面白い映画は3回目でも面白い。「バーフバリ 王の凱旋」

<今日の表紙>菜の花と名古屋テレビ塔
DSC06263

菜の花のほうがテレビ塔よりも高いぞ!(笑)DSC06264

昨日は、お昼から久屋大通に面したパルコ8Fのセンチュリーシネマに映画を観に行きました。

少し時間に余裕があったので久屋大通公園をウォーキングしました。DSC06257
DSC06258
自粛ムードが影響しているのか人出が少ない印象です。DSC06266


名古屋の映画館は、コロナショックの影響でかなりの数の新作の公開予定が大幅に延期になってます。

したがって、過去にヒットした映画を放映していることがよくあります。そんな中の作品で、2017年12月に公開されて大ヒットしたインド映画「バーフバリ 王の凱旋」を観てきました。DSC08981
2回目は18年3月に観て、今回で3回目です。でも、もう2年も経っているんですね。

アナ雪と同じで、バーフバリ!バーフバリ!と叫んでもいい映画館も現れたと新聞でも話題になったことがありますので、少し心配になりマスク着用で観ることにしました。

僕の心配は空振りに終わり10名ほどの少ない観客で叫ぶ人はいませんでした。(汗)

スケールの大きさとアクションシーンの迫力がスクリーンいっぱいに表現されて今回も大満足でした。

  バーフバリ!さすがに静かだったけど3回観てもすごい迫力

一昨日も昨日も映画を観ましたが観客はかなり少なく快適に観れました。3月は昨日までに14本映画を観て楽しみました。3月も今日を入れてあと3日ですがさすがに満腹状態です。

4月もバドミントンの大会は中止がほとんどで映画と読書の時間が増えそうです。

久屋大通公園の菜の花と、DSC06262
JR千種駅近くの公園のユキヤナギでお別れします。DSC06256


今日の曲は、山下達郎 希望という名の光

初めてドイツの推理小説を読みました。少し疲れました。「突破口」アンドレアス・フェーア著

<今日の表紙>26日の天声人語で紹介された森上翔華さんの絵本「そらまめかぞくのピクニック
DSC06251

昨年1月の小学校の卒業式前に亡くなって、卒業式で名前が呼ばれると卒業生全員で「はい!」と声をそろえてくれたとあります。
DSC06244
DSC06245

ある絵本を読んだ。『そらまめかぞくのピクニック』。主人公は、12年で生涯を閉じた実在の少女が自分の足形から生み出したキャラクターだ。闘病中、緑色の絵の具を足裏に塗り、画用紙にあてて描いた▼作者は昨年亡くなった広島県福山市の森上翔華(しょうか)さん。5歳の時、左足にがんの一種である横紋筋肉腫が見つかった。絵は亡くなる半年ほど前から、病室で描きためた。「そらまめさん」と兄弟がお弁当を広げたり遊んだりする物語だ▼父の弘典(ひろのり)さん(45)によると、ぶらんこや滑り台が大好きで、「公園行こ行こ」とせがむ活発な子だった。「病院でも廊下をかけ回り、他の患者さんにも笑顔を振りまく人気者でした」。そんな姿に親である自分が励まされたと話す▼入退院を繰り返したが、6年生の運動会では、本番当日に練習して組み体操に出場。2泊3日の関西地方への修学旅行にも参加した。「小学校に送ると、『翔ちゃーん』と友だちが集まって手をとってくれて」と母の好江(よしえ)さん(50)は振り返る▼中学入学を控えた昨年1月、容体が悪化する。激痛に耐えながら「まだ死にたくない」とベッドの柵を握った。「友だちと出たい」と訴えていた卒業式には、同級生が遺影を持って参加。翔華さんの名前が呼ばれると、6年生全員が「はい!」と声をそろえてくれた▼絵本が出版されたのは昨年末。ページを繰ると、翔華さんの足形が躍動する。12年間の人生の足跡そのもののような絵本は、涙なしでは読むことができない。

久々に、いい内容の天声人語でした。

3月3冊目の本を昨日読み終えました。

初めてのドイツ小説です。弁護士アイゼンベルク 突破口 アンドレアス・フェーア著です。DSC06249
女性の弁護士アイゼンベルクの活躍を描いた小説です。DSC06250


初めてドイツ小説を読んで感じたことは、まず人名のなじみにくさです。主人公はラヘル・アイゼンベルク、依頼人のユーディット・ケラーマン、この二人は女性です。ラヘルの夫ザーシャ・アイゼンベルクはもちろん男性ですが、名前だけでは、僕たち日本人は女性か男性か分かりません。これだけでもなれるのにちょっと時間がかかります。そして、翻訳家のせいなのか小説家のせいなのかわかりませんが、文体が硬くてすらすらとは読めません。

それでも、後半はスリルの連続で結構楽しめました。

読み終わって思ったことは、たぶんドイツではこの小説はかなり読みやすくて人気があると思います。僕が少し硬い文体だと感じたのは国民性の違いでしょう。いつもは英語の日本語訳の小説を読んでいますので英語の名前はなれています。

小説を通じてドイツを少し知ることが出来て面白かったです。

  名前では性別不明翻訳も硬い文章ドイツ小説

とりあえず、今読み始めた小説は日本人の真山仁著「オペレーションZ」です。

名古屋市の体育施設は4月12日まで使用禁止になりましたので、当分の間は読書が大切な時間つぶしになります。

花屋さんで見かけたオレンジ色がきれいなマリーゴールドでお別れします。DSC06237


今日の曲は、あいみょん マリーゴールド



地蔵川桜咲き出しサギが舞う亀が起き出し春は本番(つれづれウォーキング地蔵川3月2020(3))

<今日の表紙>昨日の僕の部屋の大掃除で出たごみ(汗)
DSC06172

昨日は朝からいいお天気でした。DSC06164

昨年9月娘の誕生日に美味しいランチをごちそうしたお返しに朝8時から13時まで5時間をかけて大掃除をしてくれました。予想以上にごみが出ました。燃えるゴミの大サイズの袋に8袋ほかでした。
まあ、5年半も一か所で暮らしているとゴミがよく出るものだと驚いています。まあ、僕の誕生日のお祝いとしては最高でした。

ということで、晴天の暖かいお天気のなか、DSC06177
2時過ぎから3月3回目の遅いつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC06178
早速今年になって初めての亀さんたちのお出迎えです。DSC06180
気になる桜の開花状況ですが、暖かいお天気ですので今日1日でずいぶん開花した感じです。3月17日の状態です。DSC05844
そして、昨日です。DSC06189
DSC06190
DSC06191
それでもまだ2、3分咲きです。DSC06203
青空をバックにした桜はきれいですね。DSC06198
橋の向こうではダイサギさんが餌を探しています。DSC06193
そして、ツグミです。DSC06200
ムクドリです。DSC06206

桜の木の下にはムスカリがきれいです。DSC06185
こちらは、ムスカリとツルニチニチソウのコラボです。DSC06202

コロナショックはまだ続いていますが、桜は順調に咲き始めて地蔵川は春本番になってきました。

 地蔵川桜咲き出しサギが舞う亀が起き出し春は本番

僕の住んでいるマンションの花壇の満開のシュモクレンでお別れします。DSC06215
DSC06216
DSC06214


今日の曲は、松任谷由実 SWEET DREAMS


愛知県スポーツ会館(県スポ)46年間ありがとう!

<今日の表紙>あと6日でクローズする愛知県スポーツ会館(県スポ)
DSC06129

昨日は、いいお天気でしたので県スポのある名城公園へ足を延ばしました。DSC06138

八重桜がポツリと咲いていました。DSC06140
ソメイヨシノはまだ咲き始めですが、所々の木は3分咲きが見受けられました。DSC06144
DSC06149


名城公園のそばという自然にも恵まれた環境にある県スポがこの3月31日でクローズします。DSC06132
1972年に今の場所に建築されて48年間の歴史が終わります。DSC06137
僕が利用しだしてから46年です。いろいろな競技が出来る施設ですがバドミントン専用のフロアがあるのは当時から県スポしか知りません。014


コロナショックで、突然3月初めから利用できなくなっていますので、実質2月末で県スポとお別れです。

69歳の僕のちょうど3分の2の時間を県スポを利用させていただいてバドミントンを楽しむことが出来ました。50代最後の県スポでの僕です。001
一昨年めでたく1年間のバドミントン通算200日を達成したのも県スポでした。DSC09144


今は、コロナショックで県スポをはじめとして名古屋市内の市営屋内体育施設の利用はできなくなっていますので、県スポがなくなってからの世界はまだ実感できません。でも、かなり僕のライフスタイルに影響することは想像できます。

過去のブログでも、県スポが結構登場しています。最近では、昨年夏の熱中症対策ということで、個人利用を制限された怒りの内容が思い出されます。しかし、46年間の長きにわたり利用させていただいたことは感謝しかありません。

  人生の長きに渡りシャトル追い楽しめました県スポに感謝

県スポへの入り口付近にいつも緑色の葉っぱをつけて僕を迎えてくれたクスノキでお別れします。DSC06150


今日の曲は、J-Walk 何も言えなくて・・・夏 

二回目の日帰りKBAバドミントンツアーを行いました。

<今日の表紙>青空をバックにしたシュモクレンの花
DSC06098

今朝、KBAへ向かう前に僕の住むマンションの花壇で見た開花したシュモクレンです。DSC06095
花びらがきれいですね。DSC06096
DSC06097


今朝は風が強かったですがよく晴れました。DSC06090
DSC06093


そんな中、名古屋でバドミントンをしている仲間たちとKBAで2回目の日帰りバドミントンツアーに出かけました。

11時ごろKBAに着いて早めのランチを食べました。DSC06102
KBAからのパノラマです。

12時前からKBAでバドミントンのスタートです。DSC06106
DSC06104
DSC06105


4時頃までバドミントンを楽しんで4時半には帰路に着きました。

今回も、名古屋ではバドミントンをする環境がコロナショックのために閉鎖されていますので、2時間ほどかけて到着したKBAにてバドミントンを楽しみました。

4月に開催される試合も次々と中止や延期が決まっています。練習だけでも出来たらいいと思いますけれどそううまくいきません。まあ、僕にできることをするというのが今現在の心境です。

TOKYO2020も1年ほど延期になったということで、かなり長期戦になる気配が漂っています。

  コロナショックマラソンみたい長期戦KBAにて体力つける

これから僕を取り巻く環境がどんどん変わっていく感じがしますが、その時々にできることを企画していこうと思います。

KBAに向かう途中で見た風の強い時に現れる風紋が迫力ある奥琵琶湖のパノラマでお別れします。DSC06100
DSC06101


今日の曲は、スガシカオ コノユビトマレ


69歳のスタートは、浩養園のジンギスカンから・・・

<今日の表紙>浩養園での記念撮影
DSC06083

約40年ぶりのサッポロビール浩養園です。DSC06084

69歳のスタートはいいお天気に恵まれました。DSC06074
DSC06076


本来なら昨日は北海道に飛び新千歳空港の松尾ジンギスカンで美味しいジンギスカン料理を食べているところですが、コロナショックのためにキャンセルして、名古屋のサッポロビール浩養園でジンギスカン料理を味わいました。昨日のブログでも書きましたが、誕生日には、仮の最後の晩餐を食べることにしています。ということで、今年はジンギスカン料理です。DSC06081
DSC06082
ビールを飲みながらのジンギスカン料理を食べることは僕の最高の贅沢です。

69歳のスタートを美味しいジンギスカン料理で飾ってスタート出来てうれしい!

  誕生日ジンギスカンを楽しんで69歳スタートダッシュ

僕の誕生日を祝うかのような昨日の御嶽山でお別れします。DSC06077


今日の曲は、King Gnu 白日

69歳の1年間は、楽しいことをいっぱい企画して「老後天国化大作戦」を実行するぞ!(誕生日3月23日に思う事)(老後つれづれ(78))

<今日の表紙>僕の誕生日をKBA(岸バドミントンアリーナ)で昨日祝ってくれた友人たち
DSC06062

即席でしたのでケーキの代わりはお菓子です。(汗)DSC06060


一昨日、昨日とKBAで友人たちとバドミントンを楽しみました。DSC06048
DSC06047
DSC06057


夕食は、KBA専属の料理人の天ちゃんが作ってくれました。DSC06051
DSC06052
DSC06055


2日間KBAを楽しんだ仲間たちです。DSC06059


今回のKBAでのバドミントンもコロナショックでのバドミントン環境の変化に伴った僕なりの企画です。

早いもので、僕の60歳代もあと1年となりました。

3年前から誕生日には、「明日あの世に行くのなら今晩何を食べたいか?」という食事を楽しむ企画を立てています。昨年は「安曇の恵」の玉かけご飯でした。DSC02098
今年は新千歳空港の松尾ジンギスカンでジンギスカン料理を食べてスキーを楽しもうと企画していました。DSC00508_1
DSC00510_1
昨年1月の松尾ジンギスカンにて
それが、コロナショックでキャンセルしましたので、これから名古屋のサッポロビール浩養園でジンギスカン料理を楽しみます。

今年の目標は「老後天国化大作戦」です。老後を天国で暮らすように楽しく出来たらいいね!ということです。

楽しく過ごすためには、いろいろな企画を考えなければなりません。食事会やバドミントンの試合への参加など年間にはいろいろなことを考えます。

老後を楽しく過ごすには、体力、気力、企画力の3つの力が必要です。1年間この3つを健全に保ち「老後天国化大作戦」を実行していきます。

  老後では体力気力企画力3つの力天国化力

よく晴れた誕生日の朝のパノラマとDSC06074
眩しい日の出の太陽でお別れします。DSC06076


今日の曲は、吉田拓郎 いくつになってもHappy Birthday

株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール