来栄えになるのではないかと思っています。

今から、丹羽会長とご一緒に観ることが待ち遠しいですね。

一昨年、僕の娘と大縣神社の人形供養に行っていなかったら、そして時期が梅の見ごろでなかったら、今回のお話しはありませんでした。

40年前の上司とその部下が別々の会社としてビジネスで協力しあえるという不思議さが小説やドラマのようです。

  小説やドラマのようなタイムですハッピーエンドで来年へ続く

来年3月初旬のタイム技研(株)創立40周年記念パーティーの時が見ごろの丹羽会長のしだれ梅でお別れします。012


今日の曲は、矢沢永吉 時間よ止まれ


「ハゲタカ」シリーズ真山仁著の魅力に負けました。読書の方法を再び変えました。

<今日の表紙>ピンク色のきれいな花を咲かせているエリカ(?)
DSC06072


11月中旬から、以前読んだ本の再読(古本)で真山仁著「ハゲタカ」を読みだしました。DSC06075


それまでは10月中旬から目的地に行くときは古本、帰るときは新本という方法で読書をしていました。

ハゲタカを読みだして、止まらなくなりました。ということで、それからというもの、ずっとハゲタカシリーズにはまっています。BlogPaint
クリスマス・イブだけは「輝く夜」百田尚樹著でしたがね。

新刊を買って読む気が起こりません。(実は新刊は11月に1冊買っているんですが)

面白すぎるので、ついつい先へ先へと読んでしまします。

まあ、僕の読書は膨大な暇つぶしが主な目的ですので、読書の方法を作品の魅力第一に切り替えても問題はありません。

今は、シリーズ3作目「レッドゾーン」の下巻に入っています。DSC06077


映画でも、本でも、以前いいと思った作品にもう一度触れると、また違った楽しみを味わえて面白いですね。

とりあえず、ハゲタカシリーズ第4作「グリード上下」を年明けに読み終わってから次の本を考えます。DSC06078


  読み直すハゲタカシリーズ止まらない面白すぎて戌年へ続く

ハゲタカⅡ、レッドゾーンで印象に残った言葉でお別れします。
まず、ハゲタカⅡから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
だが本当の日本とは何だろうか。少なくとも正義や道理のために命をなげうつ国ではないことだけは確かだった。現代の日本には、外国人がよろこぶ「武士道」も、「ハラキリ」の形跡もない。
「日本は世界一豊かで安全な国。清潔だし食べるものもおいしい。そして素晴らしい工業国だ」
何をもって豊かと呼ぶかは別にして、概ね彼らが称賛する日本のイメージは当たっている。だがその一方で、自分たちが何を持っていて、世界から何をうらやましがられているかに気付かない国であるということもあらためて知った。

「社会を制するものは二つある。一つは分かりやすさであり、もう一つは人の心を打つこと。我々はそれを目指そうと思ったんです」

「サムライというのは、死に場所を探すために生きていることだと多くの人たちは勘違いしている。本当のサムライは、いつどこで死んでも悔いのないよう、どう生きるかを常に考えているのだ。それを政彦は言葉ではなく生き様として見せてくれるんだ。日光で二人で散歩していた時にそう語ってくれたアランのことばが忘れられない。だが、今の君は何だね。まるで死に場所を探し求めてさまよう亡霊のようじゃないか。サムライ魂はどこかに置き忘れてきたのかね」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
レッドゾーンから
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「私には分かりません。ただ、市場には神も悪魔もないと思います。市場にあるのは、自然の摂理です」
「生存競争のルールと言ってもいいと思います。そして市場とは、弱さとの闘いの場です。弱気になった瞬間、市場から排除され、敗北する。その弱肉強食の世界の中で我々が身につけなければならないのは、生き抜くための知恵と勇気です。したがって市場に正邪はなく、勝者も敗者もいない。生者と死者がいるのみです」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の曲は、加藤登紀子 この空を飛べたら



サンタさんからささやかなクリスマス・プレゼントを2ついただきました。

<今日の表紙>今朝の寒そうな日の出前のパノラマ(7時02分)
DSC06053

今朝は少しの間にお天気が変わりました。3分前の6時59分のパノラマです。DSC06045
そんな中、運よく日の出が見れました。DSC06048
変な雲に巻かれて苦しそうに太陽が昇ってきました。(7時04分)DSC06054
DSC06057
2分たったら脱出できました。DSC06060
お天気も青空が広がって来ました。DSC06065


昨日はクリスマス・イブでした。午前中に昨日のブログでご紹介した「輝く夜」百田尚樹著を読んで心を温かくしました。そうしたら、2つのささやかなサンタさんからのクリスマス・プレゼントがありました。

僕は一昨日に勝川駅高架下のスーパーで夕食と一緒にトイレットペーパーを買いましたが忘れて帰りました。

夕食時に気づくと自分の不注意に怒りました。

昨朝ダメもとでスーパーに行くと、忘れ物コーナーに届けてくれていました。DSC06067
これは、サンタさんのプレゼントだと思いました。

そして、夕方傘を持たずに名古屋へ出かけると、夜は雨の予報でしたので、地下鉄大曽根駅の「友愛の傘」が目につきました。DSC05503
その中から1本お借りすることにしました。DSC05505


案の定、強い雨が降ってきました。勝川駅に帰って、広場のクリスマスツリーを見ると、雨の中光り輝きていました。DSC06038
やっぱり傘もサンタさんのプレゼントだと感じました。と思っていい気分でしたら突然クリスマスツリーが消えました。DSC06041
11時でした。サンタさんのお帰りの時間です。

今年のクリスマス・イブは、サンタさんからの2つのささやかなプレゼントで暖かく過ごせました。

  ささやかなサンタクロースのプレゼント感じて過ごすあたたかなイブ

きれいな勝川駅広場のクリスマスツリーのてっぺんのイルミネーションでお別れします。DSC06040


今日の曲は、松任谷由実 恋人がサンタクロース




クリスマス・イブには、やっぱり美しい文章と輝く夜がよく似合う

<今日の表紙>来年4月開場を待つ御園座の赤いエントランス
DSC06022

見上げるようなNEW御園座です。DSC06024
多目的な超高層ビルとして生まれ変わりました。DSC06021


今日はクリスマス・イブです。

やっぱり特別な日だということで、僕が感動した、朝日新聞の記者の吉田純子さんの2012年に98歳で亡くなった音楽評論家の吉田秀和さんへの愛情あふれる美しい惜別のことばと、今日読んで聖夜を迎えてほしい小説「輝く夜」百田尚樹著をご紹介します。

先ずは、吉田純子さんの美しい文章からです。サブタイトルは「大丈夫。 芸術は絶対に死なない」
005

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
音楽家は、言葉からこぼれ落ちる思いを音にする。その音の数々に追いすがり、
ふたたび言葉へと導く。
音楽について書くことは、永遠に矛盾を追うようなものだ。
その矛盾と心豊かに戯れた、不世出の才人だった。

重い内容に向き合うほどに、がぜん軽みを増すその筆は、どこかモーツァルトを思わせた。
東日本大震災から1ヶ月後の本紙「音楽展望」では、第2次大戦中に見ず知らずの
人々から受けた情けをウィット交じりにつづった。
昨年6月には、英国でのオーディオ店員との漫談に近いやりとりを、改行なしで延々48行。
圧巻の名調子だった。

「僕が長生きしたいとお願いしたわけじゃない」と、とぼけた口調でよく言った。
しかし、今年の4月に花見をした時の吉田さんの風情は、少し違った。

帰り際、ざっと風が吹き、色濃いピンクの花びらが無心に遊ぶ子どもたちに降りそそぐと
「いいねえ」と立ち尽くした。
数分後、ゆっくりときびすを返すと「こういうのはもう、僕には見られないだろうから」。
愛する桜と子どもたち。はちきれんばかりの命が鮮やかにむつみ合う光景に、
原発事故からずっと人知れず抱えていた心の重荷を下ろし、静かにこの世界に別れを
告げていたのかもしれない。

戦争で多くを失い、妻にも先立たれた。悲嘆多き人生に寄り添い、死のその日まで
ペンを握らせたのは、長い歩みの果てにたどりついた悠々たる楽観の境地だった。
戦争や人災を繰り返すのも人間ならば、芸術という美しき精神の結晶を生み出すのも
また人間。諦念(ていねん)を微笑みにかえて、人間というどうしようもない存在を
まるごと肯定した。

「音楽の世界はもうダメだと言う人がいるけれど、音楽はいったい何年の年月を
生き延びてきたの。大丈夫。芸術は、絶対に死なないよ」 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「輝く夜」百田尚樹著は、クリスマス・イブの5編の素敵な物語です。021

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
024

第一話 魔法の万年筆 では、その万年筆で願い事を書くと必ずかないます。ただし3つまで。彼女はどんな願い事をしたのでしょう?

第二話 猫 では、瀕死の猫を拾って懸命に看病して育てた結果、幸運が舞い込みました。どんな幸運でしょう?

第三話 ケーキ では、死期が近い若い女性が見た素敵な夢です。どんな夢だったのでしょう?

第四話 タクシー では、自分の仕事を嘘をついて付き合っていた女性が偶然乗ったタクシーで出会った真実。どんな真実だったのでしょう?

第五話 サンタクロース では、主人公の女性が昔、死にたいと思ってある町をさまよっていたら、偶然入った教会でサンタクロースにふんした牧師さんに、助けられました。その牧師さんから「あなたとはまたいつか会うでしょう」と言われました。そして、どんなことが起きるのでしょう?

これらの物語は、すべてクリスマス・イブの夜に起きることです。そして、すべて、読んだ人のこころの中があたたかくなりますよ。

2時間ほどで、全部読めますので僕のおすすめです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
クリスマス・イブは、幸せな気持ちになって過ごしてほしいという僕からのささやかなプレゼントです。

  今日だけはみんな素敵なクリスチャンワンダーランドジャパニーズピープル

では、素敵なクリスマス・イブをお過ごしください!

青空をバックに赤い実がきれいなナンテンでお別れします。DSC06029


今日の曲は、山下達郎 クリスマス・イブ




世の中SNS疲れかもしれないね?でも、気にしない!気にするな!

<今日の表紙>青空をバックにしたメタセコイアの巨大ツリー(港区役所前)
DSC05999

冬至の昨日は、一日中気持ちのいいお天気でした。

午前中、バドミントンの練習に行った、北生涯学習センター玄関横のサザンカの垣根は、ピンク色の花が咲き始めていました。DSC05996
DSC05997


今年もあと9日になりました。もう今年の1月のことは、ほぼ忘れています。(僕だけかもしれませんが?)

今年も毎日ブログをアップし続けていますが、1月の訪問者数に比べると、徐々に減り始めてこの3ヶ月は約25%のダウンです。1日100人を切ることが多くなりました。12月は忙しい時期ということでしょうか、半々のペースです。

昨年10月30日のブログでも、8月までに比べて20%ダウンと書いていました。昨年から出始めた傾向です。

今年の9月2日のブログで総訪問者数が30万人を超えたことを書きましたが、その時に調べた1日平均の訪問者数は121人でした。

僕の尊敬するマーケティング・コンサルタントの藤村正宏先生が12月3日のブログで「SNSは反応が落ちる傾向にあると思う」と発信しています。

理由の一つは、多くの人が発信しているから、見られなくなっている。

そして、僕のブログが相対的に魅力がなくなってきているということも減少している原因でしょう。

ブログなどのSNSが世の中に登場すると、珍しさも手伝って多くの人が興味を持ちました。そして、スマホが登場すると、だれでも簡単にSNSの世界に入って行けるようになりました。

スマホはすごい速度で普及してきましたので、僕のように7年も前からブログをアップしている者からファンが逃げやすい環境になってきているということでしょう。

昨日、バドミントンを一緒に楽しんでいる家庭婦人のママさんたちから聞いた話では、今の子供たちは、年賀状は書かなくて、スマホのLINEで発信することがほとんどだそうです。

僕のように、ブログを日記みたいにアップしていて、ビジネスに利用していない人は、時間つぶしとしては、すごくいいアイテムだと思います。

僕は、FBにも、ブログをアップしましたとか、今日の日の出ウォッチングの模様など最低1日に2回投稿しています。FB友達の数にもよりますが、ブログの訪問者数と同じく「いいね!」の数も25%ほど1月に比べてダウンしています。

FB友達の投稿をチェックするのは、電車の中などのたいてい暇つぶしの時間です。他の暇つぶしが出来たらチェックは疎かになります。

世の中は、常に新しいことを欲しています。もう、ブログやツイッターやFBなどは新聞、テレビと同じく古いメディア、いわゆる新鮮な感覚が利用する人達に起こらなくなったようです。ビジネス上で考えると、ますますSNSの発信の内容や方法を進化させないと以前のような効果が期待できなくなってきたのでは?

スマホという怪物が繁栄する時代になったことは間違いありません。SNSに疲れた人を癒してくれるスマホの利用の仕方が流行ったりするかも?

でも、僕はブログに出会って「老後」を過ごす上で大変感謝しています。まだ訪問者数「0」にはだいぶ余裕がありますので、娘や息子の僕の安否確認としてでも役に立っていますので今後どうなるか期待しながら続けて行きますね。

  減っていく訪問者数気にするな暇は減らないつれづれブログ

今日は天皇誕生日です。国旗の日の丸のような今朝の太陽でお別れします。DSC06016
DSC06018


今日の曲は、絢香&平原綾香 I Believe





今朝の冬至の日の出(年間グランドスラム)と僕の会社の楽しい忘年会をどうぞ!

<今日の表紙>冬至の日の出のパノラマ(7時03分)
DSC05992

今朝は雲一つない快晴。この時期はお天気がいい。DSC05994
昨年もいいお天気の冬至の朝でした。12月21日(7時02分)DSC04342
マンションが建つ前のパノラマです。

今年の日の出ウォッチング年間グランドスラム(春分の日、夏至、秋分の日、冬至)は昨年と同様、春分の日と冬至だけでした。達成は来年にお預けです。

さて、昨夜は今池にある平安ふれあい会館での僕の会社の楽しい忘年会でした。DSC05912
冒頭に僕の挨拶です。DSC05910
人生には誕生日のほかにお祝いする日があります。例えば、誕生日の前の日、いわゆるバースデー・イブは、無事生きてきた1年間を感謝する日として、静かにお祝いしましょう。20代最後の日や、30代最後の日は特に特別な日です。
そして、もう一つお祝いする日として、「生まれてから何日?」というアプリで簡単に分かりますが、生誕1万日、1万五千日、2万日など区切りのいい日をお祝いしてください。僕はもう2万日を知らない間に通過して2万5千日の2019年9月21日をお祝いする予定です。そして、3万日の2033年5月11日は盛大なパーティーになる予定です。生きていることが絶対条件ですがね。(笑)うずもれた、人生の記念日を楽しむことによって少しでも今までよりも豊かな気持ちになって生きてください。

  人生の記念日いろいろあるけれど「生まれて何日」見ると増えるよ

山本社長の乾杯で宴が始まりました。DSC05923
DSC05924
美味しい料理をしばらくいただくと、司会進行役の野田君の大道芸のオンパレードです。DSC05933
DSC05941
DSC05949
DSC05963
DSC05971
ビンゴゲームです。DSC05972
楽しかった忘年会の締めは、舘部長です。DSC05977
早速、彼の新しいプレミアムデーとして、来年の12月31日が生まれて22222日目ということを披露しました。DSC05980
三本締めでお開きです。

昨日のJR勝川駅のホームから見た高速道路に沈む夕日でお別れします。DSC05902


今日の曲は、DEEN Birthday eve~誰よりも早い愛の歌~



映画「彼女が目覚めるその日まで」を楽しんで、久屋大通り公園でテレビ塔と噴水のコラボを楽しみました。

<今日の表紙>噴水とテレビ塔とセキレイ
DSC05864
セキレイは偶然画面に入ってきました。この後、像の右手に留まりました。

昨日は、いいお天気の中、矢場町のパルコ8階のセンチュリーシネマで「抗NMDA受容体脳炎」という病気に突然侵されて、いろいろな人たちのお陰で生還した女性の実話の映画「彼女が目覚めるその日まで」(原題Brain on Fire)を観てきました。DSC05880

主人公スザンナ・キャラハンを、クロエ・グレース・モレッツが熱演しています。DSC05867

発症前から、徐々に進行していく病気、原因がわからない過程での異常な行動など観客を病気の中に誘い込みます。

どういう病気かは、原題がヒントです。

実際のスザンナとクロエの2ショットです。DSC05870


12月になって映画をいっぱい観ていますが、話題の映画「スターウォーズ」はイマイチでした。DSC05873
光か闇か・・・何だかすっきりしない!
オリエント急行殺人事件は、吹替えの方が内容がよくわかります。DSC05628
話が複雑ですので字幕は油断して寝てしまいました。(涙)目が覚めた時には、ポアロがみんなの前で謎解きをしていました。

それに比べて、この映画「彼女が目覚めるその日まで」は、最初から最後までスッキリして観終わりました。

映画館を後にして、いいお天気の中、久屋大通公園を栄まで歩きました。DSC05846
冬でも緑が濃いクスノキ並木です。

公園の真ん中から見えるテレビ塔です。DSC05848
これだけでは面白くありません。

噴水が出ていました。DSC05850
テレビ塔と噴水が同じ高さなりました。(笑)DSC05853

次は、栄の大噴水とテレビ塔のショットです。DSC05862


  噴水とテレビ塔との2ショット寒さ忘れる青空の下

久しぶりに寒さを忘れて久屋大通公園を散歩しました。

マンションに帰って、夕方5時20分ごろ西の空を眺めるとお月さまが出ていました。DSC05877
繊細なお月さまでお別れします。DSC05876


今日の曲は、郷ひろみ 言えないよ


株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール