日吉神社の祈年祭のために久しぶりに車に乗ってKBAにやって来ました。

<今日の表紙>いいお天気の夜明け前の今朝のパノラマ
DSC01434

今朝は、6時前に勝川を発ってKBAに車で向かいました。

5時半ごろの空にはきれいなお月様とDSC01438
金星が近くで輝いていました。DSC01440
左下の点が金星

北陸道の神田PAから望む雪が少ない伊吹山です。DSC01443


いつもの奥琵琶湖のパノラマです。DSC01448
近くの山にはもう春が来ているようです。DSC01449


8時頃にKBAに到着です。DSC01450
田んぼは緑色が濃くなっています。DSC01452


これから祈年祭が始まりますのでKBAの垣根に留まったヒヨドリでひとまずお別れします。DSC01456

命の尊さをよく表しています。(今朝の天声人語)

<今日の表紙>プロテアスペシャルピンクアイス
DSC01345

花が開く前でもきれいです。

2月が今日で終わります。なんで2月が28日で終わるのかは、紀元前45年から使い始めた古代ローマのユリウス暦では年の始めはIanuariusと定められ、Februariusは「2番目の月」になりました。
また、ヌマ暦で日数が29日だった月は、ユリウス暦では日数が30日か31日に変更になりました。しかし、Februariusは日数を増やされず、ヌマ暦と同じ28日のままになりました。これは、Februariusには宗教的な意味合いの強い祭礼が多くあったため、混乱を避けるために日数の変更を避けたためと考えられています。こうして、それぞれの月の日数が現在と同じになりました。とあります。

  2月だけ28日何でなの?古代ローマの暦を今も

その2月最後の日の天声人語は、心が温まりました。 DSC01426
わずか268グラムで生まれた男の赤ちゃんが東京の病院で育ち、元気に退院した。DSC01427

人間は誰でも、未熟な段階で生まれてくる。それがほかの動物との大きな違いである。・・・
生を受けた後、時間をかけて多くのことを学び成長する。未熟だから弱いのではなく、未熟だから可能性がある。人間はそんな存在だったと改めて知らせてくれるニュースだった。

米国の大学のまとめでは、300グラム未満で生まれて退院した赤ちゃんは世界でこれまで23人しかいないという。多くの人の支えと、奇跡に導かれた命である。しかし、こうも思う。奇跡ではない命など、この世にあるだろうか。

  自らの心臓を抱く思ひせりまだ名をつけぬ赤児抱きて 宮里信輝

男の子もいまごろ、両手で包み込まれていることだろう。鼓動をしっかりと刻みながら。

2月最後の朝は残念ながら久しぶりの雨でした。DSC01422
でも、この天声人語を読むと心が温かくなっていい2月の終わりの1日となりました。

温かい色をした大輪桜草プリムラオブコニカでお別れします。DSC01342


今日の曲は、JUJU やさしさで溢れるように



名城公園はもう春が来ています。(つれづれウォーキング名城公園2月2019)

<今日の表紙>涼しそうな名城公園の池の噴水
DSC01377

昨日は、県スポでのバドミントンの練習前に名城公園をウォーキングしました。DSC01379

いいお天気でしたので、池の中には亀さんが冬眠から覚めてひなたぼっこ中でした。DSC01378


最初に目についたのが満開の白梅です。DSC01371
白梅の枝には、花びらを食べているメジロがいました。DSC01373
白梅と言えば、紅梅はどこ?
白梅から少し離れて紅梅も咲いています。DSC01376


  白梅と紅梅が咲き春が来たメジロが遊ぶ名城公園

ジョギングコースに沿って歩いていたら見えてきました。何が?名古屋城です。DSC01382
藤棚のある広場から撮りました。

名城公園の中のフラワーガーデンでは、可愛いしだれ梅が咲いていました。DSC01386
その隣ではロウバイが咲いています。DSC01387
青空をバックにすると本当にきれいです。DSC01389

水仙もきれいです。DSC01391
クリスマス・ローズです。DSC01392
花の下からのショットです。DSC01395
花壇一面を埋め尽くしているビオラです。DSC01396
DSC01399


早咲きの桜です。DSC01405
DSC01404


名城公園はもう春が来ているようです。

春めいて暖かい今朝のパノラマでお別れします。DSC01417
DSC01418


今日の曲は、チューリップ 青春の影


幼児虐待を扱った小説「血腫」田村和大著は、とても奥が深い。

<今日の表紙>今朝の日の出の太陽
DSC01361

今朝は暖かい穏やかなお天気でした。(6時41分)DSC01360
日の出の太陽が雲のベールをまとって昇ってきました。DSC01355
DSC01356

最近のお天気は晴れでも日の出の時間は雲が多く気温は高めで春の気配が漂っています。

2月も早いものであと3日となりました。昨日に2月で4冊目の本を読み終えました。

本屋さんで面白い本がないかなと探していたら、今年になって世間を騒がしている幼児虐待をテーマにした「血腫」田村和大著が目に留まりましたので早速買って読みました。DSC01362
幼児虐待の徴候が見られるも、その怪我は虐待か?事故か?DSC01363

警視庁から故郷の警察署に戻って来た栗秋刑事が真相を追っていきます。DSC01364


生後2か月の乳児が父親がウトウトしている間に意識を失った。病院で緊急手術をして命は救えましたが幼児虐待の徴候(揺さぶられっ子症候群)が見られたので、父親が逮捕されました。

それからのストーリーの展開が面白くて数日間で読み終えました。

生後2か月の乳児の頭に血腫ができる原因は虐待のほかに、出産時、母親の産道を通っているときに頭に圧迫を受けて血腫ができることは珍しくないそうです。しかし、大部分の血腫は2ヶ月も経つ自然治癒してしまうということです。では、虐待ではなく、この乳児は自然治癒しなかったのかを主人公の栗秋刑事が地道に調べて行きます。

そして、事件の結末は驚く方向に向かいます。事件の解決のヒントが栗秋刑事の昔の上司の言葉「結果だけではなく過程も見ろ」でした。「新幹線の駅で、授乳室のピクトグラムに哺乳瓶の絵が使われていました。その絵を見たとき、昔の上司に言われた『結果だけではなく過程も見ろ』という言葉を思い出したのです」

  物事の背景探る過程では見えないものにいっぱい出会う

著者の田村和大のセンスの良さを感じました。DSC01365


これからしばらくの間、僕のマンションの部屋のベランダから見えなくなる昨日の夕陽でお別れします。DSC01349


今日の曲は、シャネル 奇跡

杉ちゃんと一緒に優勝しました。僕はゆるゆる大作戦で久しぶりに活躍出来ました。(2019八尾グランドシニアバドミントン大会)

<今日の表紙>杉ちゃんと二人だけのJR高槻駅前での祝勝会
DSC01332

昨日は、高槻市のホテルでの目覚めでした。DSC01291
おぼろ月が早朝出ていました。
杉ちゃんが迎えに来てくれて向かった先は、八尾市総合体育館です。DSC01296


2019八尾グランドシニアバドミントン大会の開会式です。DSC01297
後援しているヨネックスの佐伯さんも元気に頑張っています。DSC01299
今回のヨネックスはシューズのPRが印象的でした。DSC01307


僕は、杉ちゃんがリーダーの「バド喜知クラブ」のメンバーとして男3人女3人の年齢合計390歳以上クラスに出場しました。

試合が始まりました。DSC01311


僕の友人の山本・森田ペアも360歳以上クラスで頑張っていました。DSC01310
というより強すぎました。

僕たちは、皆で頑張って予選リーグトップ(2勝0敗)の成績で1位2位決定戦に進みました。

このクラスでは一番若い50代の僕たちの女子ダブルスの是澤・松田ペアです。DSC01314


このクラスで一番お年寄りの杉谷(75)・河原(68)ペアです。DSC01315


そして、ハラハラドキドキのファイナルゲーム20-20(セッティングなし)で1ポイント取って勝利に貢献した阿山・岸ペアです。DSC01317


優勝決定戦では、女子ダブルスは危なげなく勝ち、阿山・河原ペアが善戦しましたが負けて、杉ちゃんと僕の男子ダブルスにかかってきました。DSC01319


杉ちゃんと僕のペアは1ゲームは取りましたが、2ゲーム目は2-8とリードされて、やばいと思いましたが、粘り強くプレーをして19-20となりました。相手のサーブをつぶして20-20。セッティングはありませんので、僕は甘くてもショートサーブを入れると決めてサーブ。よく覚えていませんが3回ほどの接近戦のラリーで相手がミスをしてくれて僕たち「バド喜知クラブ」の優勝が決まりました。

ゆるガット(13ポンド)でのドロップショットもよく決まり納得いくダブルスでした。

優勝賞品をもらっての「バド喜知クラブ」の記念撮影です。DSC01320
主催者のHPのアングルで撮りましたので、体育館の外では少しアップでもう一度です。DSC01323
そして、杉ちゃんと僕のどアップです。(笑&汗)DSC01325


  久々に皆で祝う優勝が出来てゆるゆるガットも嬉し

高槻に送ってもらう途中の近畿自動車道で見た夕暮れ時のパノラマでお別れします。DSC01329


今日の曲は、米津玄師 Lemon



名古屋駅前は「いいよね!愛・地産体感フェア」などで賑わっていました。

<今日の表紙>今日の八尾グランドシニアでの健闘を祈って乾杯
DSC01287

昨日は、午後遅い電車で杉ちゃんの住む高槻市に来ました。

今日の八尾市でのバドミントンのグランドシニア大会に出場するためです。

高槻に行く前に名古屋駅前をウォッチングです。DSC01268


ミッドランドスクエアB1では、「いいよね!愛・地産体感フェア」が開催されていました。DSC01205


水槽には、きれいな鮎が泳いでいます。DSC01193
あゆは愛知の元になっていると説明していました。「あゆちがた」~[あゆち」~「あいち」となったそうです。愛智郡が生まれ廃藩置県で愛知県になりました。愛知県は養殖アユの生産量が全国1位です。

  愛知県あゆちがたからあゆちへと愛知のもとはアユの住む場所

そして、ウナギです。DSC01194
愛知県は全国2位の生産量です。

クロダイもいました。DSC01202
クロダイは生まれたときはすべてオスで成長と共に両性となり4~5歳になると多くがメスへと性転換し、一部がオスのまま残ります。と説明していました。

身近で知らないことがいっぱいありますね。

そして、いつもの名駅前の通路の花屋さんでよく間違える花が3種類並んでいました。
まず、プリムラジュリアンです。DSC01270
そして、パンジーです。DSC01271
最後はビオラです。DSC01272


新幹線に乗って京都経由で杉ちゃんが待つ高槻まで来ました。

今日はこれから八尾市まで行ってバドミントンの試合を楽しみます。

新幹線の車窓から見えた雪が少ない伊吹山でお別れします。DSC01286
DSC01284


今日の曲は、高橋真梨子 はがゆい唇



鳥たちが仲良く集う地蔵川春の気配が漂う川辺(つれづれウォーキング地蔵川2月2019(3))

<今日の表紙>セキレイの飛んでいるショット(白で囲っている部分)
BlogPaint

胴体に比べてずいぶん羽根が大きいですね。

今朝はいいお天気の中、2月3回目のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC01224


川の中では、鴨さんとコサギさんが仲良く朝食を食べているところでした。DSC01230
コサギさんは珍しく夫婦で来ているようです。DSC01236
セキレイさんも参戦です。DSC01242
コサギさんの着水です。DSC01259
コサギさんの白さは際立っています。DSC01262
コンクリートの上にはムクドリさんです。DSC01266
そして、電線の上には
珍しいカワラヒワです。DSC01257
DSC01256


  鳥たちが仲良く集う地蔵川春の気配が漂う川辺

橋の下では、錦鯉さんのお父さんです。DSC01246
子供は暖かい水のところから動きません。DSC01247
鴨さんがのんびり浮かんでいます。DSC01249


今の時期は水仙がきれいです。DSC01244
DSC01263
そして、桜のつぼみも膨らんできました。DSC01252
桜の枝に朝日が当たってきれいです。DSC01253


青空に映える蕾がいっぱいのさくらの枝でお別れします。DSC01267


今日の曲は、コブクロ 蕾


株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール