若者たちは、12時まで練習していました。年寄りは1時まで飲んでいました。(名北クラブKBA62合宿)

<今日の表紙>今朝のKBA62からのパノラマ
DSC00234

昨日、今日と僕が監督をしているバドミントンの名北クラブの合宿をバドミントン専用体育館 岸バドミントンアリーナ(KBA62)で行っています。DSC00214


昨日の午後1時に現地集合です。

途中の奥琵琶湖の景色です。DSC00196
朝10時半ごろです。

ずいぶん涼しくなりました。

途中の道の駅で見かけたジャンボかぼちゃ(観賞用で食べられませんと注意書き)です。DSC00197


1日目は、名北クラブ9名、滋賀県人3名の敬12名の参加で始まりました。DSC00218


20代の若者から僕のような60代までいろいろな年代が和気あいあいにバドミントンを楽しみました。DSC00211
DSC00212


1部は6時終了で、僕の親戚の丸三旅館のお風呂に入り、宴会の始まりです。DSC00219


僕からの仙台の牛タンの差し入れです。DSC00221


若者4名は何故か、ビールを飲みません。

年寄りは、だらだらとビールを飲みながらバドミントン談義です。

途中から若者たちは、KBA62で再び練習を開始。DSC00223


年寄りたちは、KBA62で飲みなおしです。DSC00228


リオ2016の会場内で販売していたビールについていたオリジナルカップです。DSC00227


  年寄りは 口を動かし 若者は 体動かし バドを楽しむ

そして、12時前になってやっと練習が終了しました。DSC00232
KBA62の新記録です。

今朝は9時から練習が始まりました。DSC00237


年寄りが元気です。若者は昨夜の練習疲れでしょうか、かなり眠たそうです。

僕は、かなり飲み過ぎたせいでしょうか、まだ頭が痛い!

ということで、ブログを書いています。

年寄りになっても、いろいろな年代の友人とバドミントンを楽しめることは嬉しいですね。

もう10時です。そろそろ、僕も練習に加わってきます。

KBA62の裏庭に咲いているヒガンバナでお別れします。DSC00236


今日の曲は、ゆず 友達の唄








この宇宙での、人間とは、恋愛とは・・・涙(映画「ある天文学者の恋文」)

<今日の表紙>9月11日以来久しぶりに顔を見せてくれた今朝の太陽(5時50分)
DSC00188

やっぱり、人間は、太陽が好きなのですね。久しぶりに見るとホッとします。DSC00186
すぐに消えました。(涙)DSC00192


先日、伏見ミリオン座で公開された映画「ある天文学者の恋文」を観てきました。DSC00152


かなり難しいストーリーの映画でした。

大学の有名な天文学者の教授とその教え子(若くないですが)のラブロマンスです。

主役の天文学者エドワーズにはジェレミー・アイアンズが物静かな中に理知的な雰囲気を醸し出しています。DSC00153


教え子は、仕事がスタントウーマンで、過激なスタントシーンが映画に数回登場します。

その教え子エイミーには、オルガ・キュリレンコがハードなアクションと天文学を学ぶ学生として熱演しています。DSC00154


天文学者のエドの死をエイミーは、大学の講義中に突然知りました。DSC00155


エドは、自分の死がいずれエイミーに知れるとわかっていたので、亡くなる前に友人の弁護士にある依頼をしました。

その依頼がエイミーを導きます。

亡くなってからも、エドはエイミーに語りかけます。DSC00164


語りかけは、当然時間の限りがあります。

その結末は・・・・・・

この映画を観ると、きっとあなたはラストには涙が浮かんでいるでしょう。哀しみの涙ではなく感動の涙です。

こんなストーリーの映画があるんだ!こんな恋愛があるんだ!

答えは、この映画のタイトル「ある天文学者の恋文」です。天文学者だからなせる業でしょう。

  恋人は 天文学者 だからこそ 死者と生者の 永遠の恋

熟年世代の方は、是非この映画を観て実際の自分の人生とのギャップを楽しんでください。

一昨日、やっと生誕1ヶ月を迎えたまだ人生が始まったばかりの孫の美和ちゃんの寝顔でお別れします。DSC00170
では、いい週末を・・・・・

今日の曲は、平原綾香 Jupiter

テレビ(番組)を見なくなって7ヶ月になりました。危機もありましたがね。

<今日の表紙>最近の雨模様の中、ちょっとくたびれ気味ですが咲いているガクアジサイ
DSC00138

台風16号が去っても、雨模様が続いている昨日、今日です。DSC00151
今朝のパノラマです。

南米旅行から帰ってきて早くも25日が経ちました。

時が経つのは、旅行中も、帰ってきてからも変わらぬ速さで感じます。

2月の北海道へのスキー旅行の時からテレビ(番組)を見ないようにしようと決めてから7ヶ月が経ちました。

7月が終わるまでは誘惑に負けないで順調でした。

自分の心の中で決めごとを作ると、僕は友人に話すことにしています。そうすることによって実現性が高まるからです。もちろん、ブログにも書きます。

8月15日、オリンピックが盛り上がっている中、旅立ちました。

しかし、旅立つ前に、突然危機が訪れました。

お盆休みで僕の息子が帰ってきて、朝5時ごろ起きたら、テレビの前でオリンピックを観戦していました。(体操だったような気がします)

やっぱり、ビッグイベントのライブ中継は、テレビの持つ大きな魅力の一つです。僕も思わずその空間に取り込まれました。

リオ2016のバドミントンを観戦に行かなければ、間違いなくTVを見だしたと思います。

南米旅行がTV(番組)を見ないという僕のこだわりを救ってくれました。

そんな僕のこだわりの中、8月18日のタカマツペアの金メダルの時の、NHKの森アナと話したり、BlogPaint
息子からのLINEで、テレビに映っていたとの報告があったり皮肉なものです。cached2145265061


帰ってきて25日が経ちますが、オリンピックの熱気も落ち着いて、読書の秋よろしく本を読むことが多くなりました。

TVを見なくなった効果の一番大きいのは読書タイムが増えたことです。もっとも、自家用車を持たなくなって10ヶ月が経ちましたので、電車の中での読書は定着しています。

南米旅行中に、ダン・ブラウンの「インフェルノ上中下」を読んで、面白かったので、帰ってきてからはダン・ブラウンの本を10冊読んでしまいました。DSC00161


これから、「ロスト・シンボル上中下」を読みます。DSC00163


読書は、作家がすごく長い時間をかけて完成させた本をわずかな時間、わずかなコストで読めるので素晴らしいです。書くと読むとは大違いですが、書いた当時の作家の意図するところが分かることが多いので楽しいです。

1日は24時間というのは決まっていることですので、この時間をどういう風に過ごすかということが生活の基本です。

もともと最近の僕はテレビ(番組)を見ることが少なかった(1日1時間以下)ので、一応7ヶ月は続けられています。

歳を取ると、睡眠時間は健康に直結します。睡眠を十分とることは、食事と同じほど健康の基本です。

そういう意味で、テレビの番組情報が入らない生活は、夜遅くの魅力的な番組を見ることなく、睡眠時間を十分とるということにプラスです。

今年は、中日ドラゴンズも弱くて不幸中の幸いです。(笑)

2月からの7ヶ月をたどってみると、睡眠時間を十分とれて、健康に過ごせているようです。

  快眠で 朝起きたとき すっきりと 過ごせる老後 脱テレビかな

南米旅行で感動したイグアスの滝の1コマでお別れします。DSC08120


今日の曲は、松田聖子 Rock'n Rouge









株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール