早くも、半年が過ぎました。半年つれづれ2016

<今日の表紙>今からが本番の蓮の花
DSC05381

この蓮の花は、昨日の地下鉄新栄駅のそばの花屋さんの外の鉢植えでした。DSC05383


そのほか、ユリの花が売られていました。DSC05385


鮮やかなトルコキキョウです。DSC05386
そしてもうすぐ主役の座から退場するアジサイもきれいです。DSC05384


今日で6月が終わります。

時の速さに驚きます。

1月1日から数えて182日です。あと今年は184日あります。

今まで半年を振り返ることはありませんでしたので、今日のブログは今年の半年を振り返ります。

といっても、すごく大まかにです。

1月3日にブログで今年の目標「今年は高齢者として初めての年です。わくわくする自分でありたい!」を宣言しました。

2月21日に北海道のサホロへスキー旅行に行った時からテレビ(番組)を見ないことにしました。(今も継続中)006


2月末で、仕事からほぼリタイアしました。006
お祝いとして、5月4日に娘と息子から「岸ブログ」をプレゼントされました。DSC03189


3月1日の祈年祭は大雪の中でした。022


3月3日に僕の実兄が68歳で突然亡くなりました。036
031


3月23日に僕が65歳になって高齢者の仲間入りしました。DSC01713
同じ誕生日の年下の田村さんとのバースデーショットです。

4月14日、16日の熊本地震で別府の実家も壊れて、兄の四十九日に行けませんでした。DSC02615
DSC04687
DSC04688


5月8日の母の日の天声人語に感動しました。DSC03435
DSC03436


6月11日の兄の百か日で実家に行きました。DSC04718


ざっと、こんなことが思い出されます。

ブログを書いていると半年間のことが、意外とよく表現できますね。

テレビ(番組)を見なくなったことが、時間の使い方にじわじわっと影響している毎日です。

読書、音楽鑑賞、ネット、ブログに使う時間が増えています。

後の半年が明日からスタートします。

どれだけわくわくするか今から楽しみです。

半年は 短いけれど あれこれと 喜怒哀楽の 話題は尽きぬ/span>

煙突の煙が主役の昨朝のパノラマでお別れします。DSC05376


今日の曲は、松田聖子 白いパラソル






今年も「寒ざらしそば」を食べることが出来ました。(荘川の蕎麦正にて)

<今日の表紙>今が旬のルドベキア
DSC05349

昨日の朝、雨に濡れたルドベキアがきれいでした。DSC05350
タチアオイの花もすこしお辞儀をしていました。(笑)

昨日は、午後から高山市荘川町の「蕎麦正」に、ここ数年恒例の寒ざらしそばを食べに行きました。DSC05366


東海北陸道の荘川ICを出て約5分で蕎麦正に着きます。

オーナーの三島正さんとは、2012年2月に鷲ヶ岳スキー場の近くのお寿司屋さんで偶然会ってお友達になりました。003
005
004
お互い今より4歳若い写真です。

その時に、寒ざらしそばのことをPRされて以来、毎年欠かさずこの時期に訪問しています。DSC05360


寒ざらしそばは、清流の庄川に極寒の時期の1月後半から2月前半にそばの実を浸けて、それから寒風にさらして、6月1日から解禁、6月後半で売り切れとなる有名なそばです。

極寒の清流にそばの実をつけると、旨味と甘味が増して独特の美味しいそばが出来上がります。

今年は、6月の前半から今まで珍しく忙しかったので昨日の訪問になりました。

一昨日蕎麦正に電話してまだあることを確認しました。DSC05362
先週末のお天気が悪かったことが原因とのことでした。

今回は、僕の飲み友達のNさんと一緒に出掛けました。

三島正さんとNさんと寒ざらしそばの3ショットです。DSC05358


とっても美味しい寒ざらしそばです。今回は特に美味しい!DSC05355
岩魚の姿煮です。DSC05354
山菜の天ぷらです。DSC05356


蕎麦正の下を流れる清流庄川です。DSC05352
アユ釣りをしています。DSC05351


もう一人の三島正さんとのショットです。DSC05365
今では、もう一人の方が人気があるようです。(笑)

そして、Nさんとのショットです。DSC05364
Nさんは、そばが好きで三島さんにいろいろ質問です。そして食べ終わると、この寒ざらしそばは最高、はるばる来てとてもよかったと言ってくれました。

  極寒に そばの実浸けて 甘味出す そばの荘川 寒ざらしそば

荘川ICの近くの「桜香の湯」で見た、ヤマメの稚魚と1年後の姿でお別れします。DSC05369
DSC05370


今日の曲は、昨日に続き 井上陽水 氷の世界


「愛の傘」は終わりますが、「友愛の傘」はいつまでも・・・・・一昨日の天声人語に思うことつれづれ

<今日の表紙>バドミントンに新兵器(?)
DSC05310


一昨日、バドミントンの練習で、愛知県スポーツ会館に行くと、愛知淑徳大学のバドミントン部の人達が練習をしていました。

何と、フォームのチェックにスマホをネットにひっかけていました。

2000円でネット通販で購入したとのことです。DSC05308
KBA62でも採用を検討します。

一昨日の天声人語で福井市の仁愛女子高が10年前から続けた傘の無料貸し出し活動「愛の傘」を終えることになったことを書いていました。DSC05299


やめる原因は、借りたまま返さない人が多すぎたことです。

2007年夏、突然の雨でずぶぬれになったお年寄りを見た生徒の声で始まりました。DSC05297


貸し出しですので、当然戻してくれることが条件です。しかし1か月後までの返却率は1割。

いろいろな対策を練ったようですが、ほとんど効果なし。

10年続けましたが、ほかのボランティア活動に力を入れることにしたということです。DSC05298


この天声人語で気になるところは、最後の60本(累計1100本)を今月駅やホールへ運んだ生徒の竹内さん(17)の言葉です。

「あきらめました」と言いつつも残念そう。「傘のことだけで言うなら、人の性善説よりも性悪説のほうがあてはまる気がします」

借りて返さない人があまりに多いので、性悪説という言葉が出てきたのでしょう。

でも、本当に返さない人は悪いのでしょうか?

「愛の傘」は、なくてはならないものではなかったのでは?

そこに傘をおいていなければ傘をかりることもなかった。しかし雨は降っている。誰でも借りようと思いますね。でも、借りたら返さないといけないと思うと、雨に濡れることを選択する人もいるでしょう。どうぞご自由にと書いているだけでしたら誰でも利用しようと思います。

もともと、雨が降るかもしれないのに、傘を持って行動しないということは自己責任です。

性善説とか性悪説とかを論ずるようなことではないような気がします。

僕が、よくブログに書いた、地下鉄大曽根駅の「友愛の傘」はボックスだけあって、そこに必要のない傘を入れる人、雨が降ってその傘を利用する人が誰でも自由です。(ブログ参照

一応、すごく小さい字で、「ご利用後は返却下さるようお願いします。」と書いていますが、考えた人はまちがいなく多くの傘の循環がこの「友愛の傘」で行われればハッピーだと考えたと思います。

僕の会社にあった15本ほどのいらない傘を、その「友愛の傘」に入れました。004
昨年10月23日に最初の8本を入れた状態です。

僕は、少々の雨が降ってもあまり傘を持ち歩かないので、度々「友愛の傘」を利用します。

福井と名古屋では、条件が違うと思いますが、傘が安い今の時代では、家庭や職場で余っている傘を「友愛の傘」へ入れる知恵を絞った方がいいと思います。

地下鉄大曽根駅の「友愛の傘」には晴れた日に多くの傘が入っていることもよくあります。DSC05315
晴れた日の一昨日の夕方です。

その逆で雨の日には、空っぽがよくあります。

この駅を利用する誰かと誰かが「友愛の傘」でつながっているのです。

竹内さん、傘はよく捨てられるけれど、人間は捨てたもんじゃありませんよ!

僕が会社の中心でビジネスをしていたころ、いろいろなアイデアで新商品を開発しましたが、ヒットする商品は1割あれば上出来でした。

返却率1割の「愛の傘」とよく似ています。

自分は、すべての商品に愛着がありますが、世の中はそうはいきません。

それが世の中です。

「愛の傘」も、この世の中で消える商品の一部のようです。

でも、必ずその商品の次の商品、いや世の中の認められる商品のヒントになるように、高校生が大人になるためのヒントに「愛の傘」が生きると思います。

明日、久しぶりに玄関に置いているいらない傘を地下鉄大曽根駅の「友愛の傘」に持って行きます。

  傘がない 雨が降っても 傘がない 濡れてまいろう 太田道灌

山道で突然の雨にあった時若き日の大田道灌。山道の途中にあったあばら家に住んでいる若い女性に「傘(蓑)を貸してほしい」と頼んだ太田道灌。その女性が太田道灌に対して詠った歌です。

  七重八重花は咲けども山吹の実の(蓑)一つだになきぞ悲しき

この歌の意味が分からず、雨に濡れて怒って帰った太田道灌は、のちに歌の意味が分かり愕然として学問にはげんだと言います。

昨日の天声人語の最後を飾った奥村晃作の短歌でお別れします。

  結局は傘は傘にて傘以上の傘はいまだに発明されず

今日の曲は、井上陽水 傘がない

株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール