「ゆるゆる大作戦」は早くも失敗に終わりました。(涙)(ニュージーランドつれづれ(6))

<今日の表紙>オークランドのランドマークのスカイタワー(328m)
DSC08768

昨日は、朝からバスに乗りワールド・マスターズゲーム2017のバドミントン会場へレッツゴー!

2駅ほど早く降りたので30分ほど歩いて何とか、会場のオークランド・バドミントンスタジアムへ到着です。DSC08773


割りとこじんまりした建物で、バドミントン専用コートが12面ありました。DSC08774
そして、照明はコートの両サイドの上から蛍光灯で照らしていて眩しくありません。DSC08833
KBAと同じです。

僕の昨日のスケジュールは、シングルス1試合、ミックスダブルス1試合です。

シングルスで、早速「ゆるゆる大作戦」開始です。12.5ポンドのゆるゆるのラケットを使いました。DSC08788
僕のパスポートネームはまだ宮津です。(汗)

ニュージーランドの人との試合です。DSC08794
1ゲーム目は楽にゲット。2ゲーム目はスマッシュとクリアーが遅いのを慣れられて、相手が粘って来ました。20オールのセッティングをものにできなくて1-1。勝負はファイナルゲームになりましたが、スタミナが尽きて1-2の負け。(涙)DSC08798


昼から三重県の秋山さんと組んニュージーランドのペアとのミックスダブルスに臨みました。

最初は、ゆるゆるのラケットで勝負していましたが、11点を先にとられてしまいました。ゆるゆるを意識して加減しながら使っていたのが原因で、僕本来のプレーが出来ていないことに気づきました。

  ゆるゆるのラケット使い初試合僕の気持ちもゆるゆるのまま

途中から、僕の23ポンドで張ったラケットに交換すると、こちらのペースになり逆転で1ゲームをゲット。2ゲーム目もこちらのペースで試合をして2-0で初勝利です。DSC08811_1
身長差がすごい!

このスタジアムには、バドミントンの懐かしい昔のラケットが展示されていました。DSC08812


僕たちのチームのまとめ役の杉谷さんと宇野さんのペアは、早くも決勝トーナメントへコマを進めました。DSC08784


いつもファッションセンスが抜群の奈良の山本さんも順調に勝ち残っています。DSC08804
僕たちのチームの川口さんと山本さんのペアです。DSC08820


僕たちのチームのもう一人の歳島さんは、カナダの強豪をファイナルゲームの末に下しました。DSC08834


朝早くから、夜9時過ぎまでの熱戦が29日まで続きます。

今日の僕は、シングルス、ミックスダブルス、男子ダブルス各1試合をします。もちろんいつものラケットで戦います。

ゆるゆるラケットは、パワーが溢れる人の方が向いているのかな?

夜のきれいなスカイタワーでお別れします。DSC08837

テカポの星空ツアーからバドミントンのオークランドへ(ニュージーランドつれづれ(5))

<今日の表紙>昨朝のテカポ湖の夜明け前(6時50分)
DSC08712

金星と月が別れを惜しんでいるようです。DSC08711

きれいな朝焼けです。DSC08715
7時15分には善き羊飼いの教会に観光客がちらほらDSC08727


一昨日の夜9時頃から星空ツアーへ出かけました。テカポを見下ろす標高1000mほどの天文台へ行きました。

一昨日の夜は、曇ったり晴れたりして星が見えたり見えなくなったりで忙しい空模様でした。それでも、ガイドさんの星空の説明で南十字星や木星、さそり座、天の川などが比較的はっきり見えました。

現役の天体望遠鏡との2ショットです。DSC08707


2、3日前にはオーロラが見えたとのことです。(涙)

昨日は7時半にホテルを出発してクライストチャーチの空港へ向かいました。

途中の霧の中から出現した太陽です。DSC08729
神秘的ですね!

11時前に無事空港へ到着。日本では珍しい球根ベゴニアが咲き乱れていました。DSC08740
普通のベゴニアの花より3倍ほど大きい感じです。DSC08739


現地旅行社の曽我さんと3時間ほどの間、楽しい会話を交わしてオークランド行きの飛行機へチェックインです。DSC08742
曽我さんとFBの友達にもなり、もしもう一度ニュージーランド旅行をするときにはお世話になりますねと約束してお別れしました。

オークランド行きの飛行機の窓からのきれいな景色です。DSC08747


1時過ぎに無事オークランド空港へ到着です。DSC08753
そして国内線ターミナルへ向かいます。DSC08754
おっと、これは国際線でした。

国内線ターミナルはこちらです。DSC08755


2時半過ぎに、オークランドのホテルへ到着して、チェックイン後ワールド・マスターズゲーム2017の受付会場へゴー!DSC08760
DSC08758
入り口での平均年齢約70歳の年寄りの3ショットです。(笑)DSC08757


無事受付を終えて、今日12時半からいよいよ僕のバドミントンの試合が始まります。

ゆるゆるの12.5ポンドのガットを張ったラケットで頑張ります!DSC08354


  ゆるゆるのラケット使うマスターズワクワクするは試合前まで

今日の試合の検討を誓った僕たちのメンバーの夕食の乾杯でお別れします。DSC08763


マウントクックの朝焼けからテカポ湖まで(ニュージーランドつれづれ(4))

<今日の表紙>雲の髪飾りを付けたマウントクック
DSC08638

昨日の一瞬の出来事でした。

昨日の朝は暗い中、三日月のそばに宵の明星が輝いて夜明けが始まりました。DSC08593
マウントクックの横の雲がピンク色に染まります。DSC08597
そして、夕焼けと反対側の斜面がピンク色に染まりだしました。DSC08603
だんだん明るくなります。DSC08606

そして、ホテルの近くのマウントセプトンを見れば、朝日を浴びて光っていました。DSC08611


マウントセプトンの迫力ある氷河をどうぞ!DSC08629
DSC08628


昨日は、マウントクックの頂上付近には、雲がかかったり、すぐに消えたりの大忙しの1日でした。DSC08620


午後2時半にマウントクック近くのホテルを後にして、星空のきれいなテカポへとバスの旅です。

マウントクックの見納めのプカキ湖からのパノラマです。DSC08652


  様々な姿拝めた二日間マウントクックオーラありがとう

約1時間のバスの旅でテカポ湖へ到着です。DSC08660


湖畔の紅葉がきれいです。DSC08671


テカポ湖畔のホテルへチェックインして、有名な善き羊飼いの教会へ散歩に行きました。DSC08672


教会へと続く橋を渡ります。DSC08662


そして、教会に到着!DSC08667
かなり小さい、そして可愛い印象です。

夕暮れ時になっても、観光客で大賑わいです。DSC08679
観光客がいっぱいの教会よりも、美しい星空をバックにした教会が有名です。DSC08694


昨夜は9時からテカポの有名な星空ツアーに行きました。明日のブログで・・・・・

夕暮れ時のテカポ湖のパノラマでお別れします。DSC08687





美しいマウントクックの夕焼けが見れました。その前にタスマンバレイツアーをどうぞ!(ニュージーランドつれづれ(3))

<今日の表紙>タスマンバレイから望むマウントクック
DSC08538

マウントクックの近くのホテルに12時半ごろに到着して、お天気がいいのでオプショナルツアーのタスマンバレイツアーに行ってきました。

僕がこの車で石ころだらけの道を登って行きます。DSC08525
というのは嘘で、後部座席に乗りましたが、乗り心地は最悪。シートベルトをして手すりを捕まえていないと体がバウンドしてしまいます。DSC08547


途中で車を降りて、山道を7分ほど登ります。DSC08529
登り終えて目に入った景色は、ニュージーランド最大のタスマン氷河が作った大きな池です。DSC08531
50年前にはこの池の先まで氷河でした。DSC08536
下りの景色です。DSC08542
ちょっと怖~い!

お尻が痛かったけれど面白い体験が出来ました。

ガイドさんが言うには、この地域がこんなに晴れるのは1年間で40日ないので運がいい日です。

ニュージーランドつれづれ(2)を書いているときに窓の外を見ると、マウントクックの夕焼けが始まっていました。DSC08558
DSC08560
赤い部分が広がっていきます。DSC08562
クライマックスです。DSC08565
そしてみるみるうちに薄くなって行きました。DSC08568
この間18分ほどでした。そして、夜の闇に包まれてしまいました。DSC08582
DSC08583


  夕焼けに赤く色づく氷河着て静かに眠るマウントクック

青い空と白いマウントクックと手前の黒い山のコントラストがきれいなパノラマでお別れします。DSC08556

クイーンズタウンからマウントクックへのバスの旅つれづれ(ニュージーランドつれづれ(2))

<今日の表紙>昨日、クイーンズタウンの鉄板焼きバー「楽(たのし)」で
DSC08406

ニュージーランドのエマーソン生ビールです。牛のたたきがとっても美味しかったです。DSC08407


昨日は、クイーンズタウンのホテルから見るワカティブ湖の夕暮れを観ながらおやすみをしました。DSC08421


今朝は、まだ夜が明けきらない7時半にバスでマウントクックへ出発しました。

途中で、ガイドさんがバンジージャンプをビジネス化した初めての場所を教えてくれました。DSC08440
DSC08441
僕はバンジージャンプが得意中の得意というのは嘘で、死ぬまでやるつもりはありません。

ポプラ並木の紅葉がとってもきれいです。DSC08466
ドウダンツツジに似た木の赤もきれいです。DSC08487


ニュージーランドはワインが有名です。ワイン用のブドウ畑です。DSC08446


朝日を浴びた山と青い空がきれいです。DSC08450
今日も素晴らしいお天気になりました。DSC08477
そのいいお天気の中、ヒツジが気持ちよさそうです。DSC08480
ニュージーランドの人口は470万人、ヒツジは3000万頭だそうです。DSC08511
雄大な景色が広がっています。

プカキ湖から望むマウントクックです。DSC08498


雪のようですが、氷河を頂いた山です。DSC08504


途中、休憩を挟みながら、12時30頃マウントクック近くのホテルへ無事着きました。DSC08519
ホテルの部屋から望むマウントクックです。マッターホルンによく似ている気がします。標高3724mのニュージーランドで一番高い山です。

  太古から氷河をまといそびえたつ神が宿るかマウントクック  

お天気のいいうちにということで、2時半から、オプショナルツアーに出かけました。

その模様は明日のブログで・・・・・

ニュージーランドの国旗でお別れします。DSC08489







株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール