孤独、孤愁、ひとりでの過ごし方はいろいろありますね。(老後つれづれ(27))

<今日の表紙>iichikoの11月のポスター
DSC08156

道路の真ん中下には、おなじみのいいちこです。DSC08157

そして、右下のキャッチコピーは「孤愁。」DSC08158

孤愁とは聞きなれない言葉ですので、早速調べました。

孤愁=ひとりでもの思いにふけること

晩秋の今、いいちこを友として一人でもの思いにふけるのもいいものですよ。とささやいているようです。

そして、11月17日の朝日新聞折々のことばです。DSC08094

人は大勢の人の間にあっても、というかその中でこそ孤独であると哲学者は言う。だから人は、逆説的にも孤独から逃れるために独居しもする。が、反対に、孤独を味わうために街に出もする。孤独は何かの欠乏ではなく、まぎらすよりもむしろ味わうべきもの。その意味で孤独は感情よりも知性に属し、その中ではじめて世界と確と(しかと)向き合うことができる。『哲学と人生』から。

深い言葉ですね。

僕は、6年間ほど、ひとりで生活しています。

いいちこを飲まなくてもよくもの思いにふけっています。(笑)孤愁の常習犯ですね。

孤独には、ロンリネスとソリチュードがあるとかなり前の折々のことばで教わりました。DSC07246
2016年8月8日

ロンリネスは文字通りひとりりぼっちで寂しい状態です。

ソリチュードは、ひとりぼっちを楽しむ状態です。

この折々のことばに書いていることは、そのどちらでもない方向から「孤独=ソリチュード」を説明しているようです。

寂しいという状態は本当の孤独ではないようです。

  一人暮らし孤独が友の毎日を楽しく生きる知性とともに

僕の朝の行動は、この折々のことばのように孤独を味わっています。朝起きたら日の出ウォッチングをして、朝食を食べて、ブログを書いて1日の予定をチェックする時間です。その時間は僕だけが存在するのです。

僕は哲学者ではありませんが、ひとりでの良さを毎日味わって生活しています。1日のすべての時間が一人では少し辛いですが、次の日かその次の日に誰かと会う予定があれば孤独を楽しめます。

孤独を上手に楽しむことが、老後の生活を楽しむことにつながります。

今朝の雲のないパノラマと、DSC08160
鉄塔に捕らわれた太陽でお別れします。(笑)DSC08169


今日の曲は、長渕剛 Myself



2年4ヶ月ぶりの名城公園のジョギングは秋色の中、気持ちよかった。

<今日の表紙>昨日の気持ちのいいパノラマ
DSC08118

そして、午前中の映画の前のこれも気持ちのいいJRタワーズです。DSC08119

ミッドランドスクエアシネマ2の前の花壇の観葉植物フイリアオキです。DSC08120
フイリと言うだけあって黄色い麩が目立ちます。

映画を観た後は、愛知県スポーツ会館(県スポ)でバドミントンの練習です。DSC08151


県スポ前のナンキンハゼ並木がきれいです。DSC08125


昨日は2人だけでの練習でしたが、相棒が遅れてくるとの連絡が入り、久しぶりに名城公園のジョギングコース(約1.3キロ)をゆっくりジョギングしました。DSC08126
ジョギングも久しぶりですし、このコースでは2年4ヶ月ぶりです。

超スローペースで走り、100m、200m、300mと100mごとの標識をみながら走ります。ゆっくりだと、意外と足が出ます。走り出して300mほど行くと池があります。DSC08127
春になれば桜がきれいです。と言っても今でも狂い咲きでしょうか、桜の花が咲いていました。(笑)DSC08128
紅葉もきれいです。DSC08129
ジョギングコースはケヤキ並木の間に作られています。DSC08130
落ち葉を踏みながら500m、600mと快調に、そしてゆっくりと走ります。

1キロほどになると、お花畑やコースわきのきれいな花たちが歓迎してくれます。マリーゴールドです。DSC08133
そして、シュウメイギクです。DSC08134
もうサザンカが咲いています。DSC08141
何といっても落ち葉の絨毯は壮観です。DSC08140
そして、真っ黄色のイチョウの葉も目立っています。DSC08150


  ジョギングで名城公園秋を撮るケヤキ並木の落ち葉の上で

気が付くと1周目が無事終わり、まだ走れそうでしたので2周目にチャレンジです。

2周目は、やっぱり名古屋城見物で途中下車です。DSC08144
春の藤棚見物の場所からきれいに見れました。このそばの道路の街路樹のケヤキ並木も壮観です。DSC08149


久しぶりのジョギングは、途中休み休みでしたが2.6キロを無事走り終えて気持ちがよかったです。

腰と右膝が痛いのでジョギングとはずいぶんご無沙汰していましたが、ゆっくりしたペースでの2~3キロはこれからチャレンジしていこうという気になりました。

名古屋城の金の鯱でお別れします。DSC08148


今日の曲は、あいみょん マリーゴールド

表彰状は、2位3位は要らない。会議は長かったけれど本音の要望がよかった。(愛知県社会人クラブチーム対抗バドミントン選手権代表者会議)

<今日の表紙>やっと見えだした今朝の日の出(6時38分)
DSC08117

マンションのせいで見えなくなっていた日の出が僕の部屋のベランダから見えだしました。DSC08114


昨日は、朝から映画を観て、12月から開幕する第86回愛知県社会人クラブチーム対抗バドミントン選手権大会の代表者会議兼臨時総会に行きました。

行先は、地下鉄日比野駅から歩いて5分の名古屋学院大学名古屋キャンパスです。DSC08103
最近の名古屋の私立大学は都心にキャンパスを作り出しています。名古屋学院大学名古屋キャンパスもできたばかりの新しさです。

12時半からの会議には140人近くのメンバーが集まっていました。DSC08100


大会会長の清水善勝さんのご挨拶です。DSC08102


来年度から300円個人負担が増える趣旨説明があり、予想外に臨時総会が長引きました。

体育館使用料やシャトル代、来年10月から実施予定の消費税10%など運営費が増える要素が目白押しです。

続いて、リーグ戦の運営についての説明がありました。

質問や要望がかなりありました。その中で、全部の順位が確定していなくても、1、2、3位が確定していてば、表彰式をやってほしい(現在はリーグの全部の試合が終わってから表彰式)。1位以外、2位3位の賞状はいらないので考えてほしいという意見が印象的でした。
結論は出ませんでしたが、検討するとのことです。

これは、参加メンバー全員の本音を言っているのではないかと思いますので、すぐに実現してほしいです。

そもそも、リーグ戦は1位と6位(2部、3部は5位も)が最も影響を受ける試合です。1位は上位の部に上がり、6位は下位の部へ落ちます。2位、3位は賞状をもらってもそんなにありがたいと思っていません。団体戦なので、要望を言った人の思いと同じで、賞状の置き場にも困ります。運営側も作業量が減り、表彰は1位のみとなればそれ以外のチームは表彰式を待たずに帰れます。

ということで、かなりのグッドアイデアですので是非実現してほしいものです。

いつもそうグッドアイデア現場から表彰状は優勝のみへ

そんなことで、僕の予定からは大幅に長引いて結局新規登録やメンバー変更などの手続きもあり大学キャンパスを発ったのは4時過ぎになり、県スポでの練習は断念しました。(涙)

帰り際に、役員の人たちへ1月20、27日に行われる愛知県社会人選手権大会での線審を勝者の人も必ず手伝わせてほしいと要望しました。昨年の大会で、社会人クラブチームの人は勝っても線審を手伝っていましたが、男子実業団の有力選手たちの多くは勝ったら線審を手伝うことなく、敗者のみでの審判(シングルスでは主審ひとり、ダブルスでは2人)で次の試合が行われることが多かったのを目のあたりにして驚きました。有力実業団選手のマナーの悪さにあきれるばかりでした。勝者も次の試合の線審を手伝うという当然のことをなぜできないのか?
全日本シニアのような参加料5000円の大会では専門の主審、線審が用意しています。勝者は審判をしなくていいのですが、参加料1800円の試合ですので、勝者も審判を手伝うのが当たり前のマナーです。

名北クラブも、新規登録者が2人いて、若返りが進んでいます。といっても年寄りも頑張っていますがね。(笑)

昨夜のきれいなお月様でお別れします。DSC08107


今日の曲は、スキマスイッチ Revival

今治から帰ったら、名古屋の夜はすっかりクリスマスモードでした。

<今日の表紙>クロガネモチの実
DSC08052

福山城入り口横の歩道にクロガネモチ並木が赤い実をいっぱいつけていました。DSC08051
DSC08053


昨日は、一昨日と逆コースで名古屋へ帰って来ました。

しまなみ海道を渡るときは、高速バスの運転手さんの真後ろの席で景色を楽しめました。DSC08026
DSC08019


福山に着くと、50分ほど時間がありましたので、福山ラーメンでランチです。DSC08043
醤油味で細麺。あっさりしていて美味しい。そして、福山城の入り口まで散策しました。DSC08045
DSC08057


新幹線のさくらとひかりを乗り継いで名古屋へ2時半過ぎに到着です。途中の伊吹山です。DSC08062

家に帰るには早すぎますので、ミッドランドシネマで映画鑑賞です。

その前に、名駅前通路の花屋さんでは、きれいなシクラメンの競演です。フラワー大賞グランプリに輝いたシクラメン「江戸の青」です。DSC08068
そして、シクラメン「マジェンタ」です。DSC08070
そして、シクラメン「シューベルト」です。DSC08071


  シューベルト江戸の青からマジェンタとシクラメン映える秋から冬へ

3時からの映画は、東野圭吾原作「人魚の眠る家」です。DSC08093


プールの事故で脳死状態となった幼い我が子をITの力で生かし続けるうちに様々な問題が浮き彫りになってくることを夫婦で解決していきます。DSC08090
主人公の夫婦には、篠原涼子とDSC08091
西島秀俊です。DSC08092

感動のラストが待っていました。

映画を観終わると、すっかり夜の景色になっていました。DSC08080
DSC08082
名駅前の夜はすっかりクリスマスモードです。

素敵な夜のJRタワーズでお別れします。DSC08085


今日の曲は、映画「人魚の眠る家」の主題歌 綾香 あいことば




福山城からしまなみ海道を通って今治城へ。

<今日の表紙>新幹線の車窓から望む昨日の伊吹山
DSC07938

昨日は朝から素晴らしいお天気でした。御嶽山もばっちり!DSC07927

昨日は、朝早くから半年ぶりに今治の友人に会いに出かけました。

新幹線で福山まで行って、バスでしまなみ海道を渡って今治に行く行程です。

京都駅をでると、東寺の五重塔が見えました。DSC07942
京都から広島へ行く外人さんたちがいっぱい乗ってきました。

ウトウトしながら福山に11時10分ごろ到着です。

福山駅からは、福山城が目の前に見えます。DSC07946
桜の木が色づいてきれいです。DSC07944
DSC07945
DSC07947


福山駅のバス乗り場近くはバラ園が広がっています。DSC07951
DSC07959
DSC07960


11時05分発の今治行の高速バスに乗り込んで、しまなみ海道をドライブします。DSC07966
車窓から観る島々は紅葉がところどころに見えてとってもきれいです。DSC07971

いろいろなタイプの吊り橋があり面白いですよ。DSC07968


最後に来島海峡を渡り今治へ到着です。DSC07979

今治駅に着くと友人が待っていてくれました。

今治のきれいなケヤキ並木通りです。DSC07989
DSC07992

ケヤキ並木通りを通って左折すると今治城へでます。

お堀に満々と水を湛えたとっても優雅な今治城でお別れします。DSC07993
DSC07994
お堀の水は海水です。

  満々と水を湛えて晩秋の瀬戸内海に今治城のぞむ
  
今日の曲は、レーモンド松屋 来島海峡


鈴なりの柿の実ナンテン目立つ朝季節の流れやっと晩秋へ(つれづれウォーキング地蔵川11月2018(2))

<今日の表紙>昨朝のマンションからの日の出前
DSC07888

最近は、マンションに隠れて日の出が見れません。DSC07887
あと少しの辛抱です。

よく晴れた昨朝、11月2回目のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC07893

地蔵川沿いの公園ももうすぐ長かった工事が終わります。DSC07892


桜の葉っぱもすっかり紅葉しています。DSC07899
柿の木には柿の実だけが鈴なりです。DSC07900
こちらはナンテンの実が鈴なりです。DSC07915


  鈴なりの柿の実ナンテン目立つ朝季節の流れやっと晩秋へ

地蔵川沿いのセイタカアワダチソウは何故か背が低いです。DSC07909
ススキの方がだいぶ高いですね。
オシロイバナも黒い種を付けています。DSC07906
この黒い実をつぶすとオシロイのような白い粉が出てきます。ヒャクニチソウはまだまだ元気に咲いています。DSC07911


いつもの橋の下では、白い鯉さんが元気です。DSC07905
ほかの錦鯉さんたちは見当たりません。
少し離れて、地蔵川の主のアオサギさんが静かに餌を探しています。DSC07903


しばらく歩いていると、実はダイサギさんと鴨さんたちが仲良く餌を探していました。しかし、写真を撮る前にダイサギさんが飛び立ってしまいました。DSC07913
鴨さんだけのショットです。残念!

9月6日のつれづれウォーキング地蔵川のダイサギさんのショットでお別れします。DSC05434
DSC05438


今日の曲は、福耳 八月の夢

ビートルズもすごかったけれどクィーンもかなり、かなりすごいね!映画「ボヘミアン・ラプソディ」

<今日の表紙>ミッドランドスクエアB1広場のクリスマスツリー
DSC07872

もう街中はクリスマスモードになってきています。

先日、ミッドランドスクエアシネマでクイーンの伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観ました。DSC07879


ボーカルのフレディ・マーキュリーを中心とした「クイーン」の映画です。DSC07874
主演のラミ・マレックです。
映画のタイトル「ボヘミアン・ラプソディ」は、クイーンの1975年の歌ですが、ボヘミアンとは社会の規範にとらわれずに自由放浪的な生活をする人。ラプソディとは、自由形式の器楽曲とありますので、まさにクイーンのメンバー、特にフレディ・マーキュリーの生き方そのものを表しています。DSC07878


映画の中のクイーンのメンバーです。DSC07876
そして、クイーンのアルバムの写真です。DSC07875
DSC07877


映画終盤のロンドンのウェンブリー・スタジアムで開催された「ライヴ・エイド」でのパフォーマンスは最高でした。

クイーンの音楽をたっぷり聴けて、1070年代~80年代の社会の音楽をリードした雰囲気がプンプンする懐かしい、そして新鮮な感覚に陥りました。2時間15分が短く感じました。フレディ・マーキュリーの人生のように。

音楽の歴史を変えたフレディの力みなぎるボヘミアンラプソディ

昨日のきれいな夕暮れ時のパノラマでお別れします。DSC07881


今日の曲は、Queen Somebody To Love



株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール