煙と太陽の闘いの今朝の日の出でした。どちらが勝ったかな?

<今日の表紙>昨日、昼食時に偶然会ったFBの友人足立真司さん(左)との3ショット
DSC00472

僕のFB友人の7割ほどは、会ったことはなく、FBの中だけのお付き合いです。その中のお一人の足立さんが僕とバドミントンを楽しんだママさん2人と中華料理を食べているとお店に現れました。

僕は、足立さんのFBの投稿をよく見ていましたのでスマホの最近観た画面をかざして足立さんにお見せしました。

FBの中だけでしか見てない人が現れるとびっくりしますが初めてではないような出会いでした。

さて、今朝は肌寒かったですが、空気が澄んですがすがしい朝でした。DSC00476
御嶽山もばっちり!DSC00487
黒い煙突の煙が印象的です。DSC00478
煙突の間から眩しい太陽が昇ってきました。DSC00486

ここまでは、よくあるパターンです。太陽の上には煙突の煙があります。DSC00488
もしかすると、煙食が見れるかもしれないぞ!
眩しい太陽が煙突の煙に触れました。DSC00497
そして、その中へ入っていきました。DSC00505
煙食が始まりました。DSC00509
皆既日食のような煙食です。DSC00510
強烈な太陽の光によって煙が白く光っています。DSC00515
DSC00516
煙と太陽が闘っているような煙食です。DSC00517
DSC00520
闘いが終わり、煙に抱かれた太陽です。DSC00523
太陽と煙が織り成す早朝のスペクタクルが仲が良くなり終わりかけています。DSC00524
太陽は輝きを増して煙に別れを告げました。DSC00528
DSC00529


  太陽と煙のバトル結末は仲良くなりて別れを惜しむ

眩しい天体ショウを見た後は妙に落ち着く昨日17時前の青空に浮かぶお月さまでお別れします。DSC00475


今日の曲は、ASKAの新曲のカバー田原凌祐 未来の勲章

段盛台1対を来仰寺に奉納しました。

<今日の表紙>きれいな君子蘭
DSC00465

昨日は、久しぶりに雨が降ってきました。雨の中、鮮やかな朱色の花を咲かせている君子蘭が僕の目を楽しませてくれました。

  雨の中朱色の花を咲かせてるいつも晴れてる君子蘭かな

昨日は、郵便局へ10万円の振り込みに行ってきました。

今日のブログのタイトルの段盛台1対の振り込みです。

段盛台とはこんな形状をしています。DSC00456
お寺のご本尊の左右に供物を飾る台です。DSC00455
台座に僕が奉納したことが記されています。DSC00457


天台宗のお寺で、18年に1回の大蔵経会という大きなイベントに使う物だということです。

僕自身は、日吉神社の宮司をしているように神道です。なんでお寺なの?

岸家のお墓が、来仰寺の境内にありますので、僕は来迎寺の檀家ということになるからです。

田舎では、神道と仏教は兄弟のような関係がよくあります。

僕が宮司の日吉神社では、建物の新築や改築の時に、氏子の人たちに広く寄付を募ることをしています。集まったお金は、金額の多い順に銘板に記録して氏子・崇敬者に開示しています。

この大蔵経会は、神社への寄付とは違って、住職自ら檀家を回って、Aさんには屏風、僕には段盛台と値段の違った仏具をお願いしています。そして、金額などは檀家に開示しません。

僕には、最初はもっと高い仏具の希望がありましたが、今の年金生活者としての僕の経済状況では、10万円が精一杯だと伝えたら段盛台を希望されました。(汗)

仏教の事は僕はよくわかりませんが、田舎でのお付き合いは合理的にはいかないということでしょう。

伝統の継承は大変です。特にお金のかかる伝統の継承は田舎ほど大変です。過疎化が進んでいますので。

日吉神社の運営も、今年度から総代を増やして盛り立てようと工夫をしています。

僕の奉納した段盛台が来仰寺と檀家のために役立つことをお祈りします。

きれいな、そして、可愛いパンジーでお別れします。DSC00315


今日の曲は、BENI 恋焦がれて








情熱が老後を支える。(老後つれづれ(14))

<今日の表紙>僕がFacebookに参加して7年になりました。
DSC00449

昨朝FBを開くとメッセージが届いていました。DSC00448
ハッピーフェイスバーサリー!

あらためて、FBに参加してもう7年も経ったんだなと思います。老後の毎日、FBページを開いて、投稿して、友人の投稿を読むのが毎日の習慣になりました。

日本は高齢化社会の真っ只中です。僕のような高齢者はどんどん増えています。

ということは、仕事人間から自分の時間がたっぷりできたひとが多くなっているということです。

僕は今、2日に1回以上のペースでバドミントンを楽しんでいますが、もし、バドミントンをできなくなるとかなりやばい老後になります。

ということは、かなりやばい老後に現実になっている人も珍しくないでしょう。

昨日の朝日新聞夕刊の「惜別」が載っていました。54歳で作家デビューして60冊を超える歴史・時代小説を残して66歳で急逝した葉室麟さんです。DSC00453
DSC00454
どうしてそんなに次々と書けるのか。秘訣を尋ねると「人生の経験を積み、さまざまな感情を味わってきた。それらを一つひとつ思い起こし、物語にしている。若い作家と比べ、経験の数が強み」と明かした。・・・とあります。

そして、今朝の天声人語では、60歳を過ぎてから文学の海へ漕ぎだして75歳の秋、デビュー作『信長の棺』が話題をさらった。享年87歳でこの世を去った加藤廣さんの人生が載っていました。DSC00464
DSC00463
「サラリーマン時代の人間模様が執筆の役に立っています」代表作を再び手にとると、加藤さんの言葉がふいのよみがえった。享年87.古希を過ぎて文壇に名乗りを上げ、傘寿を祝われる年になっても力作を世に出し続けた。何歳になろうと、情熱さえ絶やさなければ人はかくもまぶしく輝けるものと教わった。

いつあの世へ旅立つか分かりませんが、膨大な老後の時間を楽しく過ごす手立ては、何かに情熱を燃やし続けるということに尽きると思います。

僕の場合は、幸いにしてバドミントンができる環境にいますし、これからも老体にムチ打ち、老体をいたわりながら情熱を燃やし続けます。

18歳から始めたバドミントンですが、30歳過ぎからほとんどしなくなり、49歳の人間ドックで太り過ぎ、肝臓が痛んでいるので、運動をするようにお医者さんに勧められたのがきっかけで再開して現在に至っています。バドミントンをしなくなった約20年間も何となく今に役に立っている気がします。

老後の人生でもっとも大切なことは、「情熱」を持つということです。

  情熱は楽しい老後作り出す神様からの魔法の薬

まだ頑張って咲いているミッドランドスクエアB1の花壇のクリスマスローズでお別れします。DSC00318
DSC00316


今日の曲は、矢沢永吉 YES MY LOVE


今年はバッチリでした。名城公園の藤棚です。

<今日の表紙>藤の間に見える昨日の名古屋城
DSC00421

昨日は、暑い中、ちょっと気になるところへ行ってきました。昨日、大曽根のなんじゃもんじゃの木が花を咲かせてきましたので、桜通りの栄から高岳にかけてのなんじゃもんじゃの並木はどうかな?DSC00377
咲いていました。DSC00372
DSC00374
南側の並木はこれからです。DSC00383
北側の並木は見ごろでした。DSC00387
DSC00390

なんじゃもんじゃの並木を見終わると、向かった先は名城公園です。

昨年までは、駐車場だった名古屋城の入り口付近が最近「金シャチ横丁」として飲食店群がオープンしています。DSC00397
金シャチ横丁を歩いて向かった先は「藤の回廊」です。DSC00400
今年は今が旬でした。DSC00404
上を向いて歩いて行くといろいろな藤が目を楽しませてくれます。DSC00405
DSC00406
DSC00408
藤棚の上に見える名古屋城です。DSC00413
きれいな藤を見て名城公園を後にしました。DSC00428
毎年名城公園の藤棚を見に行きますが、今年が最高でした。

  上を向き楽しく歩く藤棚を上から見てるお城の金シャチ

藤もなんじゃもんじゃも今年の4月の暑さで、平年よりも1~2週間ほど早く咲きだしています。

暑い今朝の雲の帯をまとった太陽でお別れします。DSC00442
DSC00447
DSC00446


今日の曲は、今日も吉田拓郎 いつか夜の雨が

ウォシュレットが海外でブレイク出来ない訳が分かりました。

<今日の表紙>なんじゃもんじゃ(ヒトツバタゴ)の木
DSC00349

昨日、大曽根のエディオンに行く途中に見かけました。DSC00350
もう咲いています。DSC00351
今年はかなり咲く時期が早いです。いつもはGWごろが見ごろですが。DSC00353
DSC00352
綿や雪が積もっているようなきれいさです。

  暖かい日差しの中で積もる雪なんじゃもんじゃのショウタイムかな

先日、僕のFB友人の梅木さんの投稿を見ていたら、ウォシュレットが何で海外で普及していないのかが載っていました。

僕は記事を読んで、なるほどなるほどと感心しました。

日本では多くのの家庭、ホテル、公共施設などはウォシュレットです。僕のマンションも標準装備です。DSC00370


一昨年は、南米を、昨年はニュージーランドを旅行しましたが、確かにウォシュレットには遭遇しませんでした。

でも、先日の台北のホテルの部屋にはウォシュレットが付いていました。5年前宿泊したときにはありませんでした。

余談ですが、5年前のバドミントンのモーニングカップに参加したときの休日にゴルフを一緒にした李さんは、台湾のウォシュレットメーカーの社長さんです。011

自分の会社の製品がホールインワンの賞品になっていました。

そして、5年前にグァムに行った時のホテルの部屋にはウォシュレットがありました。018


こんなことを経験しているので、もう世界中に普及するのはすぐだなと思っていました。

ところが、梅木さんの投稿を読むとそうすぐには普及しないということが分かりました。

では、その記事をどうぞ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【世界にウォシュレットが普及しない理由】

それはインフラ整備に問題がありました
世界で水道水が飲める水準の国は何国あると思いますか?
なんとたった15国程度です
ウォシュレットは肛門を洗浄するから粘膜に水を当てます
ですから雑菌、大腸菌などが検出される水で肛門を触れさせることはできません
だから
ウォシュレットは世界に普及しないのです
そもそもの水道水の基準が違います
水道事業者(行政の水道局)から出る水の基準が高いからこそ安全な水が飲めるのです
水道管から直接入る住宅ならばそのまま飲めますが、マンションなど一時的にタンクに溜めるタイプの貯水槽式給水方式ですと、水槽内で汚染される可能性が出てきます
ですから
一年に一度
清掃、消毒、点検義務があるのです
これはマンションのオーナー様に管理義務があります
全く掃除してないマンションがありますので、水道水が臭いかなとか
うちは大丈夫か?と、思う方は管理会社に問い合わせてみると良いかもです
快適に暮らしたいですからね
マンションなら毎日の事ですから問い合わせしますが、旅館やホテルでは、水が臭うとなれば、リピート客に影響あります
宿泊レビューで臭いと書かれている宿は、大体、掃除をしてません
もちろん、そこにいるスタッフやオーナーさんは毎日そこに居ますから、臭う事に慣れてしまって解らないのが現状です
お客様のレビューには素直に対応するば、改善の余地はあります
常に疑う
そして改善する
そんなことを考えて会社運営をしてます
今朝もトイレでウォシュレットを使い
有難いなと感謝してました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
さらに、ネットで調べたら、日本との水質の違い(ヨーロッパでは石灰分を含んだ硬水)や、治安の問題(盗まれる)などが普及の妨げになっていました。

観光で日本に来る外国人の評判により、ウォシュレットが徐々に普及していくとは思いますがね。

日本は清潔すぎることも、花粉症などが大流行する原因になっているようですが、バドミントンでいろいろな体育館へ行くとトイレにウォシュレットがあると安心するのは僕だけではありません。そして、この体育館はいいねと評価します。(笑)

今が見ごろの大曽根のなんじゃもんじゃの並木でお別れします。BlogPaint


今日の曲は、吉田拓郎 あの娘といい気分




最近の読書は、医療ミステリー小説にハマっています。

<今日の表紙>ミッドランドスクエア1Fのレクサスショウルームの「LC500h」
DSC00323

展示スペース横にはこんな看板があります。DSC00321
そして、展示スペース奥のモニターには、映画「ブラックパンサー」でのLC500のカーアクションが放映されていました。DSC00327
ちなみにLC500hの価格は、約1480万円です。

最近の僕のブログでは、本の紹介をしばらくしていなかったですが、本を読んでいなかったのではありません。そして、面白い本を読んでいなかったのでもありません。むしろその逆で、本もかなり読んでいましたし、面白すぎるので紹介する前に次の本を読んでしまっていました。(汗)

それも、1ヶ月半ほど前から、古本ではなく新刊を読んでいます。DSC00348


本屋さんで、面白い本はないかなと探していたら、たまたま知念実希人著「螺旋の手術室」が目に留まり買いました。

これが大変面白かったので、知念実希人の作品を探すと簡単に見つかりました。「仮面病棟」そして、「時限病棟」と読み続けました。
作者は医師ですので、医療にまつわる背景は大変詳しいです。医師でなくては書けない小説です。

医療小説の面白さは、医師と患者、そして病気、大学病院などの大病院では、権力闘争などが絡み合って、人間模様を描写しています。

昨日読み終わった、岩木一麻著「がん消滅の罠~完全寛解(かんかい)の謎」は、メチャクチャ面白かったです。著者は、国立がんセンター、放射線医学総合研究所で研究に従事した人です。

寛解とは、がんの症状が軽減した状態のことで、がんが縮小し、症状が改善された状態を部分寛解、がんが消失し、検査値も正常を示す状態を完全寛解と言います。

ミステリー小説ですので、次々に疑問は出てきて、解決するかと思えば、謎は深まるばかり、そして衝撃のラストを迎えます。

面白い小説を読んでいてよく思うことですが、著者はよくこれだけの内容が頭に浮かび文章にして表現できるなと感心します。

  最新の医療の現場舞台にしあり得ないこと次々起こす

映画や小説の世界を楽しめる今の時代は嬉しいですね。

今朝も楽しんだ、日の出ウォッチングの太陽でお別れします。DSC00346
DSC00344
DSC00345


今日の曲は、JUJU 東京






今年の目標って、何だったかな?そんな時期になりました。

<今日の表紙>千種駅近くの公園のユリノキ
DSC00286

昨日は、初夏のような陽気に包まれた1日でした。DSC00287
ユリノキ(左)とカエデの木の新緑がきれいです。DSC00288

名城公園の歩道沿いでは、ハルジオンが咲いていてモンシロチョウが蜜を吸っていました。DSC00296


あと10日で4月が終わり今年の3分の1が経過します。

ふと、今年初めに立てた今年の目標は何だったかな?と考えました。

すぐに浮かんできませんでしたので、ブログを再読しました。

今年の目標はこれでした。

自分の気持ちと相談しながら楽に生きることにします

気楽すぎる目標ですので、忘れてしまっても納得します。(汗)

今振り返ると、今年過ごした4ヶ月は目標通りの生き方が出来ているかなとも思いますが、バドミントンに関してはオーバーワーク気味だと反省しています。今日までで61日バドミントンをしています。

身体がいいコンディションを維持しての老後ですので、これから少しペースダウンしようと思っています。自分の気持ちと相談ではなくて自分の身体と相談してバドミントンを楽しむことが大事です。

その他の事は、だらだらと自分の気持ちと相談して楽しんで過ごせていますのでよく寝れています。

身体の事と言えば、3月30日に腰のMRIを撮った結果、軽い脊柱管狭窄症の症状はありますが、現時点では手術はしなくて、薬と筋力アップで様子を見ることになりほっとしています。患部のMRIです。DSC09637
患部の少し上の正常なMRIです。DSC09638


僕の考えでは、症状が軽いうちに手術した方がいいと思っていましたが、お医者さんが言うには、「人間の身体は車のバッテリーの交換のように早め早めというわけにはいかない」とのことです。

歳を取るということは、自分の身体一つをとってみても興味深いことが次々に現れるということかな?

長~い旅を終えてちょっと浦島太郎状態になっている今日この頃です。映画も今日から公開される作品も多く、いつものペースの日常を楽しむことができますように!

  旅の後浦島太郎がやって来たそれも楽しみ気楽に生きる

今朝の日の出の赤い太陽でお別れします。DSC00312


今日の曲は、松田聖子 あなたに逢いたくて






株式会社中日映像出版
記事検索
最新コメント
ケータイ QRコード

ケータイからもご覧いただけます
プロフィール

株式会社中日映像出版
会長