KBAの後は、桜の名所を2か所楽しみました。

<今日の表紙>KBAでの杉谷さんとの2ショット
DSC09690

一昨日は5人でバドミントンを楽しみましたが、さすがに昨日は月曜日ということで杉谷さんと2人になりました。

午前中2人でみっちり基礎練習のあと半面のフリー。今年の1月5日の再現です。DSC06444


2人で11日から台湾でのバドミントンの試合に出かけます。二人合わせて140歳以上ダブルスと65歳以上シングルスにエントリーしています。

シャワーを浴びて、ランチを食べて杉谷さんの車で向かった先は、安曇川から30分ほど車で走ったところです。

これからが見ごろの桜の街道、海津大崎の奥琵琶湖沿いの4000本の桜並木です。DSC09693
桜のトンネルです。DSC09694
15分ほど車でドライブを楽しめます。DSC09697


  奥琵琶湖海津大崎お花見は4000本の桜街道

海津の桜を楽しんだ後は、もう帰るのかなと思いましたが、杉谷さんは彦根城へナビをセットしました。彦根城までは40分ほどとでました。せっかくのいいお天気ですので彦根城へゴー!

40分ほど走ると彦根城が見えてきました。DSC09717
DSC09715
お城が見えたころから大渋滞です。喫茶店に入りコーヒーを飲んでしばらく駐車場を借りることにしました。

ここの桜は満開です。DSC09711
お堀沿いの桜が柳の緑とコラボしてきれいです。DSC09714
桜の洪水です。DSC09705
屋形船でのお花見です。DSC09709
白鳥もお花見しています。DSC09708
堀へ落ちそうな桜です。DSC09700


ということで、昨日はKBAでのバドミントンの後、2か所の桜を満喫できました。

桜と僕の2ショットでお別れします。DSC09698


今日の曲は、山下達郎 希望という名の光




KBAの周りもすっかり春。汗びっしょりのバドミントンを楽しめました。

<今日の表紙>春霞が漂う昨日の琵琶湖
DSC09674

昨日は、レンタカーではなく、JRで安曇川までやって来ました。

途中の伊吹山も雪がなくなっています。DSC09668


連日、いいお天気です。DSC09666
DSC09665


4月11日から台湾での試合のために一緒に参加する大阪の杉谷さんと、滋賀県の仲間3人とKBAに集まりました。DSC09684


午後2時から5時過ぎまでダブルスをみっちり。汗びっしょりになって1日目を終えました。DSC09683


  気持ちよくバドを楽しみお酒飲み笑顔溢れるKBAの春

今日はこれから杉谷さんと2人で練習です。昨夜のビールが少し残っていて頭がちょっと重い。

KBAからの今朝のパノラマでお別れします。DSC09685
DSC09687


今日の曲は、コブクロ 流星

90歳で90歳の男を演じて91歳で逝く!映画「LUCKY」(老後つれづれ(12))

<今日の表紙>映画の主役ハリー・ディーン・スタントンに雰囲気が似ている地蔵川の主
DSC09487

先日、90歳のハリー・ディーン・スタントンが主役の映画「LUCKY」を観てきました。DSC09516

88分の比較的短い映画でしたが、アメリカ西部の片田舎に住む一人暮らしの90歳の老人ラッキーの日常を描いた映画です。DSC09522

淡々とした日常に、ラッキーが接する人たちとの会話の端々に一人暮らしの生き方、考え方がにじみ出て面白かったです。DSC09524
”孤独”と”一人暮らし”は意味が違う。
人はみな生まれる時も、死ぬときも一人だ。
”独り”(alone)の語源は”みんな一人”(all one)なんだ。

とにかく、悪人が全然出番がありません。ということは、騙したり騙されたりしてスリルがあるストーリーではありません。なにせ、主人公が90歳のおじいさんです。周りの友人もかなりのお年寄りです。その中でも、デヴィッド・リンチ演じるハワードとの掛け合いは心に沁みます。DSC09521
ハワードは、100歳のリクガメのルーズベルトが逃げ出してしょげかえっていました。DSC09520
しばらくして、考え方を変えたと言って元気になっていました。DSC09523

長い人生を楽しく生きる方法をさりげなく僕たちに教えてくれています。

映画の終盤では、メキシカンの知り合いの家での子どもの誕生日パーティでのメキシコの歌を90歳のラッキーすなわちスタントンが歌います。DSC09518
素晴らしくお上手でした。

ラッキーの、そして、スタントンの最も印象的な言葉です。DSC09526
そして、スタントンは昨年9月15日に91歳で亡くなりました。この映画が遺作です。

僕は、ラッキーのように90歳まで生きれたら、ラッキーだと思える人生を歩みたいですね。

僕は67歳になったばかりですが、90歳と比較するとかなり若いですね。82歳まで元気に生きれたらOKですがね。

歌は死ぬ寸前まで自分なりに上手に歌える曲があれば嬉しいです。これにはこだわりたいです。

  死ぬ前に歌を上手に歌いたい90歳のラッキーのように

僕がこの映画を観た時にもお年寄りが多かったですが、お年寄りに向いた映画です。なにせ、90歳を90歳が演じている映画です。それだけでも感動しますよ。

今日は4月1日です。4月1日生まれまでの6歳が新1年生になりますね。なぜ?

法律では、3月31日までに6歳になった子どもが新1年生になります。

実は年齢に関する法律で、生まれた日を1日目として365日経った日に1歳になるとありますので、4月1日生まれの子は3月31日に6歳になるので新1年生になるのです。嘘みたいな本当のことです。(笑)

久しぶりに笑った3月29日の朝日新聞「折々のことば」でお別れします。DSC09551


今日の曲は、徳永英明 レイニーブルー




今年も僕の一押しの花見スポット、木津根橋に行ってきました。

<今日の表紙>木津根橋での僕と桜の2ショット
DSC09617

毎年、花見の時期になると必ず名古屋市北区辻本通りの近くを流れる黒川にかかる木津根橋に行きます。BlogPaint

観てください。DSC09619
桜の花で川面が見えません。DSC09620
29日の状態ですが、これから桜吹雪が舞い散り、川面を花びらが覆い隠します。そして、花筏が現れます。

一昨年の4月5日のショットです。DSC02234
今年は例年よりも1週間以上早いですね。

  年毎の花見の時期の一押しは木津根橋から観る桜山脈

午後からは、岐阜県関市の長良川に架かる鮎ノ瀬橋の近くに行きました。DSC09634
桜のピンクと長良川に架かる鮎ノ瀬橋の赤がきれいです。

今年は3月に桜を満喫できました。幸せな3月の終わりです。

鮎ノ瀬橋から見た長良川河畔の風景でお別れします。DSC09636


今日の曲は、アンジェラ・アキ サクラ色




2週間前のリベンジが出来ました。シデコブシのウォッチングです。

<今日の表紙>昨日の築水池のシデコブシ
DSC09574

2週間前に築水池にシデコブシを観に行った時には、まだ全然でした。DSC08899


そして、昨日はいいお天気でしたので、今年2回目のシデコブシウォッチングです。DSC09552


朝早く、築水池に行くと、ショウジョウバカマが迎えてくれました。DSC09557
ヤブツバキの花は落ちても立派に咲いています。DSC09556
コバノミツバツツジのつぼみです。DSC09558

いよいよシデコブシの自生地へ近づきます。DSC09562
コバノミツバツツジが咲いています。DSC09563
そして、ツツジを越えると緑の中に薄ピンク色が広がっていました。DSC09566
シデコブシの自生地に到着です。DSC09567
ちょっとアップです。DSC09569
そして、超アップです。DSC09573
独特の雰囲気がありますね。DSC09591
DSC09577
青空をバックに気持ちよさそうです。DSC09586


シデコブシの由来は、花が注連縄などにつけて垂らす紙=紙垂(しで)に似ているからです。

  紙垂(しで)に似た花を咲かせるシデコブシ神様を呼び宴の季節

シデコブシの木の下にはミズバショウが咲いていました。DSC09581
ここのシデコブシは桜が散ってしまうまでは見ごろでしょう。DSC09576

2週間前のリベンジが出来て満足です。

ハルリンドウは、探しましたが残念ながら見つかりませんでした。ちょっと時期が早かったかもしれません。ハルリンドウの自生地への道端のコバノミツバツツジがきれいでした。DSC09605
やっぱり、緑にピンクは映えますね。

帰路での民家の庭に咲くきれいなハクモクレンと梅の花の2ショットでお別れします。DSC09613
ご苦労様と言いたいですね。

今日の曲は、ユーミン&小田和正&財津和夫 今だから





「そうかっかしなさんな」と何回も自分に言い聞かせた日でした、昨日は。(汗)

<今日の表紙>昨日の夕方久しぶりに見た青空に浮かぶお月さま
DSC09539

最近は、春霞の中からの日の出が続いています。DSC09536
DSC09534
ベランダから見た地蔵川の桜も満開です。DSC09537

ここまでは、いつもの気分のいい朝でした。

昨日は、バドミントンの練習が、午前か午後に愛知県スポーツ会館である予定でしたが、人数が集まらず没というメールが届きました。(涙)

よし、それでは、11時15分から名駅前の映画館で映画を観よう。

その前に、4月の台湾でのバドミントンの試合の費用を振り込もう。

金山駅で降りてセブンイレブンでお金を引き出しました。そして、金山駅前のS銀行へ。

S銀行では親切に振込先がM銀行でしたので、すぐそこにあるのでそっちへ行った方がいいですよ。と係の人が教えてくれました。

M銀行へ行くと、10万円以上の現金での振り込みは窓口へどうぞ。

窓口の前には、要件を聞いてくれる人がちゃんといて指示してくれます。

10万円以上ですので、身分証明書(運転免許証がベスト)が必要ですよと言ってくれました。

僕は運転免許証は車に乗るときだけに携行しますので、普通は持っていません。健康保険証を見せると、別紙に名前や住所・・・を書いて窓口に提出してくださいとのことでした。

窓口で、保険証と別紙を提出すると、保険証のほかにもう一つ公的な身分証明書を見せてください。いろいろなカードを見せてもだめでした。

結局、N銀行のキャッシュカードを持っていることを告げると、金山駅前にN銀行のキャッシュコーナーがありますのでそちらでどうぞ。

この間、20分ほどかかりました。(怒)でも、近くにN銀行のキャッシュコーナーがあってよかった。

振り込め詐欺防止のためとはいえ、もう少し窓口でお客様を判断できないものかと思います。性悪説の権化のような銀行の対応です。それと、現金での振り込みがいかに面倒くさいか思い知らされました。

なんとか、振り込みを完了してミッドランドスクエアシネマ2へ。

坂道のアポロン」は面白かったです。DSC09540


家に帰ると、旅行社からかなり遅れていた保険の書類が速達で来ていました。すぐに申込書に書いてポストへ投函。

投函してマンションの郵便受けを見ると、また同じ旅行社から速達が届いていました。違いは郵送先が前と後と違うことです。また、同じことを書いてポストへ投函。(怒)でも、間に合ってよかった。

4月の台湾での試合は、何かアクシデントが待っているような気がしてきました。(汗)

ものは考えようで、行く前にこれだけ躓いたのだからいい結果が待っていると思うことにします。
(笑)

  怒ること生きているから味わえるかっかしないで前に進もう

昨年の今ごろ、名駅前の夜を飾った桜色のイルミネーションでお別れします。DSC07279


今日の曲は、河口恭吾 桜

「桜と亀の物語イン地蔵川」が生まれて3年経ちました。今は・・・

<今日の表紙>地蔵川で一番立派な桜の木
DSC09496

昨朝も地蔵川へ桜見物に出かけました。というか、気になることがありました。

それは、この時期に登場して地蔵川をにぎわしている亀さん家族です。昨日は2匹でした。昨年までに子どもの亀さんを入れて4匹確認できています。

それはさておき、桜の咲く時期にはこの童話が似合います。「桜と亀の物語 IN 地蔵川2015」

3年前に作りました。では、どうぞ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
地蔵川の桜並木は、およそ50年前に地元の青年団の人達によって植樹されました。

今では、毎年見事な花を咲かせて桜の名所としてお花見の頃は多くの人でにぎわっています。033


そして、今では地蔵川に住んでいる生き物たちもこの時期が待ち遠しくてたまりません。

桜は桜で、多くの人たちに毎年、立派な花をみせようと頑張ってきました。

地蔵川の名前の由来は定かではありませんが、この川は大雨が降ると荒れ狂うので、お地蔵さんにお願いして鎮めてもらうようにしようとつけられたようです。

桜並木も多くの人に怖がられていた川を親しみが出来るようにとの願いを込めて植えられました。

そうすると、川には鳥たちも集まり、鯉も棲むようになりました。049


そして今年は、何と亀さんもやって来ました。041


亀さんが桜の木に尋ねました。「どうして君はそんなにきれいな花を咲かせているんだ?」056


桜の木は答えました。「それはね、お地蔵様からお願いされたんだよ。花を一斉に咲かせて自然の神様に見てもらいなさい。こんなにきれいな花の咲いている川には水害などを起こさないでねと。」

「アッ!やさしいお日様もお花見してる。」と亀さんが気付きました。093


もうすぐ、花びらが散って地蔵川の川面を埋め尽くします。そして花びらは川の中の生き物の食糧になり、葉っぱや、その葉っぱを食べる昆虫などが鳥たちの食糧になります。

亀さんは、桜の木が話すことを静かに聴きながら思いました。

僕は何と幸せな所へ来ているんだ。僕は一生君を離さないぞ。いいだろ?---どこかで聞いたことがあるフレーズですが。

桜の木がいい気持ちになっている亀さんにやさしくささやきました。「亀さん、お魚さんや鳥さんと仲良くしてね。そして自分より小さい生き物をいじめないでね。」

亀さんは桜の木に約束しました。「ありがとう!僕も君のように周りの仲間の役に立つことを探すよ。また来年きれいな花をみせてね。」

子どもたちもお父さんとお母さんに連れられてやって来ました。044
「ワアーきれい!」笑顔がはじけてお花見の季節の幕が開きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
  満開の 桜と亀の 物語 日本の春 地蔵川より

3年前は1匹だった亀さんも2016年には家族になっていました。では、「桜と亀の物語 IN 地蔵川2016」もどうぞ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
桜の木のおじさん、おはよう!今日もいいお天気だね!DSC02394


カメさん、おはよう!おじさんはそろそろ花をみんな散らして一休みするところじゃ。いままで1年で一番忙しかったのでね。DSC02413


おじさん、今朝は僕のファミリーを紹介しようと思うんだけど、いいかな?DSC02412


カメ太出ておいで。桜の木のおじさんにご挨拶しなさい。DSC02434
パパ、恥ずかしいよ!

おはようございます。カメ太です。

カメ子、鯉さんと遊んでいないでこっちへおいで!DSC02422


はーいパパ、今行くよDSC02425
。おじさん、おはようございます。カメ子でーす。DSC02430


カメさん、かわいい子供たちじゃないか、ママさんはどこにいるんじゃ?DSC02413


あそこです。DSC02437
ちょっと今、子供の教育のことで夫婦喧嘩中です。

カメさん、子供たちを立派に育てなさいよ。おじさんは、これから一休みして葉っぱをいっぱい育てて日陰を作るんじゃ。DSC02398


いつの間にか、カメさんは、ファミリーを作っていました。

桜の木のおじさんは、子供たちが立派なカメさんに育つことを夢見て、ひと眠りしました。DSC02360

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ということで、亀さん家族は2年前から4匹です。

  地蔵川桜と亀の物語花見の時期に読んであげてね

では、昨朝のウォーキングで確認できた立派に育った亀さん家族が仲良くお花見している風景でお別れします。DSC09512
DSC09513


今日の曲は、熊木杏里 桜


株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール

株式会社中日映像出版
会長