今年も今日から涼しい、寒い釧路へ行ってきま~す。

<今日の表紙>当分見れなくなる今朝のパノラマ
DSC03228

今朝は、梅雨明け2日目ということでかなり暑い朝です。DSC03232
御嶽山がくっきり!DSC03217
そして、恵那山もくっきり!DSC03218


名古屋の週間天気予報です。DSC03234
連日の35℃が目立っています。

そして、今日から行く釧路の週間天気予報です。DSC03233

全ての日が名古屋の最低気温を釧路の最高気温が下回っています。

2年前の釧路市の観光のキャッチコピー「日本一涼しい街釧路」に惹かれて釧路へ行くようになりました。

ということで、今回で3回目です。過去2回で、たくさんの友人が出来ました。今回も友人たちとの再会楽しみです。

桂恋バドミントンクラブ(KBC)とのショットです。DSC02376


バドミントンチームウイングとのショットです。DSC02320


ということで、釧路ではバドミントンを3回する予定です。

今回も、東京から避暑にやって来たUさんとゴルフを楽しむ予定です。DSC02639


つぶ貝の刺身「つぶ刺し」がとっても美味しい炉端焼きの「かじか」の大将とおかみさんとの再会も楽しみです。DSC02508


  涼しさに人の温もり溢れてる釧路の夏を今年もどうぞ

今回の釧路と前2回の釧路との大きな違いが一つあります。僕の140歳男子ダブルスのペアの大阪の杉谷さんが僕と一緒に釧路を楽しみたいということになりました。DSC00093


どういう珍道中が待っているのでしょう?旅はとってもミステリアスな時間です。天気予報では、曇りが多いようですが(汗)

幣舞橋からの夜霧が見れるかもしれません。DSC02654_1
幣舞橋からの釧路川にかかる夜霧です。

では、明日のブログは釧路からアップします。

僕の釧路への旅を祝しているような今朝の煙突のⅤ字の煙でお別れします。(笑)DSC03220


今日の曲は、石原裕次郎 北の旅人






今朝の面白い日の出&クマゼミの声がうるさくなり出して汗が噴き出て地蔵川歩く(つれづれウォーキング地蔵川7月2018(2))

<今日の表紙>今朝の梅雨明けの夏空
DSC03176

今朝は久しぶりの晴天です。DSC03158
眩しい太陽が昇ってきました。DSC03163
DSC03164
御嶽山も見えました。DSC03166
月も久しぶりに出ていました。DSC03179
太陽が雲の中へ隠れて行きます。DSC03168
そして、出てきたらだいぶ大きくなっています。DSC03180
こんなことってあるんですね。DSC03183
大気の悪戯でしょうか?

8時過ぎに今月2回目のつれづれウォーキング地蔵川に行って来ました。DSC03184
緑色の川藻が眩しいDSC03185
亀さんが浸水したお家の状況をウォッチングしています。(笑)DSC03186
ヒョウモンチョウです。DSC03189
錦鯉のこどもがだいぶ大きくなってきました。DSC03195
鳥さんたちは今朝も見れませんでした。もう2が月半ほど見ていません。

鳥さんたちは見れませんが、クマゼミの鳴き声がうるさくなりました。鳴いている木を探しますが見つかりません。DSC03198


モントブレチアの朱色が鮮やかです。DSC03203


8時ごろでもかなり暑いつれづれウォーキング地蔵川です。汗が噴き出します。

  クマゼミの声がうるさくなり出して汗が噴き出て地蔵川歩く

川面の反射がきれいです。DSC03199


帰り道の民家の木にとまっているクマゼミでお別れします。DSC03209
DSC03210
やっと見つけた!

今日の曲は、ゆず 夏色




素麺の季節がやって来た。これから9月いっぱいは素麺三昧です。

<今日の表紙>今朝の朝日新聞朝日広告賞(一般の部)
DSC03151

えひめ飲料の課題による森久瑠美さん(20)の作品です。DSC03150

面白い発想ですね。

昨日、昨年も注文した「島原手延素麺」が届きました。DSC03140

早速開封すると、真っ白い素麺の束が目に入りました。DSC03142

夕食はもちろん素麺がメインです。DSC03143


これから9月いっぱいは素麺三昧の日々が待っています。

昨年も素麺を注文して食べました。

僕の食生活における「素麺」は、たかが素麺、されど素麺です。

昨年は素麺を食べ出してから夕食は外食をしなくなりました。それが癖になって現在まで、基本的には家で夕食を食べる習慣が身に着きました。

夏ですので、外出から帰ると、お風呂に入ります。そして、素麺を茹でて盛り付けます。その前に、勝川駅前のスーパーで買い出しをします。

発泡酒2缶と素麺とおかずで夏を乗り切ると、その習慣が定着して、素麺無しでも外食をしなくなりました。

これも、もとはと言えば昨年の素麺のお陰です。

  この僕の食生活を変えるほどたかが素麺されど素麺

美味しい素麺を食べてこれからの長~い暑~い夏を乗り切ります。

暑い夏の代表の百日紅(さるすべり)の花でお別れします。DSC03137
DSC03138


今日の曲は、サザンオールスターズ 闘う戦士たちへ愛をこめて




「C'EST LA VIE!」は思わぬ幸運に恵ま れたときに使う例外的な使い方です 。映画「セラヴィ!」

<今日の表紙>先日81歳で亡くなった桂歌丸NHK追悼番組から4年前の姿
DSC03118

品のある落語家が亡くなりましたね。

昨日観たフランス映画「セラヴィ!」もフランスの上手な超個性派俳優たちの息の合った自然と笑いを誘う素敵な映画でした。DSC03119


主人公のベテランウェディングプランナーのマックスを演じたジャン・ピエール・バクリの演技力には惚れますね。DSC03121


17世紀建造のお城を借り切った結婚パーティの準備から長~い宴をアクシデントに遭遇しても乗り切って全員がハッピーになるストーリーです。DSC03123


フランス語の「C'est la vie.」とは、フランス人がしばしば口にする決まり文句で、あえて日本語にするならば、「これが人生さ」「人生って、こんなものさ」「仕方ない」などに相当するとあります。一般にあきらめ顔、悲しそうな顔、達観した顔、むずかしそうな顔などをして言う。

映画の節々に「C'est la vie.」になりそうなシーンが出てきますが、最後に「C'est la vie!」になります。「!」が付くだけで、セラヴィは明るい声になり、思わぬ幸運などに恵まれた時に使います。

C'estは「これが~」「それが~」「vie」は「人生」のこと。

  セラヴィ!があるから今日を生きているフランス人のこれが人生

フランス語の勉強が出来ました。(笑)

映画を観に行く前に右ひざにヒアルロン酸注射を打ちに病院へ行く途中地下鉄上飯田駅を登って地上に出たところに糞まみれになった「つばめの巣あります」の張り紙が。DSC03117
上を見ると天井の隅に雛が3羽餌を欲しそうにしていました。DSC03112
強い雨の中でも餌を探しに親燕は出かけています。「C'est la vie.」

今朝の5時半ごろの地蔵川です。DSC03131
水位はだいぶ下がっていました。そんな中、1羽のツバメが餌を探しに川面を飛んでいました。DSC03133
朝早くからご苦労様ですね。「C'est la vie.」

でも、「C'est la vie.」を言い続けていると、いつか「C'est la vie!」を言える出来事に遭遇します。

ワールドカップは、フランスがウルグアイを2-0で下してベスト4一番乗りです。DSC03130
1点目のゴールシーン

C'EST LA VIE!

豪雨に耐えて咲き続けているヒャクニチソウでお別れします。DSC03135


今日の曲は、絢香 真夏の果実




僕たちとの小脳の機能差がネアンデルタール人の絶滅につながったかも?

<今日の表紙>七夕の短冊に書いた願い事
DSC03095

僕がバドミントンを楽しんでいる名古屋市北生涯学習センターロビーの七夕飾りです。DSC03097
思い思いの願い事が飾られています。DSC03098

ふと、僕が願い事を書くとしたらどんなことを書くのかな?と考えました。

11月にある全日本シニアバドミントンのシングルスベスト8に入る!

これぐらいしか想像できませんでした。(汗)

昨日の朝日新聞夕刊に、ネアンデルタール人の絶滅に関する面白い検証が書かれていました。DSC03099

4万年ほど前までには、ヨーロッパで現代人とネアンデルタール人は共存していましたが、その後姿を消して行きました。この絶滅の背景に小脳の機能差があった可能性を慶応大などが発表しています。

現代人の大脳に対する小脳の割合は13.5%。ネアンデルタール人は12.7%。このわずかな差が絶滅につながったようです。DSC03111


小脳は主に運動機能に関係すると考えられてきたが、最近は言語や思考などの高次認知機能にも関わっていることが分かってきました。この小脳の違いによる認知能力や社会能力の差が絶滅に影響した可能性もあると結んでいます。

つまり、僕たちの祖先の存在が絶滅に影響したということです。

面白い見解ですね。

  小脳の機能差という原因が今の僕たち生きてる理由

今、僕が読んでいる「ジェノサイド上」高野和明著がまさに、今の僕たち人類よりもはるかに脳が発達した新人類に対して人類がどう対処するかのアドベンチャー小説です。DSC03109
DSC03110


著者の高野和明の新人類の表現力は素晴らしく、このネアンデルタール人の絶滅に関する考え方とよく似ています。

人類の絶滅の可能性を探る1970年代に書かれた「ハイズマン・レポート」から始まっています。

絶滅の5つの可能性が書かれています。

宇宙規模の災害、地球規模の環境変動、核戦争、疫病:ウィルスの脅威及び生物兵器、そして、最後の可能性:人類の進化です。

この小説は、人類の進化が起こり現存人類がネアンデルタール人の運命のようになる可能性をモチーフにした興奮する内容です。

「ハイズマン・レポート」は小説の中の架空のレポートですが、本当のような気がします。

現実の世界は、地球規模の環境変動におびえる事例が次々とニュースになっているようです。

今日も、豪雨が西日本を襲って被害が拡大しているようです。DSC03104
今朝も雨です。

7月になって僕の目に留まった朝日新聞の3つの折々のことばでお別れします。DSC03108
DSC03107
DSC03106
僕の小脳の認知能力の結果ですかね(笑)

今日の曲は、吉田拓郎&アルフィー ある雨の日の情景 どうしてこんなに悲しいんだろう




涼しいお天気の中、楽しいゴルフが出来ました。

<今日の表紙>昨日山形のホテルの駐車場で見かけたグーグルマップのカメラ
DSC03047

グーグルマップのストリートビューを撮影する車です。DSC03045
日本中を走り回っているのでしょう。

昨日は、山形から仙台へ車で向かって、仙台郊外にある杜の都ゴルフ倶楽部で今年4回目のゴルフをしました。DSC03065

ゴルフ場近くの田園風景は緑一色です。DSC03053


スタート前に、同伴競技者の仙台の友人の村上さんとの2ショットです。DSC03055

4月に今年2回目のゴルフを村上さんとこのゴルフ場でして、接戦の末に負けていました。その時のスコアは102。

前半はパターの調子が良く47で回れました。

ホールごとに詰まっていましたので、周りの植物に目が行きます。

ナツツバキがきれいです。DSC03056
アジサイも今が一番きれいだそうです。DSC03058
DSC03059
きれいな紅葉です。DSC03060
そして、ネムノキのピンク色した花がきれいです。DSC03077
ヤマボウシです。DSC03076

植物を観ていると、道路わきに黒っぽい小動物がいました。DSC03074
野うさぎです。DSC03070
子供のようです。

  夏椿咲きて野うさぎ飛び跳ねる杜の都の文月ゴルフ

杜の都ゴルフ倶楽部は立派なアカマツが多く見られます。DSC03069


昼食をゆっくり食べて後半戦です。

心配された雨もポツンポツンで気になりません。温度も低く快適なゴルフです。

さすがに上がり3ホールは疲れからかショットが乱れて、ボギー、ダボ、+4を叩き49。

47・49の96で回れましたので、今年のベスグロでした。

村上さんにも、4月の雪辱が出来て気持ちのいい楽しいゴルフが出来ました。DSC03082


仙台空港での美味しい牛タンと、DSC03085
きれいな七夕飾りでお別れします。DSC03087


今日の曲は、さとう宗幸 青葉城恋唄
 



何故か、山形でバドミントンしました。富士山&御嶽山付きです。

<今日の表紙>暑い中、バドミントンを楽しんだ山形のクィーンクラブのメンバーと
DSC03044

今朝は、県営名古屋空港からFDAの飛行機で山形へ出発しました。DSC03014


県営名古屋空へ行く途中で見たイチローの地元への貢献イベント看板です。DSC03013
よく続いていますね。

曇り空の中テイクオフです。DSC03019
岐阜県のゴルフ場地帯が見えました。DSC03023
しばらくして、窓の外を見ると雲海の向こうに富士山が見えました。DSC03025
外人の機長のたどたどしい日本語の説明で「御嶽山が見えますよ」DSC03032
噴煙がよく見えました。DSC03031
6月13日の朝の僕のマンションから見る御嶽山の噴煙です。DSC02289

左上に富士山、右下に御嶽山です。DSC03035
富士山もくっきり!DSC03036


  富士山と御嶽山の2ショット僕が選んだ世界遺産だ

やがて、機内では山形のサクランボのPRと共にサクランボのお菓子が配られました。DSC03037

1時間もかからないフライトで山形空港へ近づくと無数のビニールハウスが見えました。DSC03038
最初は太陽光発電パネルかなと思っていました。

おいしい山形空港へ10時40分前に到着です。DSC03040


荷物用のコンベアの先頭には、実際のサクランボが出てきて驚きました。DSC03041
地元の大学の企画です。

昼食を食べて向かった先は、4月初めの山形市長杯シニアバドミントン大会の会場山形市総合スポーツセンターです。DSC09884
4月の風景です。

思い出の場所で、クィーンクラブのメンバーが練習をしていました。DSC09899
4月の試合風景です。

2時間ほど彼女たちとバドミントンを汗びっしょりになって楽しみました。

試合では照明をつけて、カーテンをしめますが、練習では、照明無し、したがってカーテンは開けっ放しです。最初は見難かったですが、だんだん慣れてきて調子も出てきました。

何故、急に山形で試合でもないのにバドミントン?

酒席での盛り上がりでついつい行くことになりました。(汗)

今日はこれから仙台で友人のMさんとゴルフをして勝川へ帰ります。

昨日の昼食で食べた、山形名物の栄屋本店の美味しい「冷やし栄ラーメン」でお別れします。DSC03042
外では行列が出来ていました。

今日の曲は、ちあきなおみ 喝采




株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール