いつもより遅い開花のオシロイバナ地蔵川の夏はこれから(つれづれウォーキング地蔵川7月2020)

<今日の表紙>この花は何の花でしょう?ヒントはこれからとれる濃い紫色の野菜です。
DSC00044

正解は「なすび」です。DSC00042


今朝は梅雨の晴れ間の朝でした。DSC00034


涼しい6時ごろのパノラマです。DSC00035


7月最初のつれづれウォーキング地蔵川に出かけました。DSC00037


地蔵川沿いの畑では、なすびの他にキュウリやDSC00038
トウモロコシが順調に育っています。DSC00039

ルドベキアも鮮やかです。DSC00040


橋のたもとでは鯉さんたちが元気です。DSC00047
橋を渡ると、やっとオシロイバナが咲き出していました。DSC00048
DSC00049
今年は例年に比べて1週間から10日ほど遅い開花です。

  いつもより遅い開花のオシロイバナ地蔵川の夏はこれから

ツユクサがきれいです。DSC00052
ヒメジョオンが立体的です。DSC00054
オオキンケイギクはまだ頑張っています。DSC00058
ヒヨドリジョウゴです。DSC00057


地蔵川沿いの公園では、キキョウが咲いています。DSC00062
アガパンサスです。DSC00036
これから当分の間楽しませてくれるヒャクニチソウです。DSC00065


涼しいうちのつれづれウォーキング地蔵川が終わって帰ってきたときのパノラマでお別れします。DSC00066


今日の曲は、MISIA アイノカタチ

1月から6月までの僕の「老後天国化大作戦」は辛うじて〇です。(老後つれづれ(83))

<今日の表紙>旧優生保護法の犠牲者の裁判判決
DSC00019

DSC00017

1948年から1996年まで存在した悪法の犠牲になった国に対しての損害賠償は20年を過ぎているので認められないとの判決です。DSC00018


1996年と言えば僕が45歳です。こんな法律が存在していたとはびっくりです。16500件不妊手術が実行されていて、68%が女性だとのことです。

まだまだ、日本には未来では悪法だと判断される法律がありそうです。

例えば、原発なんか、よくやっていたよねと言われる未来がやって来るかも?そうなると原発推進に関する法律は悪法?

コロナコロナで時が過ぎ今年も半年が経ってしまいました。

僕の「老後天国化大作戦」の3大イベントは、バドミントン、映画、読書です。

そして、今年の1月から6月までの状況は、かなりコロナショックの影響を受けました。

回数ですが、バドミントンは76回、映画は54本、読書は19冊です。

バドミントンは、1月2月は16回、15回で試合も数回ありました。ここまではいつもの年と同じです。そして、3月4月5月は10回以下です。これはKBAがほとんどです。6月になって17回と今年で最多回数でした。

バドミントンに関しては、KBAで出来たと言う事が「老後天国化大作戦」に素晴らしく貢献しています。DSC06344
DSC06346
DSC08959


  コロナにも負けずにバドを楽しめたKBAでの時間に感謝

映画は、3月までで46本観たのに、4月は0、そして5月6月で8本しか観ていません。まだまだ、コロナショックの影響で公開されている作品が少ないので7月以降も1ヵ月5、6本ぐらいしか観ないでしょう。

読書は毎月3冊から4冊とコンスタントに読んでいますが、例年より少し少なめです。そして、6月は再読のみです。

バドミントンの回数は例年通りに戻ったのですが大会がいつ再開されるのかまだ分かりません。

4月によくジョギングをしましたが、6月はさすがにバドミントンを17日しましたので1回しかジョギングが出来ませんでした。

今年の半分はコロナショックの中、元気によく楽しめたということで「老後天国化大作戦」は〇と言う事にします。(汗)

例年に比べてメリハリがない日常ですが、毎日を楽しく過ごすというポリシーを堅持して7月から12月までも乗り切りたいです。

6月25日の朝日新聞折々のことばでお別れします。DSC09939


今日の曲は、コブクロ 時の足音

コロナ対策でぶれない、そして的確な方針を示してくれる本庶先生は、やっぱりいいね!

<今日の表紙>昨朝の6月最後の日の出
DSC09989

今朝は雨模様ですので昨日の日の出が6月最後です。DSC09991
いいお天気でしたのでまぶしい太陽が昇ってきました。DSC09995
恵那山の朝焼けもきれいです。DSC09988


さて、緊急事態が解除されてだいぶたちますが、東京では相変わらずコロナ新規感染者数が50人を超える日が珍しくありません。経済活動が活発になりつつありますのでこの事態は想定内です。

昨日、夕食を終えて家に帰ると、BSTBSの報道1930で久しぶりに京都大学のノーベル賞学者本庶先生が出演していました。DSC00010

コロナ対策での先生の見解をわかりやすく説明していました。DSC00008


4月24日の僕のブログで紹介した内容です。BSフジのプライムニュースで2018年のノーベル賞受賞者の本庶先生が出演していました。DSC07341


その中で、今回のコロナショックの独特の解決方法を述べています。解決方法と言っても先生はコロナウィルスを撲滅することは不可能ですので、どれくらいの状況で今の緊急事態宣言を解除するかが重要だと言っています。そのためには、今の日本にコロナウィルスに感染している人がどれくらいの%でいるか把握することが重要です。そうすると、今日の状態での新型コロナでの死亡率が2.4%だとすると、今日発表の10倍の人が感染していれば0.2%に下がる可能性がある。そんなに恐ろしい感染症ではなくなります。そういう状況を具現化するためにPCR検査や抗体検査をもっと多くして今の日本の状況を正確につかむことが一番大事です。それとともに、死亡者を少なくするために、既存のいろいろな薬を患者さんに使ってみることが大事です。コロナウィルスのワクチンは今までの経験から言うとそんなに効かない。

今のように、毎日感染者数(PCR検査で陽性)を発表していることがそんなに意味があるのではなくて、推定される感染者数の死亡率がどれくらいかと言う事のほうがはるかに大事だと言う事です。そして、死亡者数を少なくする努力をしてこの病気が怖くない、インフルエンザのようだと言える世界にすることが大事です。

この本庶先生のコロナショックの解決方法が今回も間違っていなかったということを感じる内容でした。

今回は、ワクチン開発がアメリカや中国で活発ですがどうですか?という問いに対して、中国は今までワクチン開発に成功して世界に供給した実績がない。実績で言えばアメリカのほうが上です。しかし、ワクチン開発は長い時間をかけたハイレベルのプロジェクトだし、早期にワクチンが世界にいきわたるということは幻想にすぎない。現状は、コロナウィルスに効果がある薬を使って死亡者数を減らすことが一番有効な対策です。日本が今、そしてこれからしなければいけないことは空港などでの検疫体制の強化です。水際対策をしっかりするとともに、感染者の死亡を防ぎ、インフルエンザと同じレベルの死亡者数に抑えて、この病気は怖くないと言える世界にすることが大事だと言う事をわかりやすく語りました。DSC00005


本庶先生の言葉には、独特のオーラがあり、なぜか安心できました。

  独特のオーラを発揮ぶれがないコロナ対策本庶佑

6月はバドミントンの練習を17回出来て、僕の日常はだいぶ元通りになってきましたが、依然として試合の予定はまだ立っていません。そんな中、6月の終わりに本庶先生のコロナ対策を聞くことが出来て良かったです。

昨日の練習後のランチを食べる前の信号角の花壇に咲くカンナと、DSC00001
歩道隅のアザミでお別れします。DSC09997


今日の曲は、宇多田ヒカル 花束を君に

6月は映画を5本観ましたが、最後の映画「ランボー ラスト・ブラッド」はかなりランボーな映画でした。

<今日の表紙>一昨日行ったミッドランドスクエアシネマの待合スペース
DSC09974

待合も、映画ルームも50%ルールを守っています。

6月もあと2日になりました。映画館にも人出が戻ってきていますが、なにせ新作の公開本数も少なくまだ以前に比べるとかなり見劣りします。

その影響でしょうか、6月に観た映画の本数はわずか5本です。しかも、印象に残ったいい映画と言えるのは「コリーニ事件」だけです。DSC09634
ナチス時代の犯罪を掘り起こした秀作です。

そして、印象に残ったランボーな映画が、土曜日に観た「ランボー ラスト・ブラッド」です。DSC09979
73歳のシルベスター・スタローンのランボーシリーズの最新版です。

50%ルールの客席がほぼ埋まった状態での期待した映画でした。

イントロはいい感じで面白くなりそうだなと思いましたが、途中からストーリーがランボーになり終わってみれば超ハードなバイオレンスのみが残ったグロテスクな映画でした。

  スタローン歳をとっても超過激ランボー役はランボー過ぎる

73歳のスタローンのアクションはいいですがお年寄りですのでもっと理知的な場面も取り入れてくれれば良かったです。ロッキーでは今は選手ではなくコーチとして映画に出ています。これは良かった。

まだまだ、映画ファンの選択肢が少ない状況が続きそうです。

26日午後2時半にLINEで受信した友人の和田君からのツチアケビでお別れします。1593309078967
秋になるとアケビのような実ができる。葉はないとの説明あり。後日受信した花をつけたツチアケビです。1593597444604


今日の曲は、矢沢永吉 止まらないHa~Ha

紫陽花の便りが届きました。長谷寺門前町の草餅とちまきです。

<今日の表紙>地下鉄市役所駅の階段
DSC09949

名古屋城へ行くときには市役所駅で降ります。

昨日は久しぶりの日の出が観れました。DSC09967
日の出前には雲が光り出しています。DSC09956
DSC09957
おぼろげに太陽が昇ってきました。DSC09962
そして、暑い1日が始まりました。DSC09964


一昨日の夜、思わぬ物が届きました。DSC09969
草餅とちまきです。

仕事をしているときに親しくしていた方からです。中に挨拶状が入っていました。BlogPaint


水無月をお過ごしの皆様へ  「紫陽花の便りをお届けします。」

少しでもこの季節を楽しんでいただこうと思い、「紫陽花」と「旧暦の端午(6月25日)」にあやかって、草餅と、ちまきをお届けさせていただきました。

なぜ草餅かと言うと、紫陽花や牡丹など花のお寺として有名な、奈良の「長谷寺」の門前町では草餅が有名だからです。

門前町の草餅の老舗「赤滝さかえや」の草餅です。DSC09972


早速、昨朝美味しくいただきました。

立派な千萱の葉で巻かれたちまきは冷蔵庫で保存しました。DSC09971


単調なコロナショックの中の生活の中、こういうサプライズが起こり大変うれしく思いました。

  紫陽花の便りに乗せて長谷寺の門前町の草餅届く

僕にはこういう粋な趣向はできそうにありません。(汗)

地下鉄市役所駅の出口の涼し気な噴水でお別れします。DSC09950


今日の曲は、山下達郎 HERON

試合中止にも慣れました。人間はそれでも楽しめるものですね。(老後つれづれ(82))

<今日の表紙>地下鉄大曽根駅ホームで久しぶりのiichikoのポスター
DSC09872

相変わらず理解不能の内容です。DSC09873

このiichikoのポスターにも慣れました。

慣れたと言えば、3月から6月までの僕が昨年参加したバドミントンの10大会ほどが全部中止です。台北でのモーニングカップや山形や福岡などいろいろなところに行ってバドミントンの大会を楽しむ予定でした。

11月開催予定だった全日本シニアも中止が決まりました。

ということで、今年は大会が開催されればラッキーです。

お陰様で、KBAなどで6月初めまではバドミントンの練習が出来ましたので大会は中止でしたが体と心の健康は維持できました。

大会がありませんのでモチベーションが上がりませんが、大会のないことにも慣れてこれが当たり前だとと言う事にして過ごしています。

他の国ではまだコロナショックが拡大しているという状況で、バドミントンの練習が楽しくできることは上々です。

まだ第2波が心配されますが、今の環境を大切にして今を楽しみます。

今後どんな世界が待っているか分かりませんが、人間は環境に慣れるのが得意な動物だということを信じて過ごします。

大会がないので生活が単調になって、ブログも単調になっています。嬉しさや悔しさが表現できる大会といういろいろな場所での舞台が用意できません。

それでも、時は進みますので日々の行動を楽しむことが大事です。まあ、あれもこれもしょうがないことだと思ってあまり自分を追い込まないようにしています。

  これからもどんな世界になろうとも時を楽しむことに慣れよう

今年4月に見たiichikoのポスターでお別れします。DSC07433

DSC07435


今日の曲は、斉藤和義 ずっと好きだった

LINEで済ませるつもりかも?今年のミニ同窓会(笑)

<今日の表紙>3年前のミニ同窓会で見た「ヒマラヤの青いケシ」
DSC00728

3年前に松山に住む和田君が連れて行ってくれた皿ヶ嶺という山で今の時期に咲いています。

僕たちの大学時代3人合わせて4人分勉強した松山の和田君、大分の佐野君と僕は毎年持ち回りでミニ同窓会を6月に開催しています。予定通りでしたら、今回は松山の和田君が当番でした。昨年の僕が当番だった篠島の「あつ美やマリンパークホテル」での鱧のフルコースを前にしたミニ同窓会DSC00870
左端が和田君

今年はコロナショックでまだ未定です。

3日前、2日前の夜9時半から11時ごろにかけて突然LINEで和田君から大量の写真が送られてきました。DSC09940_1
和田君は植物や昆虫、鳥に造詣が深く僕によく花の名前などを教えてくれます。このカバー画面は彼が撮ったオオミズアオという珍しい蛾です。

23日に送られてきた写真は、まずネムノキです。1593038556564
そして、ヤマボウシ1593038564496
チョウのツマグロヒョウモン1593038575667
ウチョウラン1593038584426
テイカズラ1593038597886
クマノミズキ1593038627611
スモークツリー1593038647556
カワラマツバ1593038656162
最後はウツギです。1593038663931
コメントは、今頃は多くの花がきれい。だけでした。

24日は僕はもう就寝中の10時45分からまたLINEの受信が始まりました。うるさくて起きたらまた和田君からです。

前日と同じくまず、フウランです。1593038672271
そして、ウツギの花に留まっているアサギマダラです。1593038696034
イヤリングのようなモミジウリノキの花です。1593038703628
マタタビです。1593038721138
白く見えるのは葉で下が花です。1593038730084
マタタビの実は猫が大好きとのことです。

花の名前と写真の解説をしながら、最後は1000メートルの高縄山は快適でした。とのコメント。

彼は、森林ウォッチングのクラブ員でガイドもしている男です。欠点は時間の観念が非常識なぐらいです。LINEを送ってくる時間をもう少し早めか朝にしてほしかったです。(笑)

でも、僕がよく「この花の名前?」と写真付きでLINEすると答えを送ってくれる先生ですので彼の非常識さは我慢します。

  寝入りばな友のLINEでワープした高縄山の花々の中

今年のミニ同窓会はまだ未定ですが、このLINEで済まそうと言う事ではないよね?和田君。

1年前の僕が当番の時には、和田君を同窓会の前に東山動植物園に連れて行って植物園を堪能してもらったことを思い出しました。

その時に和田君から名前を教えてもらったウツボカズラとDSC00834
ベニヒモノキでお別れします。DSC00825


今日の曲は、吉田拓郎&かまやつひろし 我が良き友よ

株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
月別アーカイブ
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール